2019年12月の振り返り

さて、正月シーズンは過ぎましたが改めまして新年あけましておめでとうございます。福来です。旧年中は沢山の仲間や、もっと沢山のお客様に盛り立てていただき、本当にありがとうございました。本年も仕事に趣味に(いや、ほんとによ。理不尽な事に仕事しないと遊べないの…)幅広くチャレンジしますので、何卒よろしくお願いします。って事で冬休み最終日にようやく去年12月の振り返りをば。

1.堀切亭のおはなし

堀切亭のおはなし

僕は巳年なので、執念深い方だと思ってます。だからもし、この後の人生で落語を続けられなくなっても、今の人間関係を続けられなくなっても、きっと死ぬまでしつこくしつこく、この日の事を思い出しては幸せな気分になってしまうのだ、きっと。

2.高座納め

高座納め

数年前から年間30席と言う目標を掲げてますが、こうやって記録する事で年々、増え続けているのが、ちょっと信じられないです。ひゃー。今年はネタ下ろし数はキープしつつ、敢えてネタ数を絞って1つ1つのレベルアップを測りたいと思います。

3.高座ログ

高座ログ

落語に比べて、無軌道に喋れるクイズコーナーの方が盛り上がってしまうワタクシ。演技する事に向いてない?と内心ちょっと落ち込んでしまってますが、利用者様が喜んでくれる顔が見れれば手段は何でも良いのです。

4.高座ログ

高座ログ

お誘い頂いた饅丸さんの「大安売り」も、初共演させて頂いたベイス亭きよしさんの「親子酒」も相当にレベル高くて刺激的な会でした。また今月もお誘い頂いたので楽しみです。

5.落語鑑賞覚書

落語鑑賞覚書

そう言えば、円菊一門会の覚書書き忘れてるわー(笑)正確に言えば、円菊一門会の後に活ハウスで洋服で踊ったり、そのあと浅草の貞千代で酔っ払ってグダグダの「熊の皮」をやったり、菊龍師匠の芝浜に感動したり、かっぽれ踊ったりをしてるので年越し直前まで地味に色々ありました。

貴方の好きな記事はありましたか?1月もよろしくお願いします。