カンパ

こういう事を書くと、どうせ嫌われるのは分かってる。いちおう先に言い訳をしておくと、別に他人様の社会人落語会がカンパをする事自体、邪魔はしない(払わないし貰わない、と言う形で否定はする)つもり。先日の専任のお茶子さんの件と同じ、自分の主催する会ではする気になれないナァと思うだけの話。

当然ながら、例えば病気の友人知人の助けとか、災害に対する義援金と言うような使途を明確にし、カンパ本来の意味である「困窮した人を助ける」カンパについては、とても尊敬できるし、少しでも力になりたいと思う。また、自分自身、時折、特にデイケア施設のような、ある意味企業相手の公演の場合、多少の交通費を頂く事もあるし、ごくごく稀にお客様からご祝儀袋を頂く機会があり、固辞はできない事もある。でも、こちらから金銭の支払いを求めた事は一度もない。

社会人落語は比較的、安い趣味だと思うけど、それでも回数を重ねれば馬鹿にならない金額になるのは分かってる。特に昨今は東西交流も盛んになり、交通費や宿泊費の負担はほかの趣味と変わらない。また、回数を重ねなければ上達をしないのも理解出来る。

その上で、費用負担が自身の裁量を超えるなら公演回数を減らして支出を抑えれば良いし、逆に上達する為の費用負担をお客様に求めるなら「あわよくばカンパ」なんて考えず最初から有料の会にすれば良い。演劇やバンドの世界ではとっくにそうしている。プロ、アマの領域云々もあるけど、個人的にはプロを騙って木戸銭を貰うのが言語道断なだけであって「アマチュアです。でも有料なんです」と説明を受けて納得したお客様がついてくるならそれで良いと思う。遠方から出演者をお呼びする負担も、無料と謳った会ではお客様に求めない方が良いと思う。

有料公演には踏み込めず、かと言って高座からお客様にしきりに使途不明のカンパ(善意)をねだる姿は、あんまり見てて良い気分はしない。立派な会場を借りて高座道具も一通り揃えて、地味でススケタ格好のお客さん(←大失言)の前には、綺麗な私服を着た出演者がカンパ箱を持って笑顔で立っている。実に不思議でカルトな構図だ。一体全体、どこが困窮しているのか。

昔から旦那芸って言葉がある通り、素人の芸事は浪費する方がまだ健全。「寝床」の大旦那が会場にカンパ箱を置いてるかっての。こちとら貧乏サラリーマンだし芸はセコだけど、心は錦。社員食堂で200円の蕎麦食ったって、お客さんの前では何処に出しても恥ずかしい、いっぱしの道楽モンだと見栄を張ってらい。

繰り返しになりますが、使途不明のカンパをさせたい主宰者の会に僕が出演しても、その邪魔をする気は一切ありません。僕には分からない色んな事情を抱えてる人に僕の意見を押し付ける気はさらさらないし、いちいち込み入った事情を知りたいとも思わないので。でも、自分の会では事情を知らないお客さんに勝手にそう思わせるような真似は絶対にしたくない。

まあ、半分は冗談でもう半分は単におちょくってるだけなので、あまり気になさらず自由に生きてください。ご意見無用。