「次の仔鹿寄席」更新

次の仔鹿寄席

2020年最初の仔鹿寄席は2/24(月祝)令和最初の天皇誕生日!…の振替休日(ズコー!)に、徳丸三凱亭にて開催します!

この会もどうにかこうにか4年目に突入しました。始めた頃は何にも分からずヨチヨチ歩きだった若手にも、そろそろトリをとっていただこうと言う事で、前回の加笑に続き、鹿鳴家小たけを主任に、初春に相応しくフレッシュに開催させて頂きます!ゲストは仔鹿寄席初登場!マジックの丘一平さんになります。

来年も皆さまの変わらぬご愛顧、心よりお願い申し上げます!

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 夜の部

狸札 扇ぽう
子褒め はな平
太神楽 勝丸
時蕎麦 燕路
宮戸川 喬之助
漫才 笑組
ぐつぐつ 小ゑん
棒鱈 扇遊

仲入り

粋曲 小菊
締め込み 菊太楼
紙切り 楽一
富久 志ん輔

(敬称略)

高座ログ

第12回仔鹿寄席


寿限無 あいむ
寄合酒 そこそこ
紫檀楼古木 河童

仲入り

猿後家 小たけ
踊り 福来
代書 加笑

台風で延期になった第12回仔鹿寄席でしたが、本日、またも雨天にも関わらず大勢のお客様にご来場いただき誠にありがとうございます。出演者全員、熱の入った高座をさせて頂き、最初から最後まで笑いの絶えない良い会になったと席亭ほっとしております。

次は来年2/24(月祝)を予定しております。引き続き仔鹿寄席をどうか何卒よろしくお願い申し上げます。

高座ログ

キャナリー落語発表会
於 お江戸両国亭

昨日はキャナリー落語発表会に沢山のご来場ありがとうございました。私は「黄金の大黒」をネタ下ろし。これが今年最後のネタ下ろしでしたが、思ったより笑って頂いてホッとしました。

実は、この日は龍馬師匠が講師を務めて下さる二つのクラスの発表会を昼夜連続開催でした。なので龍馬師匠のみ、二回出演されたのですが昼は「味噌蔵」、夜は「芝浜」を熱演されておりました。

次のネタも決めました。当初はスタンダードなネタ候補をきっちり考えてたのですが、日本酒を呑むと気が大きくなってしまい、全然候補になかったマイナーで誰得な夏ネタ(でも俺は大好き❤)を…あれー?

高座ログ

ミラクルライブ
於 活ハウス

活ハウス主催の参加型企画、ミラクルライブに出演してきました。10代から70代まで、出演者の年齢の幅が広い会でした。お客様また、共演者の皆様ありがとうございます。

私、40代の福来は「権兵衛狸」を演りました。地の文を中心にちょっとだけ自分の演出を加えてやってみたら、思ったより反応が良かったので、この方向性で遊びを広げてみたい。

落語鑑賞覚書

同期の秘め事
於 無何有

オープニングトーク
牛褒め 朝之助
片棒 花ごめ
仲入り
猫と金魚 志ん松
宿屋の富 始

(敬称略)

第50回目記念だそうで、これまでの足跡を振り返るオープニングトークがありました。
ちなみに私は通い始めて漸く5回目。スタンプカードが貯まったので朝之助さんの手拭いをいただきました。

追記 会場では気付きませんでしたが、出演者全員のサインが!思い出の手拭いになりました。ありがとうございます😊

2019年10月の振り返り

そろそろ今年も終わりが見えてきました。年末に向けて忘年会に落語会と「調整さん」大活躍の季節ですね。昨日、今年初の「文七元結」を聴いたのですが、どうして冬の噺ってドラマチックな大ネタばかりなんでしょーねー、と思いつつ10月の振り返りをば。

1. 【続・大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

【続・大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

【大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

【大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

この度は台風につき第12回仔鹿寄席が延期となってしまい、申し訳ございませんでした。延期後の日程は11月23日(土)の勤労感謝の日、場所は徳丸三佳亭となります。
また、来年春の第13回仔鹿寄席につきましても、そろそろ動き始めております。詳細が決まりましたら、このブログ等でお伝えしますので、お楽しみにしていただければ幸いです。

2.高座ログ

高座ログ

第3回、今年最後の珍來でした。たぶんこれからも年三回のゆるいペースで続けさせて頂きます。ゆるいっつーても次回2020年3月14日(土)の第4回珍來は私がトリのターンですし、マドンナ(ゲスト)も豪華ですし(まだナイショ♪)、勉強会らしい見ごたえのあるものにしたいと思ってますので、こちらもお楽しみにしていただければ。

3.きょうのできごと

きょうのできごと

珍しく、落語以外の事を書いてみたら、やっぱそれなりに反響がありまして。浮気性なので色んな事に手を出している私ですが、改めて落語の持つ江戸文化の入り口としての「間口の広さ」に驚嘆する反面、自分の高座の上での想像力・表現力に限界を感じて、だから実際に踊ってみたり鳴らしてみたりしてるのかもなあ、と思う日々です。才能ない奴なりに、もがいてます。

4.高座ログ

高座ログ

多摩川デイケア、今回、残念ながら体調不良で欠席された桂小前治くんが余りに凹んでたので、活ハウスのミラクルライブを紹介したら11/8に出演が決まったそうで。芸談好きで、歳の割に古風で頑固なところのある反面、江戸前のきっちりした落語をする若者ですので、ぜひ御贔屓いただきますよう宜しくお願い致します。

5.高座ログ

高座ログ

「権兵衛狸」、やってて一番ウケたところが「今こそ全てのニッポン国民に問います・・・狸はどうやって戸を叩く?」という、まあ、某N○Kから叱られそうなくすぐりだったのが我ながら情けない。ボーっと生きてます。でもまあ、これから色々と魔改造を施す予定ですので、良ければまた聴いてやって下さいな。

貴方の好きな記事はありましたか?来月も宜しくお願い致します。