落語鑑賞覚書

鈴本演芸場
真打披露興行

花ごめ からぬけ
ダーク広和 奇術
金時 真田小僧
にゃんこ金魚 漫才
さん喬 替り目
一朝 芝居の喧嘩
金馬 紙入れ
仙三郎社中 太神楽
馬風 男の井戸端会議
市馬 狸賽

お仲入り

口上 喬太郎、金馬、ときん、金時、馬風、市馬
ホームラン 漫才
三三 釜泥
喬太郎 茶代
正楽 紙切り
ときん 茶の湯

(敬称略)

職場が変わって、鈴本が定期圏内で無くなる事もあり、また、三遊亭時松改メ、三遊亭ときん師匠が好きだった事もあり。

雨にも関わらず、会場は満員御礼。最後列までぎっちりでした。僕は早めに並んでた甲斐あって、前4列目くらいでのんびり。

仲入り後に真打昇進襲名披露口上。司会は喬太郎師匠でした。新真打から見て大師匠にあたる金馬師匠、膝が悪いという事で普段の高座では見台を置かれるのですが、口上ではそれを微塵も感じさせない見事な姿勢。公演中、稀勢の里が優勝された事もあり、市馬師匠は満面の表情で(笑)相撲甚句を披露されてました。

三三師匠の釜泥は、短い時間ながらキレッキレの演出、口調で爆笑の渦。逆に喬太郎師匠は「茶代」という、あまり聴いた事のない噺をさらっと演られておりました。

本日の主役である新真打、ときん師匠は、趣味の鉄道旅行のマクラから茶の湯に。ともすればビロウな噺なのですが、ときん師匠自身が爽やかなので良い雰囲気。サゲの菜畑の描写に農業愛を感じたのは、ちょっと深読みし過ぎですかね(笑)

写真は会場に飾られてた提灯と、仲入り中に購入した新真打全員のお名前入りの扇子。扇子より手ぬぐいを買われるお客様の方が多かったのですが、アマチュア落語なんて因果な趣味をやってるお陰で、単なるコレクターズアイテムにはならず、実用的(?)に使えて嬉しいような、照れ臭いような。

 

落語鑑賞覚書

桂文治・入船亭扇辰 二人会

於 日本橋社会教育会館8階ホール

昇市 桃太郎
文治 つる
扇辰 三方一両損

お仲入り

扇辰 紫檀楼古木
文治 らくだ

(敬称略)

扇辰師匠の紫檀楼古木は聴けるチャンスを待っていたので嬉しい。不正乗車「キセル」の由来や、ラオ屋さんがラオを挿げ替える細かな手順など、知らなかった情報が盛りだくさんでした。女中さんのキャラも弾けてて楽しかったです。

文治師匠のマクラは先代のお話。僕は直接は存じ上げないのですが、扇橋師匠同様、愛されてた師匠なんだろうなあ。らくだですが、表情筋をじーっと見惚れてしまいました。あんなに動くと、赤ん坊も泣き止みそう。丁の目の半次兄貴が屑屋を見ながら「あいつ、だんだん楽しくなって来やがった…」に爆笑してしまいました。

落語鑑賞覚書

六人の深夜

新宿末廣亭

こみち あたま山
駒次 鉄道戦国絵巻
花ん謝 前田山
さん若 馬の田楽

(敬称略)

全て初めて聴く噺でした。面白かったけど、頭使ってへとへとです。

落語鑑賞覚書

続・菊太楼の会

菊太楼 金明竹
左吉 身投げ屋

仲入り

菊太楼 富久

(敬称略)

幇間の久さんが酒を呑んでるシーンで思わず唾を呑み込んでしまいましたが、強い自制心で(笑)帰宅。

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 初席 第三部

(途中入場)

一朝 初天神
雲助 子ほめ
白酒 新版三十石
小菊 粋曲
権太楼 つる

仲入り

太神楽社中 壽獅子
小三治 小言念仏
小猫 ものまね
喬太郎 擬宝珠
正楽 紙切り
三三 粗忽の釘

(敬称略)

観る側の落語始めでございます。
すっげー混んでるし、短時間で沢山でて目まぐるしいし、でも、正月興行好きなのよね。緩い空気が。

白酒師匠の「新版三十石」は初めて聴きましたが、もう、訛りがきつ過ぎてワチャクチャ(笑)高座の途中で孫からの電話に出るくすぐりにバカ笑いしてしまいました。

喬太郎師匠の「擬宝珠」は生で見るのは初めて。てか、キャナリーの春々さんで先に知った噺なのですが、本家?喬太郎師がやると、うわ、演出がエグい。いい意味で!

