高座ログ

ラクゴを止めるな!3・大反省会
於 活ハウス

開会のご挨拶 きさ馬
六尺棒 さくら
風船長屋 ぶらら
かぼちゃ屋 福来
桃太郎 虎奴

仲入り

出演順じゃんけん きさ馬・ぶらら
苦しまぎれ(きさ馬Ver.) きさ馬
苦しまぎれ(ぶららVer.) ぶらら

元になったラク止め3はお客さんとして参加したのですが、反省会に誘っていただきました。きさ馬さん、ありがとうございました。

最初にきさ馬さんが今回の趣旨を簡潔にご説明されてました…が、時間が余ったのか出演者のプロフィールを語り出す。が、とてもフワフワした薄い内容でした(笑)

開口一番はさくらさん。小岩ではちょいと知られた落語女子ですが、自己紹介からスムーズに本編に導入されて、その本編もパキっと面白成分を抽出した語り。うわー、カッコいいわ。

二席目はぶららさんの自作落語。詳しい内容はネタバレになるので省略しますが、かなりシュールな絵面。この方、可愛さとどん引きの境界線を往復するダメ男の噺を作らせたら社会人落語界で十本の指に入る方だと思ってます(大絶賛)

僕を後回しにして虎奴さんの桃太郎。虎奴さんと共演するのはかなり久しぶりなのですが、相変わらずワンワン沸かせる。当人にお伝えしたのですが、ほぼ、本寸法から変えてないのにちょっとの言葉だったり間でこんなに印象が変わるのか、と勉強になりました。

仲入り後は、前回の三題噺リレー落語を元に一席に構成し直し、きさ馬さん→ぶららさんの順に披露。元は同じ噺なのですが、きさ馬さんは元の噺を割としっかり残し、ぶららさんは後半ガッツリ破壊する(笑)作り手によってここまで変わるのか、というくらいお二人の人柄がモロに出てました。

さて、僕の事を言う前に、今回、お客さんが少ないので外に呼び込みをしたら、女性が一人来て下さったのです。で、その方は「落語は全く知らない。テレビで見た方も無いが、友達から勧められてるので興味がある」というスタンス。なので、普段よりゆっくり丁寧に。分かりにくい言葉は使わず、炎天下の中、天秤棒を担ぐ与太郎の姿がどうにか共有できないだろうか?とか意識してやったら、何とか笑っていただきました。