「そのほかの出演情報」更新

そのほかの出演情報

ラクゴを止めるな!の番外編でしょうか。前回、リレー三題噺を交互に奮戦された万年堂きさ馬さんと珍々亭ぶららさんが各々、一席の演目に仕立てて披露する会に、ゲストとしてお呼び頂きました。7/20(土)17時より活ハウスです。ありがとうございます。頑張ります!

8/2(土)の立石落語会にもお誘い頂きました。ありがとうございます。普段、共演させて頂いております、どテ珍さん、ぱんちさん、亀鶴さんも頻繁に出演されておられる会です。私も何度かお客さんとして参加いたしましたが、会場は安くて美味しく、楽しくベロベロになるには持ってこいの立石感溢れるお店です。お帰りのお客様の8割が千鳥足です。私は今回初出演、押したら良いのか引いたら良いのかまだ迷ってます。終わったらしこたま酔いたいと思います。

高座ログ

第2回 珍來

フリートーク どテ珍&福来
しっくすせんす どテ珍
熊の皮 福来
笠碁 どテ珍

仲入り

任侠流山動物園 すゞめ
権助選挙 どテ珍
鰻の幇間 福来

本日は、雨の中たくさんのご来場ありがとうございました。どテ珍さんとの第2回目の勉強会でした。ゲストに、福島から中家すゞめさんにお越しいただきました。

一席目、どテ珍さんの「しっくすせんす」、ものすごい勢いベーシックな八っつぁんとご隠居さんの会話から、じわじわと異世界に連れて行かれる感じが堪らない。これ、どテ珍さんサラッとやられてますが、けっこう難しい噺な気がする。

二席目、私の熊の皮、カミカミながらのスタート。意外にも自分の考えたくすぐりの幾つかに、古典のくすぐりと同じくらい笑って下さって嬉しくなりました。

仲入り前はどテ珍さんのネタ下ろしで笠碁、ネタ下ろしとは思えない安定感。先代馬生師ベースだそうですが、しっかりとご自身の雰囲気を乗せてらしてました。

仲入り後は今回のゲスト、すゞめさんの任侠流山動物園。なんとすゞめさんもネタ下ろしなのですが、それが驚くクオリティ。豚次、牛太郎、チャボ子の愛らしさは勿論、敵方のパン太郎親分と虎雄の迫力ある演技にグイグイ引き込まれてしまいました。お呼びして本当に良かったと思います。重ね重ね、ありがとうございます。

ヒザはどテ珍さんの3席目で権助選挙。よくこんな噺が思い浮かぶなあ。面白くてしかも、選挙に対する啓蒙落語的な要素もあり。

トリは私で鰻の幇間。今回、初めて古久堂、という亭号でしか出来ない、教室では教わってない噺をチャレンジしました。まあ、勉強会らしいでしょ。結果は、う〜ん。甘く見て30点くらい。粗の目立つ高座でした。アマチュア落語家さんには、毎月ネタ下ろしする方々もいるのに、非才な身が恥ずかしい。でも、恥をかいてでもやるのが勉強会の目的ですから、これも小さな進歩として捉えたいと思います。

第2回珍来は明日6/15!

とうとう明日!ここ暫く、発表会でも感じなかった「嫌ぁ〜な」緊張感と不安感(笑)これを久しぶりに体験できてるだけでも勉強会を始めて良かった!活ハウスにて14時開演です!1ドリンク付き500円です!よろしくお願い申し上げます!

高座ログ

南柏デイケア

大安売り とげ蔵
元禄女太陽伝 さんすけ

仲入り

強情灸 どテ珍
粗忽の釘 福来

とげ蔵さん、さんすけさん、どテ珍さんに助けていただき、こちらでは10回目の公演を無事、終わらせる事が出来ました。おじいちゃんおばあちゃんがメインの会は「面白かった」と言われるのも勿論めちゃめちゃ嬉しいですが、「分かりやすかった」と言われる事が肝心なので、大成功と言っていいかも。皆さん、ありがとうございました。てか、これから打ち上げで皆んなと呑んできます。ビール!ビール!