三三師匠の「粗忽の釘」は、今日これまで出てきたネタをてんこ盛りに織り交ぜた、おせち料理のような一席。昔、喜多八師匠との二人会でも思ったけど、三三師匠、こういうアドリブ上手いなあ。

今年は何席演って、何席観れるのか?とても楽しみです。落語周囲のあちこちでお会いすると思いますので、重ね重ね、よろしくお願い致します。

 

落語鑑賞覚書

つる子・音助二人会

於 ミュージックテイト新宿

つる子「戻り猫」
音助「明烏」

仲入り

音助「のめる」
つる子「星野屋」

(敬称略)

最近、残業や忘年会が立て続けにあって、ほんとに久しぶりに仕事帰りに行って来ました。この会は第四回目だそうですが、音助さんの高座を拝見するのは初めて。

開口一番は林家つる子さんの「戻り猫」。全く知らない噺だと思ったら新作落語だそうで、捨てても捨てても戻って来る猫の噺。あらゆる手段を行使して猫を亡き者にしようと企む女将さんが物凄いゲス顔(笑)

二席目は雷門音助さんの「明烏」。いや、噂には聞いてましたが、まー!達者。若旦那、おとっつぁんに源兵衛太助、やり手のおばさんに花魁と、実に器用に演じ分ける。おまけに僅かな仕草がたくさん入ってるから、情報量が多くて唖然。最前列で観た甲斐がありました。

仲入り後は音助さんで「のめる」こちらもシンプルな噺ながら、ちょっと抜けた男と威勢のいい男の対比が楽しい。50銭を賭けて競ってる二人が本当に仲よさそうでいいなあ。

トリはつる子さんの「星野屋」。これも強かなお妾さんが楽しい噺。にしても、どうしてこの人は悪い顔が上手いのだろう。海老◯家にお手本があり過ぎたのだろうか(笑)サゲはちょっと後味が悪い噺なんですよね。でも、あんまり物事を深く考えない軽い感じなので救われたかも。

帰りは会場の近所にある蒙古タンメン中本に寄って蒙古丼なるものを食う。辛い!旨い!明日の胃腸が心配!

落語鑑賞覚書

古金亭ふたたび
於 お江戸日本橋亭

小駒「垂乳根」
龍玉「駒長」
馬生「二番煎じ」

仲入り

今松「首ったけ」
雲助「夢金」

(敬称略)

久しぶりに衝動ではなく(笑)、結構前から予約して楽しみしてた会なのですが、もー!大満足でした。

小駒さんの「垂乳根」は、正確には受付で途中から聴いてたので曖昧なのですが、烏カァで夜が明ける、前に終わる型。凄く笑いが多かったなあ。

龍玉師匠の「駒長」は、粗筋は知っていたのですが、聴くのは初めて。所謂、美人局の噺で、悪党が似合う(大絶賛してます)龍玉師匠にぴったり。直接的なDVシーンが頻繁に出るのも、まず今の寄席じゃあ聴けなそう。

馬生師匠の「二番煎じ」は、寒々しい冬にぴったりの火回りの噺。登場人物がやたら多い上に、一人一人のキャラクターが際立ってる物凄い難しい噺ですから、とても私には手を出す可能性はないですが、明るくて好きですね。本編とはあまり関係ないですが、「キセルの雨が降るようだ」というフレーズは、いつか何処かで言ってみたいです。

