高座ログ

落語寺子屋発表会

於 小島社会教育館

本日は落語寺子屋発表会に沢山のお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

私、福来は「権兵衛狸」を演らせていただきました。ほぼ全編、田舎言葉の噺は初体験ですし、その割には民話のような雰囲気を出せたつもりではいます、が、Funnyな面白さよりinterestingな面白さに偏り過ぎたので、もう少しくすぐり入れても良かったかもなあ。いじれる場所は幾らでもありますので、これからあちこちでかけながら自分らしさを入れていきたいと思います。

次のネタも決めました。ブラックジョークの雰囲気たっぷりな、冬の噺です。また遊びにいらしていただければ幸いです。

きょうのできごと

最近、このブログのアクセス数が伸び悩んでいる。理由は自分でも分かってて、ほぼ「落語会の告知」「落語会の報告」「寄席に行ったよ」の3パターンしか書いてないのでマンネリ化してるのだ。

このブログを始めた頃は、人前で落語をさせていただくなんて年間せいぜい5、6回で、しかもSNSをやめてたので映画見たら感想書いたり、どっか行ったら感想書いたり、好き勝手書いて物議を醸し出したり、誰かに喧嘩を売ったりと、バリエーションに富んでいた気がします。ですが、やがて出演機会が増え、益々寄席にもハマり、SNSを再開した事で落語以外の話題はそっちに書くようになり、結果、上記の3パターンだけでもブログが回せてしまっておりました。

まあ、前置きが長くなったのですが、今日は落語とあんまり関係ない事を久しぶりに書いてみようと思います。

今日は、会社を休みました(笑)いや、理由は幾つかあって、午前中は、そのうちの一つ運転免許証の更新に行ってきました。僕は全く運転してない優良ドライバーなので、本来の意味では持ってても仕方ないのだけど、未だにこれが身分証明書として機能してるので、手放すのも勿体無く…。

下谷の警察署で更新手続は無事に済んだのですが、僕の次に視力検査を受けたロマンスグレーのおじ様が見事に引っかかり、しかも「いま丁度、目薬やったばかりで瞳孔開いてるから一時的に見えてないだけ!」と言うよく分からない言い訳をかましてロマンスを台無しにしてました。

午後は浅草でイベントがあるのだけど、その前に時間が余ってたので浅草駅地下街の床屋に寄って散髪しました。そうそう、浅草駅地下街の紹介を。銀座線とエキミセに直結してるこの地下街は、日本最古とも言われてるカオスな場所で、居酒屋やステーキハウスやタイ料理屋やベトナム料理屋や立ち食い蕎麦屋や名刺の印刷所がひしめいているお気に入りスポット。

その一角にある床屋は、◯Bハウスは何のその、カット専門800円と言うリーズナブルなお店。実は10月1日に値上げして、その前は700円だったと言うから驚き。僕は今回、初めてでしたが、まったく問題なかったです。強いて言えば、髪を吸い取る掃除機みたいな奴の吸引力は、Q◯ハウスより遥かに強いです(笑)あれ、中身はダイ◯ンなんじゃないかなあ…。あと、私、普段は4ミリの丸刈りにしてるのですが、3ミリか5ミリしかないと言われてしまい、短い方の3ミリにしました。すぐ4ミリになるだろって事で。貧乏性〜。

で、それが済んだら本日のメインイベント、浅草公会堂大ホールで浅草おどりを見てきました。浅草おどりは「浅草花街の芸者衆、幇間衆が日頃磨いた踊りや演奏を披露する舞台」との事で、だいたい6〜7年に一回のペースで行うイベント。お世話になってる幇間さんも出演されると言う事で行って参りました。会場の1階では台東区の職人さんスペースで、銀細工から組紐から千社札(寄席文字の橘右之吉師匠のお店みたいです)から飴細工、扇などなど、2階では芸者関連の物販スペースで、僕はそこで可愛らしいオリジナルのポチ袋を買い、コーヒーを呑む。

会はとても華やかで、幇間衆は俄(にわか・素人芝居)で爆笑をさらってました。芸者さんの踊りは、新元号にちなんだ「初明令和寿」と言う厳かなものもありましたが、やっぱ賑々しい「さわぎ」とかの方が浅草っぽくて僕は好きだ。

こちら、明日10/26も正午開演と午後三時半開演の二公演、当日券も出てますので、気になる方は遊びにいらしては如何でしょうか。

高座ログ

多摩川デイケアにて落語会。今回でこっちも8回目になりました。続けられたのは、ひとえに利用者さんやスタッフさんの応援と、共演者さんのご協力があってのものです。今回は小鉄さんとバカボンさんに助けていただき、僕は来週の発表会に向けた直前稽古のつもりで「権兵衛狸」を。早口にならないよう、ならないようとしてても走るナァ。来週はもっと丁寧にやろう。

