ロースコアボーイ(大学生アーケード編)

大学時代、奨学金も貰ってた上に親の仕送りがあったので、慎ましく暮らすには足りていのだろうけど、どっこい遊び盛りの大学生、何かバイトを始める事に。

最初のバイトは憧れだった(華やかそうに見えたのだ)飲食店のウェイター。水戸では結構高級な中華料理店に採用されたが、持ち前のドジっ子気質で常連のおばさまの毛皮のコートにウーロン茶10杯分ぶっかけてクビになる。途方に暮れてた時に見つけたのは、水戸の繁華街、大工町ゲームセンターのバイト募集だった。

そこでも何とか採用されたのは良いけど、当時は店長とフリーターの先輩と僕の三人体制。学生という事で配慮してもらってたと今では思うが、それでもかなりシフトを割り当てられてたと思う。特に冬場の朝番は手足がかじかんでしんどかったのを覚えてる。

多分、ハイスコアガールの原作者は僕より二歳下くらいだろうなあ。バイト当時は格闘ゲーム全盛期。バイト先でも毎月トーナメントを開いてました。確かストリートファイターZEROシリーズとかKOFシリーズが多かったと思う。僕は裏方が好きだったのでトーナメント表を作ったり告知ポスターを作ったりするのは嬉々としてやってたが、時折、トーナメントの司会を任されたのが陰鬱。技名が覚えられない、アドリブが効かない、声が小さいの三重苦でワタワタしてたところ、見兼ねた先輩が交代してくれたりしてました。その司会交代劇もまた盛り上がったりね。

色んなお客さんがいたなあ。単位計算だけはやたら得意な学校サボりの高校生は沢山いたし、繁華街だったので酔っ払いも多かった。「があああああ!」と雄叫びを上げながら店の自転車を持ち上げる酔っ払いにはビビったけど、直ぐ「あああああ」と言いながらスンナリと自転車を下ろした時には笑った。

格闘ゲーム以外では音ゲーが流行り出した頃でした。ビートマニアとかポップンミュージックとかダンスダンスレボリューションとか。何となく、プレイヤー層も所謂ゲームヲタク以外の人も多かったと思う。趣味でDJやってた友達が「あんなの全然DJプレイと関係無いよ」と言ってたのを覚えている。

就職活動の為、大学4年になった時点でゲーセンのバイトを辞めた。本当は、正社員になれるならそこに採用してもらおうと思うくらいに楽しかった。実際にゲーセン業界も何社がか応募したけど、殆どがパチンコ屋の店員募集だったので諦めて今の会社に入った。