落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 下席 昼の部

道灌 あられ
金明竹 馬久
太神楽 翁家社中
肥瓶 金也
ぐつぐつ 小ゑん
漫才 一風千風
壺算 馬治
堪忍袋 世之介
コント だるま食堂
歯ンデレラ 馬桜
化物使い 圓太郎

お仲入り

浪曲 ちとせ
浮世床・夢 扇遊
マジック アサダ二世
酔っ払い 馬生

大喜利〈高座舞〉

(敬称略)

開口一番、前座のあられくんは白酒師匠のお弟子さんなだけあって如何にも白酒師匠風味の道灌でした。翁家社中はご夫婦なだけあって息がぴったり、ネタの中に夫婦の会話っぽい掛け合いも増えてきて微笑ましい。小ゑん師匠は正蔵師匠の代演、ぐつぐつは久しぶりに拝聴しましたが実に名作だなあ。馬治師匠の壺算はスッキリとした雰囲気でカッコ良かったです。だるま食堂さんは…初めて拝見して余りのパンチ力の強さに若干、腰が引けたのですが、慣れてくると言葉のセンスとハーモニーが絶妙。圓太郎師匠の化物使いのご隠居の人使いの荒い感じ、見てて胃が痛くなるくらい真に迫ったものでした。トリは馬生師匠の飄々とした、でもしっかりと夫婦愛の伝わる酔っ払い(替り目の前半)でした。

高座舞とは、その名の通り寄席の高座の上で踊る出し物で、浅草演芸ホールの住吉踊りがかっぽれ、深川、奴さん等に対しこちらは黒田節、かんちろりん、さわぎ等、もっと日本舞踊寄り。今日、出演した人もそうでない人も含めて賑々しく総出演。前述のだるま食堂さんが着物に着替えたら全く違う雰囲気でびっくり。大人の女性ー!って感じ。一門の踊りの先生である浅茅師匠の流れるような動き、美しい…。誘ってくれた小駒くんや彦星くんも各々、踊りとツケで大活躍でした。

先日の鹿芝居もそうですが、金原亭馬生一門、落語以外に色々見れて楽しいです。