高座ログ

落伍者の会
於 活ハウス

福来「時そば」
活砲偽「初天神」

仲入り

七夕「お玉牛」
吉遊「のめる」

今日はキャナリーの稽古が終わったら、すぐに活ハウスへ。落伍者の会に参加してきました。

出演順は、別の落語会から遅れて参加される吉遊さんをトリにして、その場でじゃんけん…したのですが、結果、意外にもフツーの順番に(笑)

吉遊さんのネタは当初、「引越しの夢」だったのですが、七夕さんの「お玉牛」と「夜這い」でネタがつくという事で、急遽、「田能久」と「のめる」から多数決で決定。すげえ。

終わった後はいつも通り打ち上げでしたが、去年の「前座噺の会」同様、小噺合戦に。僕は予想してたので頭の中で選んではいたのですが、それにしても皆様、小噺持ってるんですねえ。

と、速報!

お客様の中に卒業間際の落研女子大生、不動坊歌宴ちゃんがいらっしゃいまして、2月は春休みでヒマ、との流れから、本日のメンバー4名+歌宴ちゃんで2月18日(土)の夕方18時開演で落語会を開催する事に。

会のタイトルは、

歌宴が吼える!「私、失敗しないので。」

どうなる事やら。お楽しみにっ!!

高座ログ

於 神楽坂デイケア

福来「からぬけ」

七味「権助魚」

福来「時そば」

 

昨日も書きましたが、私は二席勤めました。

一席目「からぬけ」は、なぞなぞシーンに反応をたくさん頂いた。元々、ネタ選びが下手なせいで、これまで小難しい噺ばかりにお付き合い頂いたデイケアのおじいちゃんおばあちゃんへ、恩返しも兼ねて選んだ面もあるので、この反応は素直に嬉しい。

七味さんの「権助魚」は、発表会でネタ下ろしされたばかりという事もあり、超ハイクオリティ。事ある毎に主張しているのですが、七味さんは八つぁん熊さん権助みたいなコミカルな役どころが際立つし、それは七味さんの努力の成果だと思うのですが、この人の本領は、艶のある女将さんなのです。これをなんとか多くの人に分かって頂きたいので、来年、仔鹿寄席に出て頂こうかと画策中。

最後は「時そば」。これは曰くのある噺で、去年の最後の高座が神楽坂デイケアでの時そば。これがまー、控えめに言っても針のむしろ。終始無音で、それが焦りを生み、結果、全く受けなかった。せっかく二席頂けるならリベンジしよう、と言う寸法なのですが、結果としては、ところどころ外してはいるものの、楽しそうに眺めていたり、ところどころで頷いてたり、去年より遥かに反応がありました。

もちろん、それはこの一年間で多少なりとも上達したのかもしれませんが、一番大きいのは、最近、高座ではコンタクトレンズにしまして、お客様から、音にならない情報も汲み取れた事で、僕自身が安心して出来たってのも大きいと思う。

ところが、好事魔多しとはこの事で。

お客様と盛り上がったラストシーンで「銭は細けえから手を出してくんな!ひぃ、ふう…なな、やあ、いま何時だい?」

「五つで」

「(演技で)五つぅ?…(素で)え?五つ!?…いつ、むー、なな、やあ」

だ、台無し…。

わー!ごめんなさい!来年もやるから、長生きしてね。

 

と、

これで、デイケア含めて今年の高座はおしまい…と、思ったら、どうやら急遽、年の瀬にボーナストラックをいただけそう。詳細は近日!

