ロースコアボーイ(中学生編)

昨日、衝動のまま書いてみたロースコアボーイ(小学生編)ですが、今のところ当然のごとく何の反響もなく(笑)、管理人ほくそ笑んでます。このまま自嘲的に気持ちよく中学生編に進むのですが、流石に無軌道に書くのも性に合わないのでここで全体構成を。

そんなに長くやろうと思ってません。いま考えている構成としてはせいぜい、小学生編、中学生編、高校生編、大学生コンシューマー編、大学生アーケード編、社会人~現代編、の6部作くらいかと。長えよ。

さて、

茨城に移住して小学校から中学校に上がる頃、ゲームボーイとスーパーファミコンが立て続けに登場。特にスーファミのパキッとした華やかな彩色、ポップな音楽・・・は今だとそれなりにチープな味わいがあるのでしょうけど、ファミコンからの超進化は当時の僕にとって衝撃的だったと覚えてます。が、このスーファミ、うちに導入されるまでにはけっこう間がありました。と、言うのも勉強時間にこっそりゲームボーイをやってるのが親にバレ、それなりに勉強にうるさい教育方針だったので「学年で三位以内に入らないと買ってあげない。それが嫌なら自腹で買え」という重い制約が課せられていたのです・・・

その後、どう頑張っても三位以内にはなれず、結局我慢できずにお小遣いとお年玉をはたいて自腹で購入したのですが、何故か直後の期末試験で三位にイン。当時は子供心に厳しい条件を課した親と運の悪い自分を恨んだものですが、今考えると自腹といっても自分で稼いだ金では無い訳で、被扶養家族が何をぬかしやがるって感じです。

どうにか手に入ったスーファミと一緒に買ったソフトは「プリンス・オブ・ペルシャ」・・・変な子だったのかねえ。いやいや、これには明確な理由があって、確かその時、兄貴が高校生で、その高校の文化祭に遊びに行った時にパソコン部?の展示ブースにPC版のソフトがあって、主人公の動きのクネクネ感の虜になったという・・・やっぱ変な奴だな。

当時、思い出に残ったソフトは、自分が買ったのはゲームボーイだとSaga2、スーパーマリオランド、悪魔城ドラキュラなど、スーファミだとスーパーマリオワールド、マリオカート、がんばれ五右衛門、聖剣伝説2・3、ゼルダの伝説、真・女神転生くらいか。当時は軟式テニス部と空手道場、あと文化放送のラジオドラマに夢中になっており、そんなにゲームやってる時間がなかった気がします。

友達のうちで遊んでやたら印象に残っているのは、サウンドノベルの元祖「弟切草」かな。あまりの怖さに友達のうちからの帰り道は半べそで自転車こいでました。あ、そういえば続編の「かまいたちの夜」は自分で買ったっけ。あれも面白かったなー。そこから安孫子武丸さんの小説にハマりミステリ趣味へと向かうのだけど、ここでは割愛。それとやっぱり「ストリートファイターII」ことストII。当時はゲームセンターに行けなかった(不良うんうんより、田舎過ぎた)ので、スーファミ版から入ったのでした。当時は、リーチの長さとコマンドの容易さでダルシム使いでした。やがてそれは高校生になってゲーセン狂いする火種になっているのですが、それはまた今度。

ロースコアボーイ(小学生編)

いま、テレビで「ハイスコアガール」というアニメが放映されています。80年代から90年代にかけてのゲーム業界、特にゲームセンター(ゲーセン)を中心にした、戦いありラブコメありの青春譚なのですが、ちょうど年代が重なる事もあり、見事にどハマりしてます。でまあ、毎回毎回「あぁ…」とか「おぉ…」とかノスタルジックに溜息をついているのもいい加減しんどくなり、このブログを借りて私の個人的なゲーム体験を何回かに分けて書き連ねてみたいと思います。てのもさー、最近、寄席にもいけてないから書く事ないしさー。ただし、当時から今まで一貫してゲームは下手です。また、ハイスコアガールとちがって女子要素ゼロです。おまけに、大半は自分語りなので僕以外はつまらないと思います。その際は、ブラウザをそっと閉じてくださいませませ。

さて、

自分にとっての最初期のコンピュータゲーム体験は葛飾区立石に住んでいた保育園の頃か、もしくは小学校に入りたての頃に買ってもらった「ゲームウォッチ」だったと思います。白黒の液晶で、いまの携帯ゲームより小型でしたが、一種類のゲームしか入ってないものでした。スペースコブラと、あとタイトルは忘れましたが、車を避けながら道路を横断するゲームだったと思います。僕は何処にでも持ち歩いてたので、既にゲーム好きの片鱗が見えますね。

小学校低学年、東京から茨城に引っ越してくるあたりに初代ファミリーコンピュータ、ファミコンが登場しました。最初に買って貰ったソフトは多分、スーパーマリオブラザースだったと思います。周りと比べてそんなに遅くなかったと思うので、当時の親も奮発したのだろうなあ。多くのご家庭と同じように「ゲームは一日一時間!」って高橋名人ルールだったのですが、明日我慢するから今日二時間やっていい?と交渉する嫌な子供でした。

