落語鑑賞覚書

さん喬、権太楼特選集
於 鈴本演芸場

平林 喬志郎
太神楽 仙三郎社中
新版三十石 雲助
あくび指南 一之輔
目黒のさんま 市馬
漫才 ホンキートンク
露出さん 百栄
蛸坊主 新治

仲入り

粋曲 小菊
鴻池の犬 さん喬
紙切り 正楽
死神 権太楼

(敬称略)

先日、チケットをとった鈴本演芸場の吉例夏夜噺に行って参りました。超満員、立ち見も相当数いたなあ。僕はちょうど会場の真ん中あたり。

夏の終わり、涼風が吹くこの数日に相応しい清涼飲料水のような爽やかな噺でした。え?、「露出さん」の事ですけどそれが何か?いやもう、生で見れて大興奮(性的に、ではない)ですよ!僕は基本的にはほぼ、古典オンリーの社会人落語家ですが、もし、今後チャレンジしたい新作落語があるとしたら、「ハンバーグが出来るまで」と「露出さん」が二大巨頭ですよ!並べちゃ駄目ですかそうですか。惜しむらく、発表会には全く向かないのが残念。何故なら確実に親が泣く。

さん喬師匠の「鴻池の犬」は、先日の大坂遠征中に船場に行ったり歴史博物館に行ったり多少は鴻池善右衛門の知識をつまみ食いしてたので情景がより臨場感が増して楽しめました。まあ、そうでなくてもディズニー映画みたいで素敵な噺なんですけどね。ほろ苦いサゲも好き。

権太楼師匠の「死神」は圧巻。満席の会場から津波のような笑いの渦になってました。アジャラカモクレン、×××二世は手を抜いた、テケレッツノパッ!は最高です。ただ、これは権太楼師匠のせいではないですが、酔客が多くて、ラストの火がつくかつかないかの緊迫したシーンで、よもや携帯電話が鳴りやしないかと、そっちにハラハラしてしまう。今日は鳴らなかったから僕の取り越し苦労だけど、静かなクライマックスが楽しみにくい嫌な時代だと思う。

落語鑑賞覚書

動楽亭 昼席

道具や 弥っこ
黄金の大黒 雀五郎
野ざらし かい枝
鹿政談 塩鯛

仲入り

エスエル 梅團治
三十石 文太

(敬称略)

隙あらば寄席、の精神で。
いや、一昨日の繁昌亭も昨日の伝楽亭も楽しかったのよ。でも、強いて言えば、繁昌亭は勿論、怪談噺中心だし、伝楽亭は満員御礼で、ほぼ楽屋にいたので音しか聴いてないし…振り返ってみれば、普通の上方落語を聴いてないのよ。もっと振り返ってみれば、これだけ聴いててまだ、僕は上方古典落語の人気者、喜六と清八にまともに会ってないのよ!これはいかん!と、亀鶴さんオススメの動楽亭に。

動楽亭、通天閣とか新世界とかのすぐ近くにあるのですが、大きめの座椅子が前に三十個ほど、その後ろは普通の椅子になってました。座椅子も、けっこう前の席と離れてるので、あんまり狭っ苦しい感じはしませんでしたよ。

で、

最後の最後にキーターーーー!これこれこれ!キー公!せーやーん!
しかも、旅の終わりに相応しい三十石でした。生で聴くのは勿論、初めて。ハメモノあり、歌あり(「桂文治は噺家で」のフレーズは初めて聴きました)、船唄には船頭の掛け声が入ってとても賑々しいトリの高座を、この旅の風景を思い出しながら、ボンヤリと楽しませて貰いました。

皆さま、お世話になりました。また来るぜっ!