高座ログ

img_0013

我やが家寄席

Facebookでお世話になってる相模亭一門のアイドル、まり雄くんが体調不良になり、急遽、代演に伺いました。

いや、面白かったです。普段、自分がやってる環境、例えば両国亭とか、浅草公会堂とか、デイケアとは全く異なる、「お座敷」の雰囲気に演ってる方もうっとり。今回は季節柄、ベーシックなネタでしたが、ちょっと猥褻だったり、ちょっと下世話だったり、そういうのをかけると面白そうだなあ。

あと、本来のゲストである、ひむか亭さき、さん。花の女子大生なのですが、こども落語大会の最多決勝進出者だそうで、立ち振る舞い含め、かなり勉強になりました。

帰り道の方向が同じだったので、こども落語界について色々伺ったのですが、ある意味、社会人落語以上にディープな世界だと思いました。

高座ログ

きっすい寄席

鹿鳴家福来「四人癖」
二松亭牛志楼「しの字嫌い」
鹿之家さん歩「安兵衛狐」
仲入り
二松亭若大笑「高砂や」
二松亭風林火山「臆病源兵衛」

ききき緊張しましたっっっ!!!
でも、なんとか出し切り、
お客様にも何箇所か笑っていただけたから
やっぱり手を挙げてよかったと思います。
ほんと、勇気出してよく手を挙げた!
それだけは、自分を褒めてあげたいと思います。
ご来場のお客様、並びに二松亭の皆様、
本当にありがとうございました。

打ち上げでまたも泥酔。
最近、本当に酒に弱くなっている。
てか、これでようやくフツー?
かなり記憶が曖昧なのですが、
朝、自宅で目が覚めると
枕元には「ナンシー関大全」
?!??!???!!?!!!!???

(追記)

思い出しました。酔っ払ったまま会場の近くの古本屋に突入し、物色してたらコケシを棚から大量に落としてしまったお詫びに何か買わなきゃ、という使命感で買ったのでした。

にしても、なんでよりによって全く手を出した事のないナンシー関なのか。

高座ログ

バイリンガル落語会

於 お江戸両国亭

出演者、番組は長いので(こらこら)チラシの内容を貼っておきます。

img_1232

僕は、開口一番で日本語の「からぬけ」を務めさせていただきました。これがまあ、ここ数回の出演の中で一番、マクラも含めて沢山笑っていただきました。特に昨日、今日と両方見て下さった方全員から「昨日の千早振るより面白い」という意見を多数。おおぅ!?あのー…昨日も割と笑っていただいたつもり(主観)なのですが…。

ま、まあ、ネタ選びの方向性は昔より合っているって事で善哉、善哉。

打ち上げでは、英語落語のクラスの方々から、ドイヒーな(モヤさま風)サンフランシスコ珍道中のエピソードをお聞きして大爆笑。それ、マクラどころか一席作れますって!英語落語は出来る自信が全くないですが、次の海外遠征にこっそり紛れ込みたくなりました。

写真は開演前。バイリンガールズとバイリンボー、ぼー、バイリンオヤジ達。

img_1358

 

次の高座は11/13、きっすい寄席!!!二松学舎落研の聖地に、先日、前座噺の会でお世話になりました鹿之家さん歩さんとお伺いしてきます!

僕の演目は「四人癖」。なんでこのネタを選んだかと言うと…それは当日のお楽しみ♪

高座ログ

第三回仔鹿寄席
於 浅草公会堂

かほり「ストレスの海」
福来「千早振る」
小誠「死神」

仲入り

そこそこ「宗論」
河童「ガーコン」
まさ治「粗忽の使者」

今回も満員御礼でした!(約65名)
たくさん笑っていただきまして、また、席亭としましては、ほぼ出囃子につきっきりで会場の様子が見れなかったのにも関わらず、大きなトラブルもなく終幕できた事が、すごく嬉しいです。メンバーの皆さんは勿論、お客様のご協力なしには成立しませんので、重ねて御礼を申し上げます。

次回、第四回は2017年3月、場所はいつもの浅草公会堂を予定しておりますが、早くも手狭になってきた事と、やっぱり和室に長時間座ってるのは負担が大きい、というお客様のご意見に沿うよう、次回で一旦、浅草公会堂での活動を離れて、第五回(2017年7月予定)は、もう少しゆったりとくつろげる、椅子席の会場にチャレンジしてみたい(あくまで予定ですが)と思います。詳しい内容は、第四回でお知らせしますね。

