昨日、某落語会に伺いまして、打ち上げにも参加させていただきましたが、御茶ノ水駅で皆様と別れてからの記憶が余りない。所謂、斑ってやつです。

が、起きたら自分のベッドだし、しこたま日本酒飲んだ割には、二日酔いがまったくないし。怪我したり転んだり風邪ひいたりもないようで一安心。

無理してた訳ではないけど、それなりに緊張はしてたんだろうなあ。

「猫と金魚」とヤッヂマイナァ!

image

「のらくろ」の作者、田河水泡先生が落語作家時代に作ったという事で有名なこの噺ですが、どうしても執筆当時の現話が読んでみたくて、ちょっと前に古本屋で注文してしまいました・・・。他にもいくつか候補があるので断定的な発言は控えますが、次回2017年上半期の課題の候補の一つです。

にしても、終盤の猫と寅さんとの戦い、落語ですから滑稽に描いてますが、あれを見て、やれ「猫ちゃん小さくて可愛いのに虐めるなんて可哀そう!」だの、しまいにゃ「大人のくせに猫ちゃんにおびえるなんて、なんて情けない!」だのヌカしているような輩は、実際に猫を飼った事のない、つまり鉄火場に立った事のないヌルヌルのぬるま湯人間だと思いますワ。

ま、僕みたいにちょいとした、30年以上、猫と関わっている玄人から言わせりゃね、子供の頃、祖母宅で飼ってましたシャム猫(♀)と対峙した時は常にこんな音楽が流れてました!

 

 

もうね、なんつーかすごいの。
完全に女王様気質で祖母以外には全く懐かず、僕は抱き上げるどころか、撫でる事すら片手で数える程しか許されなかった。膝から下は常に絆創膏だらけで、餌をあげるのも、猫じゃらしで遊ぶのも怪我の恐怖がつきまとい、どんなに寒い冬でも(昔の日本家屋は寒いのだ)猫が掘り炬燵の中に入ると家族全員、炬燵から足を出す。

だが、もっとも厄介なのは、だからといって無視されるのも嫌で、構って欲しくなるとゆっくり近づいてくるのだ・・・壁際まで追い込まれたら、もはや人間如きに打つ手なし。赤チン(ヨードチンキって、最近みませんね)の場所を頭の中で確認したら、あとは神に祈るのみ。

そのくらいやばかった。

まあ、それは極端でも、実家で夜中に腹の上でマジ喧嘩をされたり、布団から出た足を敵だと認識して飛び掛かられたりすると、あいつらは、ちょっと馬鹿なので人間に飼われてますが、身体能力的には全く太刀打ちできない生物だとしみじみ思います。マジで。

そんな肌がヒリつくような殺伐とした雰囲気が出せれば・・・。

劇団大福来について

さて、残りひと月きってしまったし、番宣、番宣♪

第2回 劇団大福来〜きさ馬 襲来!ダイフクレ 震え上がるの巻〜

日時   10/2(日)13時開場、13時半開演

場所  お江戸両国亭  東京都墨田区両国亭4丁目30-4

出演  かばち家大福、鹿鳴家福来

ゲスト  万年堂きさ馬

image

川崎で活動されております、(ほぼ)同い年のかばち家大福さんとの二人会です。大福(ダイフク)+福来(フクレ)=大福来(ダイフクレ)という、ごくご安直なユニット名です。

こちら、私個人にとっては、裏・仔鹿寄席みたいなテーマでやっておりまして、

大人数(仔鹿寄席)⇔少人数(大福来)

出演者はキャナリーのみ(仔鹿寄席)⇔縛りなし(大福来)

席亭は固定(仔鹿寄席)⇔席亭は交代(大福来)

落語・芸能を中心(仔鹿寄席)⇔落語もやりますが、基本、面白ければなんでもオッケー(故に「劇団」大福来!!)

