高座ログ

先週末は落語2DAYSでした。

6/29 落語寺子屋発表会
於 台東区社会教育センター

第21回、7年目の寺子屋発表会でしたが、荒天にも関わらず100名近くのお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。
私は開口一番で「かぼちゃ屋」を演らせていただきました。まだまだ課題が多い出来ですが、お客様のお蔭で思ったより楽しくできました。この夏あちこちでかけてみたいと思います。

次の噺も決めました。2年ぶりの狸リベンジです!

6/30 第2回でこぼこの会
於 フリースペース無何有

ツンデレ指南 どテ珍
蒟蒻問答(English ver.) かかを
鰻の幇間 福来

仲入り

紙入れ ゆん卓
三枚起請 桃介

こちらもほぼ満席状態。前回は集客も課題でしたので、席亭ひとまずほっとしました。ありがとうございました。

プログラムには演目を書いてなかったので、この場を借りて紹介。どテ珍さんの「ツンデレ指南」は、落語芸術協会の二つ目さんであります春風亭吉好さんの創作落語なのですが、安定のどテ珍さんワールド(笑)最速で明るい雰囲気を作っていただきました。初参加、鹿鳴家かかをさんの「蒟蒻問答」は英語落語。前回のゆん卓さんに続き、「英語落語目当てでないお客様の前での英語落語」を奮闘していただきました。お経のA~B~C~、まだ耳に残ってます(笑)

僕は一旦除いて、ゆん卓さんの「紙入れ」。間男する女将さんが妙に艶めかしいのがお客様に伝わってて、爆笑の連続でしたね。あの色気はなんなんだ(笑)トリの桃介さんは実録マクラも含め圧巻の「三枚起請」でした。この人の喜瀬川花魁は紙入れと違った玄人の色気。狡猾で計算高く悪質でキュート(大絶賛してます)に、お客様を虜にしてました。またファンを増やしてるよ・・・。

僕の方はまあ、2週間前の珍來より落ち着いて出来たし、失敗したところや伝わってなさそうな言葉を直したせいか、前回より笑っていただいた気がします。長い噺は滅多にかけられないですが、チャンスがあれば、この夏のうちにもう1回チャレンジしたいと思います。

で、第3回の開催も決まりました。初回は秋、今回は夏なので次回は来年冬~春先の予定です。トリも初回はどテ珍さん、今回が桃介さんで次回は僕にお鉢が回ってきました。しかも何かネタ下ろしして、とのリクエスト。何やろうかなあ。