落語鑑賞覚書

鈴本演芸場 昼席

牛褒め さん光
奇術 夢葉
無精床 小駒
熊の皮 文菊
音楽 のだゆき
時蕎麦 小燕枝
初天神 喬之助
ジャグリング ストレート松浦
片棒 一朝

仲入り

漫才 青空 一風・千風
漫談 馬風
まぬけ泥 燕路
粋曲 小菊
夜鷹そば屋 雲助

(敬称略)

今日は前々から約束してた小駒くんに二つ目昇進のご祝儀をお渡しに。以前、落語会の打ち上げでご一緒させていただいたのと、うちが近所な縁もあり。お返しに手ぬぐいを貰ってしまった。無精床も明るくて良かったなぁ。演る人によっては痛い(物理的に)のよね、アレ。

文菊師匠の「隠せない品格」のマクラはだんだん癖になって来るナァ。女性が上手い師匠なので女将さんのキャラが際立ってました。

のだゆきさん、今日も尖ってだなあ。寄席芸人さんの中で、一番変人なのはあの人ではなかろうか、とこっそり思ってます。でも好き。

一朝師匠の片棒は次男まで。で、その次男をたっぷりと。つい先日、諸事情で祭囃子をちょっとだけ触れさせて貰っただけで、台詞の中に「屋台」「昇殿」「鎌倉」なんて単語やテレツクテンテンを聴くと一人腹抱えて笑ってました。我ながら、みーちゃんはーちゃんだなあ(笑)

本日代バネの雲助師匠は「夜鷹そば屋」。以前、菊生師匠でその噺の元になった「ラーメン屋」を聴いてたのを思い出しましたが、筋が分かっててもウルウルしますね。