ですので、仔鹿寄席にいらした方にとっても全く違う雰囲気の会になると思います。ゲストは今、飛ぶ鳥を落とす勢いの万年堂きさ馬さん。

詳しい番組内容は追ってお知らせしますが、大福さんときさ馬さんが落語2席ずつに、わたくし福来が落語1席+色物(!?)を披露いたします。

色物の内容はナイショ。ヒントはいま、筋肉痛で死にそうです…。

皆様のご来場を、心よりお待ちいたします。

襲名披露パーティーにて

橘家文左衛門 改め 橘家文蔵師匠の襲名披露パーティーに行ってきました、が、

個人的な事情で、インターネットで書けない事が多すぎる…ゴメンナサイ。

その辺りはおいおい書くかも知れませんが、折角ですから一つ、印象に残っていたことを。

祝辞が流れていく中、落語協会顧問の三遊亭金馬師匠が登場して

「俺も先代と比べられるが、お前だって比べられても困るよなあ(笑)…俺は、芸では師匠(先代金馬)には追いつけなかった。けどさ、師匠よりずっと長生きしたぞ。前の文蔵さんは早死にだったけど、お前は長生きしろよな」

image

なんて事を、御歳87歳のちっこくてラブリーなおじいちゃんが言うわけよ。もー、なんなんだよ、あのちっこいおじいちゃんは!(涙)金馬師匠も文蔵師匠も、120歳くらいまで生きて落語やって下さい!

と、本当に素敵な会でした。不勉強で未熟者にもかかわらず、いろいろ話しかけたり教えてくださった同じテーブルの方々、ありがとうございました。あ、うっかり人のデジカメ(スマホ)でカメラマンばかりやっていたので、アタシの写真は手元に一切ありません!悪しからず。

文蔵師匠には足向けて寝られないナァ…。

not一貫性

最近、つと思うのは、僕は自分で思っている程、一貫性のある人間ではないということ。

決めたそんときゃ、「武士に二言無し」、くらい本気で思ったりするけれど、明日には二言、明後日には四言、一週間後には百二十八言になってるくらい、その時々の気分で、ふらふらしている。

勿論、それは反省すべきだと思うし、あんまり格好よくはないので、決めた事なら最後までやり抜こう、とは思っているのですが、これまでの人生、そうでない事の何と多い事か。

だから、自分の周りの人に一貫性がなくても、それは責められる事じゃないよな、と、思うよう気をつけてます。人の心は移ろいやすく、また、その時は真意を捉えた、と、思っても、それは自分の勝手な解釈であったり、たとえ相手が嘘をついたのでなくとも、その時の真意から変わっていたりで全くアテにならない。自分自身の意思がアテにならないのだから、これほど確かで不確かなものはない。

じゃあ、自身含めて全ての人間を疑って暮らしていけば、もしくは、一貫性なぞハナから求めず、常にその場限りで表面的に関わっていけば、それで楽になれるのか、ってのも、ちょっと違うと思うしなあ・・・。

と、なんとなく文章化して客観視してみれば、方向性めいたものが見えてくるのかと思いましたが、どうも、自分にとってはそれほど安易な問題ではないらしい。と、いうのが現時点での見解。自分にとって確かな事実は、ただ一つ。「僕は自分で思っている程、一貫性のある人間ではない」と、という事だけ。まあ、これを押さえておえば、少なくとも自分の意見に固執する事はなかろう。

こんな結論の出ないモヤモヤを残しておけるのも、ブログの愉しみって事で。

 

(追記)

ちなみに、宣伝という訳ではないですが、このブログは、記事を最初にアップしてから、細かいのも含めて平均で7回〜10回くらい手直しをしてます。読み返してみたら、なんか言いたい事と違うな、と思ったり、この書き方じゃ誤解されるな、と思ったり、夜書いて朝起きて見直したら、真逆の意見に変わったり。だいたい最初にアップしてから24時間くらい経つと、内容が落ち着く感じですので、既読の記事でも、こまめに来ると面白いかも知れません。

やっぱ宣伝じゃねーか(笑)

ディア・ドクター

これは、美談ではない。
決して、美談ではない。

問題は何も解決してないし、
その場凌ぎで場当たり的で、
嘘をつく度に、高いところに持ち上げられて、
でも、結局、良心の呵責に負けて、
それまでの信頼も、実績も、全部放り出して、
逃げ出したに過ぎない。

何人かは庇っていたけど、
多くの人々はやっぱり、正論で怒っていた。

命を危険にさらす行為には違いない。

だから、美談ではない。
決して、美談ではない。

なのに、なんで、スタッフロールが滲むのだろう。

目を細めて、顔全体で、笑ってた。
安心させるための、偽物の笑顔なのかも知れない、けど。
それは、命を救う(延命する、という意味でなく)、尊い笑顔だと思いました。

ある先輩が勧めてくださいました。
ありがとうございます。

 