高座ログ

ワシら伝楽亭好きやねんの会
於 伝楽亭

なんか、緊張感が取れてちょっと泣きそうです。

主催の玄関さん、小なんさん、八景さん、緑生さん、私が楽屋でテンパって右往左往してる中、励まして下さりありがとうございました。そして会場では大勢のお客様に恵まれまして(この人数は主催の玄関さんも想定外だったそうですよ!えへん!←お前が威張るな)どうにか私も伝楽亭での初高座をつとめる事が出来ました。ありがとうございました!考えてみたら、三年前に池田の予選に出た時は、無我夢中でお客様の顔を見る余裕がないまま終わってしまいましたので、今回が本当の意味で上方での初高座でした。

終演後、何人ものお客様から「また見たい」と仰って頂けたのが何よりの励みです。再会の日を思いながら、明日からまた、稽古を続けます。

でも今日は眠い…また日本酒呑みすぎた…でもホテル着いたからいいかぁ…。

落語鑑賞覚書

お笑い怪談噺の夕べ Vol.12
於 天満天神繁昌亭

荒寺幽霊 たま
腕喰い 染雀
五光 米左

仲入り

応挙と幽霊の花魁 南鱗
備後屋敷 福笑

(敬称略)

落語に触れて早七年、ようやく行ってまいりました悲願の繁昌亭!長かった〜。

上方の社会人落語の先輩であります、満福亭ゆ乃月さんが毎年、SNSでこの会を紹介されてるのを見て、もし繁昌亭に伺うならこの会が良い!と思ってたのが漸く叶いました。ありがとうございます!

外観はこんな感じ。よく見ると入り口に幽霊がいますね。内装の写真は撮らなかったのですが、天井いっぱいに出資者の方の御名前が書いた提灯が並んでました。知り合いが中にいらっしゃると聞いてはいたのですが、残念ながら該当の提灯は見つからず。規模は一階だけで130名くらい。たぶん、二階席もあるから全体で200席くらいあるのかなぁ。内装の雰囲気は横浜にぎわい座が一番近いと思いました。僕は通路側の席に。

開口一番、たま師匠はショート落語からの新作(ですよね)に。幽霊と霊媒師のやりとりが楽しい。次は染雀師匠の「腕喰い」。今日の会は全て聞いた事のない噺、中でもこの噺はタイトル的に一番気になってましたが、たぶん、江戸で言う「団子坂奇談」に近い因縁噺。所作が綺麗なのに、おこもさんの演技が妙にリアルで大笑いしました。次が米左師匠の「五光」もとは米朝師匠だけがされてて、いまは米左師匠だけがされてる噺。当人が仰ってるとおり、難しく、分かりにくく、面白くない、のですが、何でしょう、不思議な余韻を残す噺で、もう一回聴きたいと思いました。

ここで仲入り。そうそう、こちらの寄席囃子を浴びるのも目的の一つで、以前、仲入りと仲入り後は江戸と上方で逆、と先輩から教えていただいていたのを思い出す。その時、こっち(江戸)では仲入り後はお囃子ない(クイツキの出囃子から始まるので)よなぁ、と思ってたのですが、漸く意味が分かりました。仲入り後に口上をする時、かかっていた曲が、上方では仲入り前にかかってました。(自分で書いててややこしい…)

仲入り後は南鱗先生、どこかで聞いた御名前かと思ったら社会人講談師の玉井亀鶴さんの日本橋亭での会で拝見した事がありました。独特のテンポ、でも聴かせる講談でした。最後、トリは福笑師匠、こちらはタイトルから想像するのに反して新作落語なのが意外でしたが、腹抱えて笑いました。失礼ながら初めて拝見した方ですが、こう、僕の思う上方の芸人さんイメージを体現してるような雰囲気の方でした。

高座のクライマックス、会場は暗転して幽霊登場!までは、そりゃ想定内ですが、その幽霊がこちらにやって来て、ああ!そこから先は言いたくない!身の毛もよだつ惨劇が!僕は(赤面で)悲鳴をあげてしまい…