コンタクト

目が悪くなったの何時だったか覚えてないけど、中学に入った時には既にメガネくんだったと思う。メガネ率が高かったので実際に『メガネくん』と呼ばれた事はなかったけれども。

社会人落語を始めて最初の頃、当時の落語教室の師匠から「古典落語をやるなら、メガネは噺の邪魔になるから外した方がいい」というアドバイスをいただきました。当時から裸眼では袖から高座まで歩けないくらい目が悪い為、高座に上がってお辞儀するまではメガネ、あとは裸眼でやってました。

で、何年か経ったのち、同じ師匠から「コンタクトを付けて、お客さんの顔が見えた方がいい」と仰ったので、まあ素直な私は数年ぶりに1DAYコンタクトを買いました。それが4~5年前で、最初にコンタクトを付けて落語をした時の「お客さんの退屈そうな顔」は未だに良く覚えています(涙)正直、知りたくなかったなあ・・・怖くなっちゃったなあ・・・と思ったのですが、なんとか続けているうちに今では、お客さんの顔が見えないと逆に不安になってしまうくらい、ほぼ毎回つけて上がっています。ケチだから稽古の時には付けませんが(笑)

今日また、コンタクトを買いました。落語の時にしか着けてないので30枚入りの箱を両目1箱ずつを、なくなれば買い足す、という形で繰り返してますが、今回で3回目になります。1回目、30枚のコンタクトを使うのに3年かかりました。2回目は1年でなくなりました。高座数ニアイコール、コンタクトの消費量なので、これがどのくらいでなくなるか、今からちょっと楽しみです。

2019年5月の振り返り

無事に元号も令和に変わり、物騒な事件が立て続けに起こった5月も終わって、もう今年も上半期の最終月になりました。ニュースを見ても暗くなるばかりで、今月は穏やかであることを祈りつつ、振り返りをば。

1.自戒を込めて

自戒を込めて

この文章で一番僕が言いたいのは「寄席に行け」の一言に尽きる。
あとはいいよもう何でも(笑)楽しくやろうじゃーん。

2.高座ログ

高座ログ

キャナリー落語教室の発表会でした。今期からは文雀師匠に変わって金原亭龍馬師匠にお世話になります。次の根多は・・・まだ台本も書いてない。かんばろー。

3.落語鑑賞覚書

落語鑑賞覚書

こはるさん遭遇!の巻でした。先日、お伺いした立石落語会では志のぽんさんにお会いしましたし、ここのとこパタパタっと立川流の若手噺家さんにお会いするなあ。最初にお会いした落語教室の講師がたまたま落語協会所属だったので落語協会の寄席に偏ってしまうのですが、本来は団体も一門も関係なく面白い人は面白い。当分は好きなままでいるだろう趣味ですので、引き続き色んなところで楽しみたいと思います。

4.落語鑑賞覚書

落語鑑賞覚書

龍玉師匠の鰻の幇間、面白かったなあ・・・。あんなに強面な幇間が鰻屋にブチ切れてるのに、重くならないどころか可愛らしさすら出せるんです。プロってやっぱすごい。当たり前田のクラッカー。

5.高座ログ

高座ログ

江戸川台東寄席、継続の方向に行ってるようでよかったよかった。手前味噌ですが、生意気にも冒頭に初心者向け落語ガイダンスをさせていただきました。その際、面白さは二の次で、分かりやすさを意識してやってた(面白さは後の二人に託せばいいや、という甘えもありました。)ので、前半は学校の授業を聴くような退屈さで、お子様達もボンヤリ聴いてたのですが、一転、蕎麦を食べる仕草をした時のお子様達の食い入るような視線に、正直ちょっと快感を覚えてしまいました。この仕草は文雀師匠に教わったんです(ドヤ顔)

貴方の好きな記事はありましたか?6月も宜しくお願いいたします。