 

でも、一人で泣くのは苦手なんです。今度は笑える感じのやつをぜひ(笑)

検索ちゃん

このブログを作ってるwordpressというツールは、グーグルみたいな検索サイトから、なんという検索ワードで、このブログにヒットしたか記録するのが非常に便利。

普段は「仔鹿寄席」とか「鹿鳴家福来」とか、有り体のワードが載ってくるのですが、本日の検索ワードに載ってきた3件がこちら。

・碁将棋に凝ると 親の死に目に会えない
・囲碁将棋に凝ると 親の死に目
・碁将棋に凝ると 落語

「笠碁」か!?、それとも「碁泥」なのかあっ!?

どっちも好きだけど最近「碁泥」聴いてない。
地味だからか(´・ω・`)

ちなみに、検索ワードにヒットした原因と思われる過去の日記がこちらになります。

http://kojikayose.wpblog.jp/2016/07/25/えー、昔から、碁将棋に凝ると親の死に目に会え/

 

落語どころか、こいつポケモンGOの話をしてやがる…。
役立たずなブログでどーもすびばせん。

 

(翌9/6の追記)

今日の検索ワードに「落語協会  謝楽祭  2016」が入っておりました。マジスミマセン…。

お詫びのお知らせ

昨日、9/4(日)に掲載する予定でした

『ドキドキッ!鹿鳴家福来の「落語協会 謝楽祭2016」潜入レポ!ポロリもあるよ!』

ですが、諸事情

湯島天神に向かう途中、横断歩道の真ん中でガリガリの老人が立ち往生してたので、仕方なしに手を引いて老人の家まで送ってあげたら、そこには和服に亀の甲羅を背負った金髪美女がジュリ扇を持って手招きしており、誘われるがままに地下への階段を下りて行ったらそこには無数の蝋燭が。「おねえさん・・・」と熱い視線を送ると振り返った美女がさっきの老人に姿を変え「ふぁっふぁっふぁ、だまされたなこの助平め。ワシは死神じゃ」と死神、懐から今にも消えそうな3本の蝋燭を出し「この3本の蝋燭のうち、1本だけお前の寿命が混じっておる。消えると死ぬぞ」とジュリ扇を振りながら迫ってきたのでジュリ扇の羽が鼻に入り、ふぇっくしょー!!!と一気に3本全て吹き消す。「ほぅ・・・正解じゃ!それこそ禅の教え「恥を捨ててなお悩む胃もたれ」じゃ!お詫びにこの金銀パールから好きなものをプレゼント!」と言ってきたのでやったー!とパール2つを掴んだ途端に目が覚めた。どうも寝坊したらしく、じっとりとした冷や汗が気持ち悪い上、なぜか身体の一部が痛いと思ったらパールだと思って握っていたのは『パアルのような(今時、小学生でも喜ばない下ネタであり、そもそも全てがパクリなので自粛)』だったといいます。お馴染み「夢パール」という一席。おなーーかーーいーーーりーーーーー

につき断念いたしました。最後まで読んだ人ゴメンナサイネ。要するに寝坊しました。

・・・書くネタが無いからって無計画に妄想を書くと、大火傷しますね。行きたかったナァ。

君ノ声

いろんな声が広がる、この街にさ、
君の声が聞こえてくる。
出会う人は、その声かえす鏡のように。
だから、僕はうたえる、うたえる…。

中村一義「君ノ声」

9月のデイケアは、春以来ずっと避けてた「棒鱈」を、久しぶりにかけてみる事にします。

喫茶店で遅めのモーニング食ってたら

いきなり横っ腹をパンチされる。ぐふっ。

ぎょっとしてそっちを向くと、おしゃぶりした1〜2歳くらいの女の子だった。髪の毛を左右とてっぺんで結んでて、何故か真剣な表情は、なかなかかわいい。

仕方ないので、

「うわ〜や〜ら〜れ〜た〜、バァ( ´ ▽ ` )」

とやってみると、きゃっきゃ笑いながら父親の元に走ってった。

 

そーかそーか、俺の腹はそんなに魅力的か。

 

…やりたい演目の候補に「幇間腹」入れよう。