落語鑑賞覚書

黒門亭 第二部

道灌 与いち
シングルデブ ぽんぽ娘
七五三 文雀

仲入り

天狗裁き 木久蔵
にらみ返し 一九

(敬称略)

さて、恒例の(笑)自分の出番前日にやりがちな現実逃避コーナーです!学生時代から、期末試験の前日はゲーセンに篭ったなぁ。

ぽんぽ娘さんは上方からいらした女流噺家さんで、先日、共演させていただいた小粋さんが仕切りにオススメしているのをSNSで見かけて気になってたのです。で、初対面ですが、キラキラした美声に毒がありつつと優しいストーリーと、非凡な方だなあと思いました。噂のピンク落語はきっともっとアレだと思いますので、今度はそちらに行ってみようかと。

文雀師匠は明日、発表会でお会いします(笑)また全く聴いた事の噺でした。元々は金馬師匠が持ってらしたのですが今はやり手がないそうです。狂歌が出てくる噺は「紫檀楼古木」「掛取万歳」を聴いた事がありますが、狂歌にはこう言う機能もあるのかと面白く勉強になりました。

木久蔵師匠は…何だろう、うまく言えないですが、お父さんの木久扇師匠がかなり常識的に感じるくらいにぶっ飛んだ方でした。それが天狗裁きのような荒唐無稽な噺にぴったり合ったかんじです。

一九師匠は年末に相応しい大晦日の噺。あの噺は表情で魅せるんだと思うのですが、流石の「睨み」にお客さんがぐっと引き寄せられてるのを感じました。私は夏の噺より冬の噺の方が好きな噺が多いのですが、これからどんどん素晴らしい高座が見れると思うと楽しみです!