落語鑑賞覚書

池袋演芸場

二之席 昼の部

(途中入場)

掛け取り 歌奴
権兵衛狸 文楽
やかん工事中 圓歌
漫才 ロケット団
紀州 小袁治

お仲入り

おしの釣り たこ蔵
二階ぞめき 花緑
お血脈 扇辰
豊竹屋 正雀
曲独楽 紋之助
一眼国 正蔵

夜の部

反対俥 さん光
動物園 我太楼
漫才 おしどり
初天神 菊之丞
蔵前駕籠 金馬
親子酒 菊丸
寿獅子 太神楽社中
紙屑屋 一朝
高砂や 市馬
紙切り 正楽
締め込み さん喬

お仲入り

黄金の大黒 甚語楼
看板のピン 玉の輔
大神宮 小里ん
からぬけ 正朝
俗曲 小菊
お化け長屋 権太楼

(敬称略)

客入りの少ない寄席に一人で篭ってるのは、自宅から一歩も出ない事の次の次くらいに安全。メンタルの健康を考えりゃトータルで最善(笑)

高座ログ

都内某所デイケア

年末に饅丸さんのお誘いで、有り難くも1/2から人前で落語をやらせていただきました。私はトリで賑やかに「幇間腹」を。

会場への移動中に一都三県で緊急事態宣言の要請なんてニュースが流れたので、暫くはまた、人前でやる事はないのかなあ、と、内心思いながら、それでも笑って貰えたので嬉しかったです。開き直って肩の力を抜いた分、今までより少しお客さんの顔が見えて、コミュニケーションするかの様な不思議な気分でした。ありがとうございます。