落語鑑賞覚書

つる子・音助二人会
ミュージックテイト西新宿

粗忽の釘 音助
ギター教室 つる子

仲入り

やかん つる子
棒鱈 音助

(敬称略)

えー、つい先日ある方に「どのくらいの頻度で寄席とか落語会に行ってるんですか?」と聞かれて「んー、月2、3回かな?」と答えた大嘘付きの福来です。大好きな二人会、いっとき毎回のように通ってましたが何かのタイミングで逃してから暫く間が空いてしまいました。

オープニングトークはいつも、お互いのネタ帳を交換して次回のネタを1つずつリクエストするのですが、最近ちょっと変わったらしく、リクエストは2つずつ、そのうちお客さんの挙手が多い方を次回かける事になりました。前回決まった(今回やる)リクエストが「ギター教室」と「棒鱈」今回決まったのが音助さんが「風呂敷」、つる子さんは「奥山病院忌憚」と言う、白鳥師匠作のお婆さんの幽霊が出てくる噺、でした。

余談ですが、この次回のネタ選びにお客さんも関わるって方式。聴きたい希望を叶えられて嬉しいと同時に、なんとなくリクエストに関わった責任感めいたものを生むので、割とリピーターを作りやすい「あざと良い」手法だと思う。思っていつつも抵抗出来ない(笑)

ギター教室は、つる子さんがお友達と作った新作落語だそう。何となく某アマチュア社会人落語家さんがチラチラ浮かぶ。いつかお会いしたい方の一人です。ある新婚夫婦のお互いへのサプライズが偶然生み出した物語、から美談要素を抜いた感じのドタバタ劇(笑)でした。面白いナァ。

棒鱈、全般的には勿論ウットリ。とは言え、やっぱ音助さんってスローペースじゃないのにのんびりしてると言うか、落ち着いてると言うか…いつも安心して聴けるのですが、それでもこの噺はちょっと緊張が見えたから、やっぱ難しい噺なんだなあと思った。思ったと同時に、また「赤ベロベロ」言いたくなった。今年どっかでかけよう。