落語鑑賞覚書

浅草演芸ホール 初席

(途中入場)

親子酒 菊丸

漫談 ペー

手紙無筆 小里ん

しん平

浮世節 橘之助

読書の時間 正蔵

仲入り

扇蔵

小三太

花緑

漫才 にゃん子・金魚

扇好

喬之助

仲入り

寿獅子 太神楽社中

たい平

龍馬

動物模写 小猫

福治

〆治

紙切り 正楽

三味線栗毛 菊之丞

味噌豆 伯楽

漫才 米粒写経

歌謡漫談 京ニ

百面相 馬の助

講談 琴柳

駒三

ジャグリング ストレート松浦

開帳の雪隠 扇里

勘定板 雲助

漫才 ホンキートンク

若圓歌

白酒

代書 権太楼

奇術 ダーク広和

小傳次

左龍

小さん

粋曲 小菊

天狗裁き さん喬

(敬称略)

ほんとは昨日行ったのですが、さん歩さんの記事を書いて力尽きたので(笑)見る方の落語初めです。

演目のないものは小噺や漫談、あとは名前が分からない、覚えてない等々…すみません…けっこう代演・出演順変更が多かったので、漏れてしまったらすみません…。

思い出すのも大変ですが、印象に残ったのは花緑師匠がまさかの新作。しかもビットコインネタ。喬之助師匠、時折寄席で拝見しますが、誤解を覚悟で言うと、私の知ってる二松亭落研OBの方々に通じる雰囲気があって好き。龍馬師匠はスペイン料理の小噺、菊之丞師匠は大河ドラマの宣伝をしつつ、でもこの寄席にいる人は当然、見れない(笑)京ニ先生の歌謡漫談、御年83歳ならではの達者ぶり。扇里師匠の開帳の雪隠、演目は知ってましたが生で見るのは初めてでした…からの勘定板、おいおい。白酒師匠の猿の小噺、如何にも小馬鹿にしてる感じがもう、もう(笑)左龍師匠は英語の親子の小噺。さん喬師匠の天狗裁きは、高尾の天狗ではなく鞍馬の天狗で、胡散臭い京言葉全開がサイコー!でした。

これでここ数日間の書きたい事は終了!暫くは大人しく過ごします…。