落語鑑賞覚書

真打昇進襲名披露興行

鈴本演芸場 夜席

たらちね 花ごめ
奇術 アサダ二世
紙入れ 玉の輔
河豚鍋 菊千代
漫才 ホームラン
権兵衛狸 文楽
時そば 菊丸
太神楽曲芸 翁家社中
漫談 馬風

仲入り

口上 (左から)玉の輔、文楽、駒子、菊千代、馬風、市馬
浮世節 橘之助
芋俵 市馬
漫談 歌之介
紙切り 正楽
甲府い 駒子

(敬称略)

駒子師匠、おめでとうございます㊗️
ようやく書けました。

今日はキャナリーの講師をされております古今亭ちよりん改め古今亭駒子師匠の初日と言う事で、ケアサービス帰りに鈴本に寄って参りました。

まー、口上の時点で客席から啜り泣きは聞こえるわ、拍手は止まらず進行が進まないわ、何故か全ての出囃子に手拍子を挟む人はいるわ(笑)非常に温かい雰囲気の披露興行。

トリの駒子師匠の出番も、登場前から拍手が鳴り止まず。何という曲か存じ上げません(つーか拍手で聞こえない 笑)が、出囃子変えられたような気がします。開口一番、「皆さん、緊張をほぐす為に一緒に深呼吸をしましょう!」でお客様の気持ちを引っ張りこんでからの「甲府い」でした。個人的な感想を言えば、この噺そのものを最初に知ったのは数年前、東十条のもんじゃ焼き屋さんでの落語会、当時ちよりんさんの高座でした。あれから数年、駒子師匠の誠実で真面目な人柄そのもののような「甲府い」が寄席のトリで聴けて本当に良かったと思います。ありがとうございます。

追記 キャナリーの皆様へ。
皆さんでお贈りした羽織は高座の中でも一番目立つ所に堂々と飾ってありました。嘘だと思う?それなら是非、寄席にお越しくださいませ(笑)