今松師匠の「首ったけ」も、初めて聴く噺。お見立て、だったり、三枚起請、だったり、五人廻し、だったり、大抵の廓噺は花魁に振り回される男を笑うのですが、この噺は性悪の花魁が酷い目に合うのを笑うという、これも寄席じゃあ聴けないだろうなあ。ともすれば女性が眉をひそめそうなのだけど、上手く同情させないように演じられてるのは見事でした。

トリは雲助師匠の「夢金」。上記の通り、他の師匠も素晴らしかったのですが、やっぱり今日の目的はこの師匠でこの演目。侍の悪党っぷりが際立つ程、船頭の(まあ、こっちも善人とは言えなくて、それがこの噺の好きなところですが)格好良さが引き立ち、背景の雪景色と相まって芝居を見てるかのようか気持ちになりました。これを一人で表現するんですから、噺家さんってのは本当にすごいと改めて思いました。

落語鑑賞覚書

江戸版上方噺
於 お江戸両国亭

歌奴 秘伝書
文雀 仔猫

仲入り

文雀 太閤と曾呂利
歌奴 胴乱の幸助

(敬称略)

俺の泥酔話なんでどうでもいいものを書いてたら、すっかり本編を書くのを忘れてました。
鹿鳴家群馬さんが主催する「落語天」の落語会にお邪魔して参りましたよ。

まずは歌奴師匠で「秘伝書」。落語ではよくある八つぁんとご隠居の会話から始まるのですが…昔あった「伊藤家の食卓」が好きな人には堪らないですね。寄席で是非聴いてみたいです。

次が文雀師匠で「仔猫」。この噺は上方の社会人落語の方からしか(と、言うより実質一人からしか)聴いた事がないのですが、江戸版だとしっとり抑えめ怪談味多めかな。でも、しっかり聴かせる演出は流石の文雀師匠でした。

仲入り後、文雀師匠で「太閤と曾呂利」。珍しく?袴姿の文雀師匠、雰囲気はあくまで軽いのですが、歴史物だし、和歌も沢山出てくるし、大変な噺をさらっと。お公家さんのヒステリックなおじゃる感が最高でした。

トリは歌奴師匠で「胴乱の幸助」。揉め事を仲裁するのが大好きなおじさんの噺。喧嘩していた二人が、おじさんが仲裁する前に仲直りしてしまい、イライラするところで大笑いしました。あと歌奴師匠、声が良いから義太夫節が映えるなあ。けっこう長講だったと思うのですが、あっと言う間だった気がします。

この日の高座か、はたまた別のところで聴いたのか曖昧ですが、「人間の顔には狐顔と狸顔しかいない」ってフレーズにぴったりの師匠方。また是非、二人会に遊びに行きたいと思います。

後片付けして裏から引き上げる際に、円楽党の前座さんが待機して待ってま…し………え!?ボルボ亭イケアさん!いやさ、三遊亭じゅうべいさん(スウェーデン出身の元、社会人落語家さんで、去年の千葉国際大会で大活躍。今は三遊亭好楽師匠に弟子入りされました)と、ほぼ一年ぶりに再会しました。これはちょっと、よいゲン担ぎになりましたね。

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 夜席

朝七 道灌
遊京 金明竹
ダーク広和 奇術
扇遊 家見舞
小袁治 長短
小菊 音曲
琴柳 野狐三次〜木っ端売り
ストレート松浦 ジャグリング
はん治 妻の旅行

仲入り

二楽 紙切り
小三治 転宅

(敬称略)

落語教室に通い始めて5年目。
つまり、落語という芸能を目の当たりにして5年目にしてようやく国宝、小三治師匠に参詣いたしました。

これまでも、なんとなく畏れ多くて避けてたのですが、最近は著書「落語家論」を読んでしまいますます期待値が上がって行きづらくなりまして。とは言えやっぱり寄る年波には勝てないって噂も聞きますし、期待と不安がないまぜになりながら、鈴本に1時半間程並んでました。その甲斐あって、最近のマイフェイバリット特等席、左側前方二列目を確保。

トリまでのあれこれは、ごめんなさい。
興奮で記憶が全部薄れてしまいましたので、いい加減な事は語らず、敢えて割愛。

で、

国宝だ!本物だ!生きてる!動いてる!
人伝てに伺った通り、マクラたっぷりの人でした。ただ、一つ残念な事があって、結構、固有名詞が出てこないんです小三治師匠。でもね、出ないのが残念なのではないんです。問題は、それを助け舟したいのか、師匠が言いたかったのであろう固有名詞を叫ぶ常連であろうお客さん。はっきり言ってノイズでしかないから、止めるか速やかに退出して欲しい。正確な人名とか地名とかどーでもいいの、俺は小三治師匠の不正確でぼんやりとした話をぼんやりとした頭で聞きたいの!

