ブログ2年目スタート

自分語りが出来るのもブログの強み(笑)そんなもの誰が読むかって?そりゃ僕が。幸いな事に、このブログの一番の読者は、僕自身だからね。

えー。

ブログ2年目最初の記事は、最近たまたま立て続けにご質問頂きました「なんで社会人落語始めたの?」という話。興味がない人は回れ右。既に聞いた人は、新しい情報はないと思うけど、それでよければ。

社会人落語を始めるより数年前、僕は無趣味でした。いや、一応ヲタだったのでゲーム、漫画、アニメ、小説、音楽はそれなりに嗜んではおりましたが、どれも別に夢中と言える程ハマった訳ではなく、ヲタ仲間と話が合えば充分、と言うレベルで広く浅く、どちらかと言えば余暇の過ごし方として楽しい感じ。

会社に入って同じヲタ仲間以外とも関わる中で、例えばアマチュア劇団に入ってる、例えばバンドを組んでる、そういう同僚や先輩達から公演があるから来てよ、ライブやるから来てよ、と誘われて、遊びに行く。舞台の上で披露する彼、彼女らを見て僕は楽しい。楽しいのだけど、なんだか舞台の上で披露する側の方が客席の僕より楽しそうだと思ってました。

とは言え、人付き合いが苦手な僕は、その輪の中に積極的に入っていけず、一人で音楽教室に通ったり、楽器の教材DVDを観たり。もともと手先は不器用だし、披露するアテもないので、直ぐに投げ出し、また無趣味に戻る。そんなのを繰り返しながらとうとう三十代になった頃。

銀座の山野楽器で楽譜を物色してたら、落語会の告知を見つける。子供の頃から児童向けの落語本は読んだ事があり、その後は特にハマった訳ではなく遠のいていたけど、まあ、せっかく東京にいるんだから、東京でしか出来ない体験をするのもありだな(大変、失礼な話ですが、当時、僕は上方落語の存在を知りませんでした。桂三枝さんも桂文珍さんもテレビの芸能人)、と入って、生まれて初めて生の高座を聴いたのが三遊亭遊雀師匠…なのですが、何のネタかは忘れました(笑)でも、その時やたら面白くて、同じ場所で次の会の予約をして、2回目に聴いたのが古今亭菊之丞師匠で、これはネタを覚えてます、二番煎じ。なんだこれは、と衝撃を受けた。

ただ、その後も当時の僕にとっては、落語はあくまで聴くもので、面白いから会社を辞めて弟子入りを、なんて過激な事は考えずに数ヶ月に一回、気が向いたら寄席に行ったり落語会に行ったり。とは言え、当時聴いた噺家さんの顔も名前も全く覚えてない(笑)そんな日々の中、ある書店の落語コーナーで見つけた平安寿子さんの「こっちへお入り」その本で、弟子入りしなくても趣味で落語を学べる事を知る。

そこで、ようやく先程の趣味の話と繋がりました。舞台で披露出来て、人付き合いが苦手でも続けられて(後でこれは大きな誤解だと知る、むしろ、人付き合いはこの趣味で鍛えられた)、楽器と違って稽古場も選ばなければ、お金の負担も少ない。それなら続けられるんじゃないか。そう思ってインターネットで「落語教室 東京」でググって幾つか出た中、稽古日が土日と言う事、今住んでる所に近い事から、キャナリー落語教室を選んだのが金曜日。アポ無しで突入したのは翌土曜日。そのまま入会を決めたのが今から5年前、2012年の7月になります。

思えばそこが真人間としての分水嶺。そこを跨いだ後は坂道をコーロコーロコーロコーロと転がり落ち、今に至るのです。

リンクについて

http://kojikayose.wpblog.jp/リンク/

リンクのページを新設しました。

よく行く落語会とか、お世話になってる噺家さんとか、

ある意味、自分ちの本棚を見られているようで、ちょっと気恥ずかしいですね。

とりあえず書き溜めた分は載せましたが、こっそりちょいちょい増やして行きますので、

よろしければたま〜にご覧ください。


ちなみに、このブログは、

仔鹿寄席の宣伝のために作りましたが

実情は、ほぼ席亭個人の私物化ブログですので、

リンクフリーです。

いいようにやって下さって結構ですが、

何か連絡下さったら大変喜びます。

願わくば、一日でも長く、

貴方の本棚に置いていただけるよう

試行錯誤しながら、頑張ってみたいと思います。

社会人落語について

このブログをたまたま来て下さった方の中に

社会人落語、と聞いてピンとこない人も

まだまだ沢山、いらっしゃるかと思います。

百聞は一見に敷かず、

これがわたくしです。

image

ね、趣味の世界でしょ(笑)

こんな風に着物を着て

高いところに座って、お客様の前で

おしゃべりするのが、わたくしの趣味です。

こんな趣味を持ってる人は結構いまして

例えば、カルチャースクールの生徒だったり

大学の落語研究会(いわゆる、オチケン)のOBだったり

色んなタイプの方がいらっしゃるのですが

わたしは、北千住にある「キャナリー落語教室」というところで、

プロの噺家さんの元で月に一回、稽古していただき、

もう4年くらいになります。

主な活動拠点としては、

デイケアのボランティアでお伺いしたり、

自分達で無料の落語会を企画したり、

時折、他の社会人落語家さんの落語会に出演させていただいたり、

年に数回、日本のあちこちで開催される

社会人落語選手権に出てみたり(ちょっと信じられない話ですが、そういうのがあるのです!)、

そんな活動をやってます。

この辺はまあ、そのうちプロフィールのページを作りますので、そこでまとめてご説明します。

勿論、自分で落語を話すのも好きですが、

プロの噺家さんの落語会に普通にお客さんとして

お邪魔するのも大好きで、

しょっちゅう、「寄席」と言われる

落語や演芸の劇場に遊びに行ってます。

この辺りの感想もときどき、書いていきますね。

まあ、あんまり社会の役に立つような事は

書きません(笑)

そんな感じです。

また、遊びに来て下さいね。

鹿鳴家福来について

このブログに御来訪の皆様、

お初にお目にかかります。

わたくし、鹿鳴家福来と申します。

鹿が鳴る家と書いて「カナリヤ」

福が来ると書いて「フクレ」と読むのですが、

ちょっと読みづらいこの名前、

わたくし、出身が茨城県でございまして、

茨城県の筑波山の麓で採れる

福来みかんという蜜柑の名前から

拝借した訳でございます。

なんだかおめでたい名前ですが、

どうしても読みにくいようでしたら、

なんか「フクレ」、てる奴が喋ってたな、

と思っていただけたければ幸いでございます。

という奇妙な口上からはじめましたこのブログ。

わたくし、サラリーマンの傍ら

休日はあちこちに出かけて落語のまねごとを

やっておりまして、所謂「社会人落語」という

趣味を持っております。

ここは、わたくしのメインの活動の場でもあります。「仔鹿寄席」の情報と、

わたくしのまあ、右往左往する日々を書き連ねる為のブログでございます。

どこまで続くか分かりませんが

時折また、お伺いいただければ幸いです。