落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 下席 夜の部

からぬけ 八楽
熊の皮 志ん松
マジック アサダ二世
生徒の作文 駒治
浮世床・本 圓太郎
漫才 ホームラン
居候 藤兵衛
路地裏の伝説 喬太郎

お仲入り

ギター漫談 ぺぺ桜井
親子酒 文菊
紙切り 二楽
品川心中 菊太楼

(敬称略)

明日4/30は帰省の為、これが平成最後の寄席鑑賞でした。ゴールデンウィークだけあって、お客さんは超満員御礼。一時的には立ち見が出るほどの大賑わいでした。

もしかしたら知り合いがいるかなーとも思ったのですが、誰方も見つからず。ちょっと寂しくはありましたが、それでも、落語を知った当初からお世話になってる菊太楼師匠の高座をこんなにも大人数で体験するなんて、ちょっと感慨深い気持ちになりました。

勿論、令和最初の演る予定も観る予定も決まってますが、ひとまずは明日から実家で猫にまみれます(笑)4/30も寄席はやってますので、宜しければ平成最後の締めくくりに是非お出かけ下さいませ。

こんな僕ですが、引き続き令和でも宜しくお願い申し上げます。