で、何故か僕の手に、きんぴらコンニャク。

終演後、幽霊とパシャリ。

ゆ乃月さん!新たなトラウマをありがとう!うそうそ、超楽しい体験をありがとうございました。

小さな世界

昨日は

全生庵で、寺子屋の先輩、麻輪馬さんのお友達の方(発表会で私の事を覚えてくださってたそう。有り難し!)とばったりお会いしてご挨拶

そのあと清澄庭園の涼亭で東八拳の夕涼み会をしたのですが、その打ち上げの居酒屋で、深川民族資料館で落語会打ち上げ中の圓満師匠に偶然お会いして恐縮ながらご挨拶

更に、たまたまそちらに同席されてました圓満師匠のお客様が、先日、櫻川米七稽古場お浚い会でご一緒させていただきました藤間流の方と判明(と、言いますか私の姿を覚えて下さいました。お浚い会に出演はしてないのですが…)して驚きながらご挨拶

よっぽど僕の顔が覚えやすいのか、このテの世界が狭いのか…いずれにしても、悪い事ぁ出来ないナァ。

圓朝忌

お伺いするのは3回目。

前半は基本、法要なので毎年、読経の眠気と足の痺れに耐えながら、お焼香で熱い方に手を突っ込んで意識を取り戻してます。でも、僕は親戚縁者に縁遠いのでこういう事する事自体、まだ新鮮なんですよね。

法要が終わったら奉納落語。今年は金原亭馬生師匠で「安兵衛狐」でした。ほのぼのした感じで笑わせていただきました、が、今年は噺家さんの方もツボに入ったみたいで大笑いしてました。日頃、笑わせるのに長けてる人は、笑うのも華やかな気がします。

最後に外でお焚き上げを。流石に御堂の中で写真を撮る勇気はないですが、ここでは図々しくも何枚か撮らさせていただきました。

ミーハー写真館、いってみよ〜。

カメラを止めるな!

もー!昨日の感動を返してくれよ!

普段なら、映画の事を書くときは予告編の動画を貼り付けるのですが、この作品についてはそれすらしたくない。したくないくらいに前情報なしで行っていただきたい!

やられた!思ってたのと違う興奮と感動!思ってたのとは全然違うんだ!なんてこった!

万引き家族

近所の映画館では今日までだったので見に行きました。

すっかり忘れてた。夏の雨の埃っぽい匂い。下の歯が抜けたら屋根の上に投げる習慣。雪だるまの作り方。

安藤サクラの「(子供には母親が必要なんです、と言う台詞に対して)母親がそう思いたいだけだろ!」と言う叫びが胸に刺さる。血の繋がりが何を助けてくれるんだろう。

「そのほかの出演情報」更新

そのほかの出演情報

‪縁は異なもの味なもの、つまづく石も縁の端くれなんて言いますが、それにしても奇妙な縁があったもので。でこぼこな社会人落語家よったりが「でこぼこの会」を開催する事になりました。日付は10/14(日)、場所は、このブログでも何度か紹介させていただきました秋葉原の小料理屋やきもちを使わせて頂ける事に。15時開演です。

考えてみりゃ、デイケアと仔鹿寄席以外で会を仕切るのは随分と久しぶりになりました。しかも、まさかずっと座ってみたかったやきもちさんの高座になるとは。

限定35席です。皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げます。‬

高座ログ

日英バイリンガル落語会

久しぶりにバイリンガル落語会に出演。私は日本語で「粗忽の釘」をやりました。何とか笑ってもらったものの、出来は…自分としてはいまいち。でも、やってて楽しい噺なのでまた色んなところ変えながらまたチャレンジしたいです。

チャレンジと言えば、今日は下座さんがいらっしゃったので生出囃子でした…事を当日忘れて大慌てで太鼓を浚う。今日は「一番太鼓」「二番太鼓(締)」「仲入り(締)」、出囃子は「こんにちは赤ちゃん」「お江戸日本橋」「金比羅船船」「岸の柳」「鯉」「デビクロ」の太鼓をやらせていただきました。

打ち上げは勿論、日英混合で。だいぶ、英語落語教室の生徒さんの名前も覚え楽しい時間でした。今後とも、お会いしたら仲良くして下さいませ。