落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 中席 夜の部

寿限無 はい辰
金明竹 やなぎ
奇術 ダーク広和
宮戸川 喬之助
河豚鍋 菊丸
粋曲 小菊
狸賽 花緑
転宅 文蔵

仲入り

音曲漫才 ジキジキ
露出さん 百栄
紙切り 正楽
二階ぞめき 小平太

(敬称略)

「そのほかの出演情報」更新

そのほかの出演情報

席亭のすゞめさん以外にはダマで堀切亭に突貫したのは、あれは三年前の夏のこと。

感謝の言葉しかなく

最前列で綺羅星の如き出演者を憧れの眼差しで眺め、また、有り難くも打ち上げにお誘い頂き酩酊した事をよく覚えてます。あれから三年、色々な幸運が転がって、お仲間に入れて頂く機会に恵まれました。まだまだ取るに足らぬ若輩者ではございますが、一生懸命につとめたいと思います。

「センセイの話って、たいていの事は三年経つと何とかなっちゃうんですね(from千早ふる)」

「次の仔鹿寄席」更新

次の仔鹿寄席

先日の大型台風による痛ましい被害が連日、報道されております。皆さまお怪我はございませんでしょうか。延期となりました第12回仔鹿寄席の変更後の日程が決まりましたのでご案内いたします。

11月23日(土)13時開場 13時半開演
場所は徳丸三凱亭となります。

また、諸般の事情により出演者の一部が変更となります。

鹿鳴家ゑん側 → 鹿鳴家河童

暗い雰囲気を吹き飛ばすべく、一生懸命に努めます。皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げます。

高座ログ

第3回珍來

於 活ハウス

オープニングトーク どテ珍、福来
時そば 福来
逆に何歳? どテ珍
棒鱈 福来

仲入り

粋曲 恋妓
余芸 福来
たちきり どテ珍

本日は、お足元の悪い中、第3回珍来にお越しいただき誠にありがとうございました。オープニングトークは毎回、上がってから内容を決めるのですが、今回は池田に行った話を。僕は今回、3席だったのですが、そっちの感想は置いといて。

どテ珍さんの一席目は「逆に何歳?」。毎回、自作ネタを入れて下さり、この噺を聴くのは初めてだったのですが、相変わらず面白い視点で物語を作るなあ。詳しくは営業妨害なので言えませんが、テンポの良い会話に散りばめられたくすぐりも尖っててワンワンと会場を沸かせてました。

今回のマドンナ(ゲスト)の恋妓さん、立石落語会で一度お会いしたきりで、その時も思ったのですが、三味線半端なく上手い。特にじっくり聴かせると言うより、若さ溢れる畳みかけるような唄い方が絶妙で、また当人のトークの雰囲気も際立ってるから今日のお客さんのようにファンがつくのもよく分かります。

トリのどテ珍さんは今回、恋妓さんが粋曲の方と言うことで、ハメモノ入りの大ネタ「たちきり」を。前半の親族会議をくすぐりいっぱいで沸かせた後、後半はじっくりと聴かせる人情噺。所々で鼻をすする音が聞こえる程、お客さんが噺に没入されてました。サゲのハメモノのタイミングもバッチリで鳥肌。

で、私の方は「時そば」と「棒鱈」を。「時そば」は先日の台風の話を長めのマクラで語ったせいか、程よく笑っていただきました。「棒鱈」は、落語を始めたての頃に覚えて、その後はやっては挫折してお蔵入り、を繰り返してる噺でしたが、今回初めてどんな噺なのかをお客様に伝えられた手応えを少しだけ感じました。余芸は「茄子かぼ」と「かっぽれ」をやりました。

【続・大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

日頃、仔鹿寄席をご愛顧いただきありがとうございます。

大型台風19号について、最新の予測で12日(土)朝の時点で大雨、暴風のピークとなる事が明らかになった為、正式に開催を延期いたします。
楽しみにされていたお客様には申し訳ございませんが、何卒ご容赦いただきますようお願い致します。

延期後の日程については現在、調整中となります。決まり次第、当ブログで告知いたします。
引き続き仔鹿寄席を宜しくお願い致します。

【大切なお知らせ】10月12日(土)に開催予定の第12回仔鹿寄席について

日頃、仔鹿寄席をご愛顧いただきありがとうございます。

既に天気予報やニュース等で報道されておりますとおり、大型台風19号が12日(土)から13日(日)にかけて関東に接近するおそれがあります。

現在の予測では12日(土)の夕方から13日(日)の朝までが雨風のピークとなっており、上演時間とは重ならない見込みですが、当日、交通機関への影響が大きい、あるいは外出に危険を伴うと判断した場合、終演時間(16時予定)の繰り上げ、あるいは開催延期の可能性がございます。

開催延期の場合、遅くとも12日(土)朝8時には当ブログやツイッター、フェイスブックにて告知いたしますので、そちらをご確認いただくか、あるいはチラシに電話番号の記載がありますので、直接お問い合わせ頂きますよう、お願い申し上げます。