落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 下席 昼の部

道灌 あられ
金明竹 馬久
太神楽 翁家社中
肥瓶 金也
ぐつぐつ 小ゑん
漫才 一風千風
壺算 馬治
堪忍袋 世之介
コント だるま食堂
歯ンデレラ 馬桜
化物使い 圓太郎

お仲入り

浪曲 ちとせ
浮世床・夢 扇遊
マジック アサダ二世
酔っ払い 馬生

大喜利〈高座舞〉

(敬称略)

開口一番、前座のあられくんは白酒師匠のお弟子さんなだけあって如何にも白酒師匠風味の道灌でした。翁家社中はご夫婦なだけあって息がぴったり、ネタの中に夫婦の会話っぽい掛け合いも増えてきて微笑ましい。小ゑん師匠は正蔵師匠の代演、ぐつぐつは久しぶりに拝聴しましたが実に名作だなあ。馬治師匠の壺算はスッキリとした雰囲気でカッコ良かったです。だるま食堂さんは…初めて拝見して余りのパンチ力の強さに若干、腰が引けたのですが、慣れてくると言葉のセンスとハーモニーが絶妙。圓太郎師匠の化物使いのご隠居の人使いの荒い感じ、見てて胃が痛くなるくらい真に迫ったものでした。トリは馬生師匠の飄々とした、でもしっかりと夫婦愛の伝わる酔っ払い(替り目の前半)でした。

高座舞とは、その名の通り寄席の高座の上で踊る出し物で、浅草演芸ホールの住吉踊りがかっぽれ、深川、奴さん等に対しこちらは黒田節、かんちろりん、さわぎ等、もっと日本舞踊寄り。今日、出演した人もそうでない人も含めて賑々しく総出演。前述のだるま食堂さんが着物に着替えたら全く違う雰囲気でびっくり。大人の女性ー!って感じ。一門の踊りの先生である浅茅師匠の流れるような動き、美しい…。誘ってくれた小駒くんや彦星くんも各々、踊りとツケで大活躍でした。

先日の鹿芝居もそうですが、金原亭馬生一門、落語以外に色々見れて楽しいです。

ら、のはなし

おじさんなので最近の歌はよくわからないのですが、あいみょんはけっこう好き。特にこの歌の歌詞とメロディに身悶えする。

愛しい人のためなら
なんでもできるつもりさ
ただそれは
君がとなりのにいてくれた

ら、の話だから。
こんな歌気持ち悪いから
ああ 余裕を持って人を
好きになれる人ってこの世にいるのかな

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 下席 夜の部

(途中入場)

あくび指南 文菊
漫才 にゃんこ金魚
紙入れ 志ん輔
夜の慣用句 喬太郎

仲入り

ギター漫談 ぺぺ桜井
強情灸 圓太郎
紙切り 二楽
幾代餅 菊太楼

(敬称略)

今日の日中は浅草で東八拳の星取り戦。出場する拳士(今年は私を入れて12人)の総当たり戦を何週かに分けて行うのですが、初日なので大半が集まり僕の戦績は9戦中、4勝5敗。星取り戦が初めてなのを差っ引けば、まずまず…と、言いたいとこですが、やっぱ稽古と違って勝負の難しさを痛感した一日でした。負けても良い勝負なんて一つもない。で、その打ち上げでハイボール大ジョッキを呑みながら、今日は普段より解散時間が早そうなので鈴本いけるなーと、ペットボトルのお茶で酔いを覚ましつつ上野へ。

日曜の夜なのでお客さんは少なめでしたが、若いお客さんや女性のお客さんが多いせいか、全体的に明るい雰囲気でした。喬太郎師匠の夜の慣用句は、音源では聴いていたのですが、生で見ると益々ひっでー噺(大絶賛)紙切りではダースベイダーというお題が出て、お囃子さんがあのテーマを三味線で弾いてました。

トリの菊太楼師匠の幾代餅。受けてましたねー。幾代太夫の佇まいにも色気があって、つくづく廓噺って楽しいなぁ。

平成最後の寄席興行ですから、行けそうなタイミングでまた伺いたいと思います。

幇間芸を習うようになって分かった10のこと

1.浴衣は複数持った方が長持ちする。
2.尻を端折るとステテコが上がるので、予めやや長めのものを用意する。でも、通常時に見えてしまうくらい長いのはNG。
3.手拭いは落語用のもので充分。逆に踊り用の手拭いは長すぎる。
4.足が短い方が形になりやすい。
5.手の動き直線より曲線。手首を使え。
6.極力、手の甲は客に見せない。
7.腕を袖に仕舞う時(弥蔵と言います)、肘は袂に逃がすとやりやすい。
8.前進する時、前足と後ろ足は一本の直線になるように。踵はベタっとつかない。
9.まだ習ってない所まで進んでも自分から立ち止まらない。
10.与太郎に見られるのでいくら楽しくてもスキップしない。

