落語鑑賞覚書

桂文珍独演会
於 よみうりホール

時うどん 三四郎
世帯念仏 文珍
二人癖 福矢
持参金 文珍

仲入り

地獄八景亡者戯 文珍

(敬称略)

昨夜(というより今日未明)、落語好きの友人から、その友人の友人が行けないので良ければ、という事で落語会のチケットを譲っていただきました。文珍師匠、亡くなった叔父が好きだった(ただ、生前中はそんな話を叔父とした覚えがない)ようなのですが、私自身は生で拝見した事がなく、せっかくの機会という事で有り難くお受けしました。

三席とも、とても面白かったです。CDやテレビでは拝見した事が何度かあるのですが、これでもかっ!ってくらいにニュースを取り込みますね。沢田研二に始まって、ゾゾタウン、消費税増税、逃亡犯、不倫問題…アンテナの広さも勿論、入れ込み方のセンスも流石でした。

殆ど情報のないままお伺いしたので、トリネタは何だろう?と楽しみにしてたら地獄八景亡者戯。今回は前半のみ(フルサイズだと90分越えだそうです)でしたが、ずっと生で聴きたかったネタなので大興奮しっぱなし。今年は、上方落語関係に対する運の引きの強さが半端ないナァ。

ありがとうございました!