創作落語について

社会人落語を始めて、5年目のスタート。

今期は、初めての創作落語にチャレンジしてみます。

落語には

大きく分けて古典落語と新作落語の二種類があります。

古典落語は、昔から色んな噺家さんがかけている落語で、例えば、寿限無、とか、時蕎麦、とか、落語にそんなに詳しくなくてもお馴染みの噺。

新作落語は、これも定義がいろいろありますが、戦後に作られた落語って言う人が多いかな?昔にはなかった、携帯電話や、オレオレ詐欺なんてのも題材にした落語です。新作落語が得意で有名な噺家さんは、最近、笑点の司会者になった春風亭昇太師匠がそうですね。

で、創作落語という言い方をしたのは

新作落語の中でも、演者自身が自分で作った落語、という意味です。

社会人落語は、もちろん、古典落語を得意とする方が多いのですが、中にはプロの噺家さんが作った新作落語を得意とする方もいらっしゃいますし、自分で落語を作ってしまう人もいるのです。中には自作の落語をプロの噺家さんに提供するというツワモノもいらっしゃいます。

わたしはこれまで、古典落語を演じていたのですが、あるきっかけで、自分で噺を作ってみる事にしました。もー大変です。何日も台詞が思い浮かばない時もありますし、会心のギャグ(落語だと、くすぐりって言いますね)が思い浮かんだ!と思っても、だいたい真夜中に思い浮かぶのですが、翌朝、いったい何が面白いんだコレ?と、悩んだり。

でも、やっぱり物語とか、設定とか、シチュエーションとかを考えるのは、古典落語の面白さとは違った楽しみがあるようです。まだ一作目ですが。

子供の頃、テレビゲームも好きでしたが、TRPGにハマってた時がありまして。TRPGって、まだ、あるのかなあ。テーブルトーク・ロールプレイングゲームの略称なのですが、友達が5、6人集まって、紙と鉛筆とサイコロを使って冒険ごっこをやるのです。テニス部の爽やかな友達が、ゴッツイ戦士を演じたり、柔道部のいかめつい友達が、華奢なお姫様を演じたり。スクールカーストの中の下、ぐらいのヲタク男子、みんな真剣です。

そのTRPGには、プレイヤー(戦士やお姫様)の他に、ゲームマスターと言われる進行役がいまして、その人が冒険の粗筋を考えるんです。もちろん、プレイヤーの選択肢によって、筋道はどんどん変わってくのですが、なんとか盛り上げようと、強い敵を登場させたり、難しい謎を考えたり。すべての悪役を演じるのはゲームマスターなので、魔王っぽく高笑いして学校の図書室から追放されたり。

話が脱線しましたが、TRPGは、その殆どが言葉によって構築されます。戦士も、お姫様も、モンスターも、全部、ゲームマスターと、プレイヤーが、あらゆる言葉を駆使して同じ想像を共有しながら、楽しむものなのです。

僕は、オチケンではなかったのですが、

今思うと、なんとなく、

創作落語っぽい体験ですね。

さて、

どうしても知っていただきたい方には

伝わりきったと思います。

 

これからは、ポジティブへの転換訓練です。

でも、とりあえず寝る…飲みすぎた…。

WordPressについて

足かけ7、8年はブログと離れていたのですが、

いや、技術の進歩は凄いね、と

このWordpressというツールを使いながら

思ってます。

それこそ、社会人になりたての頃は

htmlをペチペチ打ってて、

その後、ホームページビルダー使ったり

フラッシュムービー作ってぐりぐり動かしたり

無料ブログサイトを使ったりしてたのですが

ほんと、SNSのような感覚で

写真も動画もリンクも自由自在だし

レイアウトのカスタマイズも簡単だし

暫くは、この玩具弄ってるだけで

満足してしまいそうです。

社会人落語について

このブログをたまたま来て下さった方の中に

社会人落語、と聞いてピンとこない人も

まだまだ沢山、いらっしゃるかと思います。

百聞は一見に敷かず、

これがわたくしです。

image

ね、趣味の世界でしょ(笑)

こんな風に着物を着て

高いところに座って、お客様の前で

おしゃべりするのが、わたくしの趣味です。

こんな趣味を持ってる人は結構いまして

例えば、カルチャースクールの生徒だったり

大学の落語研究会(いわゆる、オチケン)のOBだったり

色んなタイプの方がいらっしゃるのですが

わたしは、北千住にある「キャナリー落語教室」というところで、

プロの噺家さんの元で月に一回、稽古していただき、

もう4年くらいになります。

主な活動拠点としては、

デイケアのボランティアでお伺いしたり、

自分達で無料の落語会を企画したり、

時折、他の社会人落語家さんの落語会に出演させていただいたり、

年に数回、日本のあちこちで開催される

社会人落語選手権に出てみたり(ちょっと信じられない話ですが、そういうのがあるのです!)、

そんな活動をやってます。

この辺はまあ、そのうちプロフィールのページを作りますので、そこでまとめてご説明します。

勿論、自分で落語を話すのも好きですが、

プロの噺家さんの落語会に普通にお客さんとして

お邪魔するのも大好きで、

しょっちゅう、「寄席」と言われる

落語や演芸の劇場に遊びに行ってます。

この辺りの感想もときどき、書いていきますね。

まあ、あんまり社会の役に立つような事は

書きません(笑)

そんな感じです。

また、遊びに来て下さいね。

鹿鳴家福来について

このブログに御来訪の皆様、

お初にお目にかかります。

わたくし、鹿鳴家福来と申します。

鹿が鳴る家と書いて「カナリヤ」

福が来ると書いて「フクレ」と読むのですが、

ちょっと読みづらいこの名前、

わたくし、出身が茨城県でございまして、

茨城県の筑波山の麓で採れる

福来みかんという蜜柑の名前から

拝借した訳でございます。

なんだかおめでたい名前ですが、

どうしても読みにくいようでしたら、

なんか「フクレ」、てる奴が喋ってたな、

と思っていただけたければ幸いでございます。

という奇妙な口上からはじめましたこのブログ。

わたくし、サラリーマンの傍ら

休日はあちこちに出かけて落語のまねごとを

やっておりまして、所謂「社会人落語」という

趣味を持っております。

ここは、わたくしのメインの活動の場でもあります。「仔鹿寄席」の情報と、

わたくしのまあ、右往左往する日々を書き連ねる為のブログでございます。

どこまで続くか分かりませんが

時折また、お伺いいただければ幸いです。