落語鑑賞覚書

浅草演芸ホール 中席

昼の部

(途中入場)
曲独楽 紋之助
青菜 白酒

夜の部

平林 杏寿
狸鯉 小もん
洒落番頭 三朝
奇術 アサダ二世
グレコ奮闘記 ぐんま
つる 扇遊
ギター漫談 ぺぺ桜井
紀州 柳勢
野ざらし 百栄
紙切り 正楽
締め込み 小満ん

仲入り

都々逸親子 一九
顔の男 小ゑん
粋曲 小菊
猫と金魚 文菊
百面相 さん生
太神楽曲芸 仙三郎社中
純情日記・横浜編 わさび

(敬称略)

新二つ目・ぐんまさんの新作バックドロップのお祭り騒ぎの直後に、扇遊師匠がぐっと引き戻す「つる」の豪腕ぶり、からの新真打・柳勢師匠の古典バックドロップ!最高でした。文菊師匠の猫金は初めてでしたし、さん生師匠がお正月興業以外で百面相されるのも初めて。寄席は(良い意味で)定番な日もあれば(良い意味で)はちゃめちゃな日もある。一期一会だから油断できないし、離れられない。

「新作落語も、他の誰かがやったらそれは古典落語」と言うフリからの、純情日記・横浜編。わさび師匠バージョンを聴くのは初めてでしたが、暫く喬太郎師匠作だったのに気づけないくらいに、違和感なかったなあ。堪能しました。