※個人の見解です。

落語鑑賞覚書

同期の秘め事
於 新宿無何有

壺算 朝之助
ぞろぞろ 花ごめ

仲入り

碁泥 志ん松
竹の水仙 始

(敬称略)

前の記事で書きましたが、どうにか仕事もひと段落ついた。ついたとなりゃ落語を聴きたい。今日聴きたい。今聴きたい。と、言う思いで新宿無何有へ。ずっと伺いたかった落語会ではあったのですが、比較的、職場から遠いのと、何かと予定が重なる事が多かったので中々伺えず。縁が薄いのかなあと諦めつつあったタイミングだったので嬉しい。

同期4人をいっぺんに見るのはもちろん初めてでしたが、成る程ひとりひとりのキャラが違ってて長く続くのも何となく分かります。どなたも面白かったですが、自分的に珍しい噺のも込みで碁泥が印象的でした。全般的にモヤモヤした可笑しさが癖になる(笑)

また折をみて伺います。

2019年3月の振り返り

アホみたいに忙しかった年度末と年度初めがようやく落ち着きました。

既に決まってる自分の出演予定の高座をどうにかこうにかこなすので手一杯だったので、それ以外は色々ドタキャンしたり調整をお願いしたりご迷惑をおかけし申し訳ないです。今年度も引き続き趣味に耽溺しますので、何卒宜しくお願い申し上げます・・・の思いを込めて3月の振り返りをば。

1.早わかり!出番の増やし方!

早わかり!出番の増やし方!

なんか虫の居所が悪かったんすかね。今月も爆釣だなあ。
僕みたいなぺーぺーが他所の会に出演させて頂く事の難しさは骨身に沁みて理解してます。それと同時に、あまり親しくない社会人落語家さんから唐突に「今度そっちの会に出してよー」と言われた時、反射的に「簡単に言うなよー」と思ってしまう自分の心の弱さも。だから自分から安易に「出演したい。出して下さい」とは言わなくなったし、それでも縁あって出演させていただいた会の高座は自分の会以上に熱を入れてます。まぁ、入れてあんなもんだ(爆死)

2.高座ログ

高座ログ

亀鶴さんにお誘いいただいた敬老館のログですね。結構、色んな人が出演されている事を後から知ったり。今月は4月28日、町屋の「平成JUMP寄席」でもご一緒させて頂きます。宜しければ遊びにいらして下さい。

3.高座ログ

高座ログ

これまでに南柏で9回、多摩川で6回、デイケアでの落語会を開催させていただいております。

自分の名前で開催している落語会は、自惚れた言い方で恐縮ですが、お客様は落語好きばかりだし、またそのうちの何割かは僕を目当てにいらして下さる分、中には甘く見て下さる方もいらっしゃいます(甘くない人は呆れて来なくなっちゃったという可能性も十分ありますが・・・)。でも、デイケアは僕どころか中には落語すら興味がないお客様の前で見ていただく分、ウケない事なんかしょっちゅうです。でも、それもなんだか話に聞く寄席みたいで大事に思ってます。

4.落語鑑賞覚書

落語鑑賞覚書

書いてない会もあるのですが、3月は本当に寄席・落語会に行く回数が少なかった・・・。ドタキャンの嵐で信頼失墜中です。今月はそれを取り戻すかのように予定入れまくりです。自分の出番は「平成JUMP寄席」1本だけだしー。

5.高座ログ

高座ログ

記念すべき第1回珍来です。沢山のお客様に恵まれまして賑々しく開催できました。有難うございます。

第2回は6月15日です。第1回の演目には蔵出しも含まれてましたが、次回は二人とも根多出し&根多下ろし。自身をいっそう追い込んだチャレンジブルな内容になっております。福島からすゞめさんもいらっしゃいます。大会を除き関東で高座を見る機会はなかなかございませんのでそちらもお楽しみに。

貴方の好きな記事はありましたか?今月も宜しくお願い致します。

高座ログ

浅草で助六を聴く会
浅草公会堂 4階和室

社会人講談師の玉井亀鶴さんのお誘いで、講談会の助演をさせていただきました。ありがとうございます。亀鶴さんとはよく共演させていただくのですが、ホームの会に伺うのは初めて。いらっしゃるお客様も、それこそ僕が生まれる前から講談や落語、演芸に親しんでる古強者ばかり。

どんなネタをやろうか当日まで悩んでましたが、あんまり連続読みの邪魔にならない、お客様も疲れない、でも枠が20分なので手を抜いたと思われない(笑)噺という事で「千早ふる」「家見舞」「粗忽の釘」の三つを。

一日三席、同じ場所で別の噺をやるのは多分初めて。もー、兎に角疲れました…。でも、勉強になりましたし、何より面白かったです。重ね重ねありがとうございます。あと、お茶とお弁当ご馳走さま。

高座ログ

今日は南柏デイケアでゑん側さん、五十鈴。さんと。ネタは「親子酒」を。酔っ払いのリアクションを自分の中ではかなり大き目に、マクラをやりやすそうな方に変えて、ダレそうな所は詰めて、座りを崩してと色々試したものの…。全部言い訳ですね。お客さんの反応が全て。うーん。ドツボだ。勉強しなおして参ります。

早わかり!出番の増やし方!