本編の「転宅」に入った途端、小三治師匠の体内のスイッチが「がちゃり」と、落語モードに切り替る音が聞こえた気がしました。それからは、ほんとうに一挙手一投足すべて、吸う息から吐く息まですべてが素晴らしかったです。比較的淡々と話してるのに、要所要所の表情がやばい。特に、お菊さんから初めておまいさんと呼ばれた瞬間の泥棒のデレ顔。あの落差は、そんじょそこらのアニメのツンデレ美少女キャラが鼻息で吹き飛ばされるくらいの笑顔でした。そんな頭の悪い感想で良いのか。でも、とても背もたれに座ってくつろいではいられず、気付くと前のめりになって、瞬きひとつ、音ひとつ逃すものかと、聴き入ってしまいました。

と、言う事で、にわか落語好きの不安など軽々と越える、天高き秋空を眺めるような、幸せな時間で三連休は締めくくられました。

明日は寄席文字教室だぜイェー!
そろそろ年末の課題を考えないとヤバいぜイェー!(涙)

落語鑑賞覚書

三代目橘家文蔵襲名披露興行
於 鈴本演芸場

(途中入場)
馬風 漫談
二楽 紙切り
市馬 一目上がり

仲入り

襲名披露口上
小せん、一朝、権太楼、文蔵、さん喬、馬風、市馬

ストレート松浦 ジャグリング
権太楼 つる
小せん 金明竹
小円歌 三味線漫談
文蔵 猫の災難

(敬称略)

ようやく行って参りました。
今行かないと鈴本で見れないと半ば強引に。

仲入りでは今後の披露興行のチケットと、Tシャツ(2種・1枚三千円)と、CD(2種・1枚二千五百円、2枚同時購入した方には文蔵師匠直筆の色紙付き)の販売がありましたが、まったく準備不足で、あまり手持ちがなかったので、「猫と金魚」と「芝浜」が入っている方のCDを1枚だけ購入。あるうちにTシャツくらいは欲しいねっ!

披露口上は錚々たる大師匠方。どなたの口上も素晴らしいものでしたが、権太楼師匠が文蔵師匠…と見せかけて馬風師匠を茶化しまくりでした(笑)それにしても、横一線に並ぶと馬風師匠の顔の大きさがあまりに規格外でギャグ漫画的。まるでスターウォーズのジャバ・ザ・ハットみたい。もしくはDr.スランプの則巻千兵衛。はたまた法隆寺の鬼瓦。

権太楼師匠の「つる」を拝見するのは2回目か。忙しいと邪険に扱う友達と、そんな事は一切気にせずに言いたい事を喋り捲る熊さんのやりとりが楽しい。

小せん師匠は「金明竹」なんですが、この人の女性が物凄い色っぽい。所謂、女性の定番である襟元を治す仕草は一切してないのに、ちょっとした肩のラインと指先の動きだけで、んまっ、どゆこと?なんなら小円歌師匠より艶っ(自粛)

で、

トリは勿論、文左衛門 改め 文蔵師匠。マクラでは楽屋の様子を。既に楽屋では酒宴が始まっているらしい…いいなあ…からの「猫の災難」でした。先日の独演会で拝見して以来でしたが、本当に文蔵師匠の酔っ払いはリアル。この噺自体、大好きなんですけど、上手い下手とかいう以前に、演者の素が透けてしまうような気がして、自分みたいな底の浅い人間には出来る気がしません(涙)

マクラの中で写真撮影タイムがあったので慌てて撮影しました。また伺いたいと思います。

img_1263