思い出に残ってるソフトは、持ってたのはクルクルランド、スターソルジャー、ドラクエ2、ポートピア連続殺人事件、グーニーズ、女神転生2など、友達のうちでやったのはワギャンランド、ボンバーマン、桃鉄など。人気がありすぎてカツアゲが横行したドラクエ3は残念ながら買って貰えず、友達の後ろで見てるだけでした。でも、パーティの一人に僕の本名(4文字平仮名表記なので「ようへえ」)をつけて貰って、それだけでも楽しかった気がします。「たいすけ」君、ありがとう😊

高座ログ

於 八丁堀の敬老館

亀鶴 天保水滸伝より「平手の駆け付け」
福来 「家見舞」〜「熊の皮」

亀鶴さんにお誘いいただき、八丁堀にて二人会…と書くとドキドキしますね。キャリアが雲泥の差なので…でも、亀・鶴・福・来、って如何にもおめでたい字面よのう…でした。通常は一時間枠を三十分ずつ一席ずつ、と言う番組構成なのだそうですが、僕は長尺のネタを殆ど持たないので無理言って短いネタ二つを連続、という形でやらせていただきました。ワガママ放題な後輩ですみません…。

終演後、楽屋に向かう途中でお客様が「面白かった」とおっしゃって下さって舞い上がる。言われ慣れてないもんなあ。楽しい時間をありがとうございました😊

おめでとうございます!

林家たこ蔵師匠、真打昇進おめでとうございます㊗️

正蔵師匠のご挨拶を始め、一門の方々の暖かさを感じる素敵な披露パーティーでございました。余興も獅子舞ありーの太神楽ありーので賑々しく。

しっかし、大きな声じゃ言えませんが
、大阪遠征は兎も角、立て続けのご祝儀でスッキリサッパリにスッカラカンです。予想通りではあるのですが…。

高座ログ

多摩川デイケア

初天神 福姫
芋俵 河童
家見舞 福来
宗論 小鉄

こちらも今回で五回目。毎度有り難い限りです。今回、なんと利用者の方々が僕らのメクリを沢山書いてくださった。綺麗な字もあればヘンテコ(失礼)な字もあって、でも凄い手間がかがってまして、やはり、皆さまの娯楽であるべきはずの僕らが、未だ人生の先輩方に遊んでもらっている気がしてならないです。なかなか腕前がついてこれず恐縮ですが、これからも一生懸命頑張りたいと思います。

今年の散財

今日は湯島天神で落語協会のファン感謝デー、謝楽祭でした。

去年も午前中で引き揚げましたが、今年も午後は多摩川デイケア落語会があったので長く滞在出来ず、従ってそうそう金を遣う事はなかろうと…思っていた時期もありました(遠い目)

まずは、福扇を買う列に並んでる時に買った、震災復興富籤。売り上げは全て被災地に募金されるそうです。何やら当たりそうな番号が書いてますが、実はこれは柄。籤の下に本当の番号が書いてあります。午後、結果発表があった筈ですが、立ち会えなかったので当たったかどうかは未確認。

今年の福扇は小三治師匠の筆によるものでした。福引で池袋演芸場の招待券をゲット。

菊太楼師匠が珍しく(笑)ブースで胡散臭い道具屋を開いてましたので、志ん生師匠からの手紙(写真葉書3枚+千社札シールのセット。そのうち写真1枚は、自宅の宛先を書くと、志ん生師匠宅の住所が書いた判子がついた葉書として届くと言うもの)、と、志ん生師匠の娘さんが書いた本(古本)を。オマケに志ん駒師匠と右朝師匠の手拭いを付けて下さった。

買わなかったけど、お弟子さんの菊一くんが動かなくなった古い腕時計を仕切りに勧めてきた。「この腕時計、動いてた時も、、、あったんでございます。ほら針も全部揃ってます」バカヤロ(笑)

先日、顔見知りになった小駒くんが出囃子リクエストコーナーで太鼓を叩いてるという事でした(暗くて分かりにくいですが、写真の左奥にいます)ので、それを見に行ったついでにお手製のソーイングセットを。とても可愛らしい上に実用的!

でた…正直これはやり過ぎた。去年も揃いの浴衣の反物を買ったのに、今年も…まあ、浴衣は比較的着る機会が増えてきたのと、何故か去年の半額以下の値段だったんで、つい。でも、去年は白地でしたが今年は紺地!全然違う!

以上。あはは。でも、意外に本気で使い途のないものは買ってなかったりする。

最後に、菊龍師匠のところで冷たいトコロテンを食べて、デイケアに向かいました。

演劇鑑賞

Cornelius Cock Blue(s)
一発かましたれ!ツアー2018
第15回公演
これぞ真夏の青い春

於 南阿佐ヶ谷ひつじ座

どテ珍さん経由でお知り合いになりました女優さんが出演されると言う事で行って参りました。3月に下北沢駅前劇場にあずきさんの会に行った後だから、約半年ぶり。

脚本は現役のお笑い芸人さんであるマスダヒロユキさん。色んな運命に振り回される若手お笑いコンビと、彼らを取り囲む多種多様な人々の群像劇なのですが、いや、面白かったです。ちょうと昨日、立石落語会で松竹の若手お笑いコンビ(の卵?)の奮闘を拝見したので、お笑いに生きる若者の情熱、売れる事の難しさ、売れてからの情熱の変化がよりストレートに伝わって胸が熱くなりました。

千穐楽だった事もあり、カーテンコールは客席、演者ともに感動の嵐。こういうのは、やっぱりちょっと演劇の世界が羨ましいと思う。終演後、感激で涙が出るくらい落語の稽古をした事が果たしてあるだろうか…(いや、そこはやれよ)