月に一度、爆弾を投げる必要はないのですが、出番の増やし方についてずっと思ってた事があり、それが最近の色々な出来事で形になりそうなので書いてみます。ちなみに、全然早わかりではないです(笑)

社会人落語会の番組作りには、大きく2つのパターンに分かれると思ってます。まず、「人」を中心に番組を作る。たぶん8割以上はこれに尽きると言っても過言ではないでしょう。打ち上げで意気投合する、大会で声をかける、SNSで仲良くなる、たまたま別の繋がりで知り合う等々、キッカケは色々ありますが「この人達と落語会をしたい」という動機が最優先になる会。

このパターンの会に第三者が入り込むのは並大抵ではありません。幾ら「出演させて下さい!」と手を合わせても、動機が「人」なので基本お呼びではないのです。そうなると、たまたま欠員が出るとか、仲違いして会がなくなるとかそう言うネガティブな状況をつかず離れずしながら気長に待つしかありません。それでもこの会に、と言う人は仕方ないですが、正直、手を合わせる暇があったら一人で稽古した方が有意義な時間だと思います。

残りの2割が「会」を中心に番組を作る。つまり、会の開催が最優先で、そこに誰が出演するか、と言う事に余り拘りがない会。例えば、僕が顔役になってるデイケアのボランティア公演とか、(キャナリー限定、と言う縛りの範囲内であれば)仔鹿寄席はその部類だと思います。広い意味で言えば、池田等の大会や落語教室の発表会もこっちに含めて良いでしょうね。一斉メール等で募集をかけて、手を挙げればそのまま出番に繋がる。また、楽屋や打ち上げでこれまで接点のなかった同好の士と話す機会もあり、それが前述の「人」を中心にした落語会に育つ可能性だって秘めてます。いい事づくしで手っ取り早い反面、気を付けなければならない点として「募集する人達の中に、自分と共演NGになってる人がいない事」が重要になります。

理由は、募集する側に立ってみると分かります。実力があろうとなかろうと(逆に一斉メールを送る時点で実力は二の次)、そう言う人は一斉メールに入れ難いからです。必然的に「ある程度出演者が確定して、その中に共演NGの人がおらず、なお、必要人数に達してない時だけ声をかける」と言う二軍の扱いになってしまいます。これも出番は増えません。

言っときますが、これらは紛れもなく自分自身が実際に悩んだ話でもあります。じゃあ本題、どうやって出番を増やしたら良いのか。

まずは、自分で会を主催する事。これなら、よっぽどの事がない限り自分の出番は確保できます。共演者探しは、した事がない人が考えてる程、大変ではないです。相手からよっぽど嫌われてない限り、誰もが(可能であれば求められる形で)落語をしたくてこの趣味をやってます。恋愛感情ではないけど、一緒に落語会をして欲しいと口説かれるのは悪い気がしません。断られるとしたら、相当に嫌っているか、既に別の予定が入っているか、今以上に出番を増やす気がないだけなので、あまり気にせずどんどん別の人を探せば揃ってしまいます。また、露骨に期待するのは当然NGですが、自分から誘う事はやがて相手から誘われるキッカケに繋がる事も、ままある話なのです。※この発言を強調される事は正直、諸刃の剣なのですが、現実的には人によっては動機になり得る、くらいのニュアンスで。

そして、やっぱ何より一番大事なのは至極シンプル。どんな縁であれ、出演する会で共演者さんやお席亭さん、スタッフの方々や何よりお客様と全力で仲良くする、敬意を表する事に尽きると思います。たかが趣味、されど趣味。仕事の人間関係で嫌な思いをしながら我慢しても、それは給与のうちと割り切れます。その代わり、趣味の人間関係は我慢なく居心地の良いものにしたくないですか。自分自身がそうであるなら、周りの人達にとってもそうなのです。

自分で会を主催するなんて面倒な事はしたくない。人間関係にも気を遣いたくない。俺は腕一本、高座の実力だけで人から認められる孤高の名人を目指すんだ、って人(笑い話にもなりませんが、自分にもこういう時期がありました…秒殺で挫ける…三十路過ぎて中二病…黒歴史…)は、まあ、うん、はい、そうなる日まで自分を信じて頑張って下さい。