来年も何卒、仔鹿寄席をよろしくお願いします。

高座ログ

第二回劇団大福来

於 お江戸両国亭

福来「棒鱈」

きさ馬「高砂や」

大福「親の顔」

仲入り

福来・きさ馬・大福「色物」

きさ馬「俺の肝臓」

大福「酢豆腐」

 

二人会、二回目でした。

お客様は二十二人。前回の倍、来ていただいきました。ありがとうございます。大福さんも、きさ馬さんも熱演していただき、問題の(笑)色物も、思った以上に受け入れていただき、本当にほっとしました。とても素敵なお客様でした。沢山の人のお手伝いもいただき、無事に終わらせる事ができました。

高座ログ

なごみ寄席(デイケア)

福来「棒鱈」

ゑん側「化け物使い」

小前治「ろくろ首」

久しぶりにデイケアで棒鱈をかけました。今回は古典的なマクラを仕込んで来たのですが、思ったよりウケてよかったです。やっぱベタを照れずにやるのは大事。本編もまあまあ、どうしても反応の薄いデイケアにしては、ウケて欲しいところでくすくすが入ったから一安心。

終わってから小前治さんから「江戸っ子らしさと田舎侍らしさと芸者らしさが足りない」と言う、有難いご指摘を頂戴しました。

そいつァ、赤ベロベロの、全部だわいな…?

いかん、安心してる場合じゃないっ。頑張ろー!

高座ログ

第二回仔鹿寄席

於 浅草公会堂

福来「ざるや」

加笑「代書」

そこそこ「粗忽長屋」

仲入り

とい寿「湯屋番」

かほり「端唄」

だっぺ「宿屋の富」

 

昨日はお忙しい中、仔鹿寄席にお運びいただき、誠にありがとうございました。お陰様をもちまして、今回も満員御礼となりました。

たくさんのお客様に笑っていただき、番組としてはかなり満足のいく出来だと自負しておりますが、段取り等、運営側での不手際がやや、目立ってしまいました。これは席亭としましても、反省しきりでございます。次回は是正しますので、これに懲りずにまた、お越しいただければ幸いです。

なんて、お行儀の良い挨拶は程々にして。

ほんっとーに、お客様は勿論、共演者の方々に助けていただきました!はー、自分の我侭で始めた会であり、本質的は「他人様の迷惑にならないようひっそりと日陰で生きていく」タイプの人間なので、こんなに沢山の方々を巻き込んでしまうのは正直、しんどい事も多いのですけど、笑っていただけたお陰で、本当にやって良かったと思います。感謝の心を忘れずに、これからも巻き込ませていただきますので、お付き合いいただければ幸いです。

加笑さん「代書」。キャナリーの上方落語と言えば、七夕さんしか聴いた事がなかったのですが、また違った雰囲気が楽しかったです。高座で眼鏡かけるか悩んでましたが、このネタはかけて正解だと思いますよ。素敵なチラシもありがとうございました!

そこそこさん「粗忽長屋」珍しく最初は緊張されてましたね(笑)でも、流石の最年長の風格…を全く感じさせない(大絶賛してます)飄々とした語り口でバンバン受けてました。お友達も沢山呼んでいただき、大変に盛り上がりました。会場確保の際は本当に助かりました。次回は、あのネタ、やりましょーね(笑)

とい寿さん「湯屋番」このネタは席亭からのリクエストでしたが、やっぱ合うんですよね。天性の若旦那っぷり。堪りません!発表会直後だったので、稽古時間がなくしんどいとおっしゃってましたが、おさらい会の楽しみも見出していただけたようで(笑)またよろしくお願いします!

かほりさん「端唄」紅一点の今回の色物さん。落語する方は沢山いらっしゃいます中、そして本人も落語やりたくて仕方がないところお願いしてしまってすみません!でも、お客様との手拍子アンド大合唱は最高でした。次回は落語でお願いします!

だっぺさん「宿屋の富」堂々たるトリネタ、ありがとうございました!やっぱああいう正統派なネタをしっかり語れる方がいらっしゃいますと、会が締まりますね。引き受けてくださりありがとうございました。アンケート等々、無精の席亭をサポートしていただきありがとうございました。また是非!

すぺさるサンクス。扇生さん、最後までお付き合いいただきありがとうございました。僕でよければまた芸談聞かせてください!花実さん、お忙しい中、差し入れを下さりありがとうございます。きんつば美味しかったです。ほう美さん、遠くからお越し下さりありがとうございました。次は是非マジックで出演してください!百〆さん、かつ弥さん、小鉄さん、仔鹿寄席いっしょに盛り上げていきましょう!英楽さん、にわかさん、七夕さん、これからもご指導よろしくお願いします!寺嶋さん夫妻、素敵な看板と、打ち上げにもご参加いただきありがとうございました!かあちゃん、渋谷さん、不出来な放蕩(中年)息子でごめんよっ!佐藤さん、今度はお友達と遊びに来てね!前ちゃん、いつもありがとう!無事に帰れた?(笑)またライブ行くからね!中尾さん、差し入れのどら焼き、いま食べました(笑)うまっ!ちよりんさん、本当にお忙しい中寄っていただきありがとうございました。浴衣素敵でした!くっちー!子供と一緒に来てくれてありがとう!痩せてたから気づかなかったよ!仔鹿並の記憶力ではこれが限界。漏れてたらごめんなさい!そして早くから行列を作って並んで下さり、たくさん笑って下さったお客様、本当に本当にありがとうございました!

image

高座の写真は撮らなかったのですが(次回までに無音カメラ買わなきゃ!)、集合写真その1。血色の良い座敷童子が一人いますな。

image

変顔で!とリクエストされて撮った集合写真その2。なんだよ!梯子を外された気分だよ!(笑)中央で額に入っているのが、寺嶋さん作の看板です。カッコよすぎる…。

 

あー!たのちかった!

次回は10/29(土)です。メンバー等は近々アップしますね。

高座ログ

image

前座噺の会

於 活ハウス

福来「平林」

さん歩「真田小僧」

仲入り

安芸「一目上がり」

吉遊「たらちね」

(敬称略)

 

開口一番はワタシ。肝心なところで失敗してしまい、思わずゴメンナサイが口をつく大失態。そのまま続けたけど、(デイケアを除いて)久しぶりの高座としては後悔の残る結果に。でも、今の形の平林は結構好きなので、暑いうちにどっかでリベンジしたいね!

次はさん歩さん。まずはマクラの笑いでぐっと引き寄せる。本当に、時事ネタに強い方です。真田小僧の通しは、大河ドラマの影響で結構拝見してましたが、子供の話す内容が違ってるのが印象的(所謂、バレ噺ではなくなってる!)さん歩さんの事ですから、アレンジではないと思うのですが、古い型なのでしょうか。

仲入り後に安芸さん。大先輩ですし、偉そうな事は言いたくないのですが、昔、苦手とおっしゃってたマクラ〜本編の導入部分がすごい良くなってました。本編に入ったらいつも通り極上の語り口。「話、進めていいかなあ!?」に思わず吹き出してしまいました。

トリは吉遊さん。本当に安心して聴けます。縁結びのマクラも、笑いがありつつ、みんなが幸せになれる感じで本当に勉強になりました。たらちねの噺の良さを再認識させつつ、なお、通常はやらない長向上で新鮮さを感じさせる。前座噺の会の主旨を体現した、見事な高座でした。

 

終わった後はそのまま打ち上げ。途中で一人、新規のお客様がいらしたので、そのまま小噺大会にもつれ込む。小噺、もっと鍛えよう。

本日は本当にお世話になりました。

一つしか前座噺を持ってない(酷い)ワタシですが、今、前座噺を稽古してます。これに懲りず、またお誘いいただければ幸いです。