ロースコアボーイ(中学生編)

昨日、衝動のまま書いてみたロースコアボーイ(小学生編)ですが、今のところ当然のごとく何の反響もなく(笑)、管理人ほくそ笑んでます。このまま自嘲的に気持ちよく中学生編に進むのですが、流石に無軌道に書くのも性に合わないのでここで全体構成を。

そんなに長くやろうと思ってません。いま考えている構成としてはせいぜい、小学生編、中学生編、高校生編、大学生コンシューマー編、大学生アーケード編、社会人~現代編、の6部作くらいかと。長えよ。

さて、

茨城に移住して小学校から中学校に上がる頃、ゲームボーイとスーパーファミコンが立て続けに登場。特にスーファミのパキッとした華やかな彩色、ポップな音楽・・・は今だとそれなりにチープな味わいがあるのでしょうけど、ファミコンからの超進化は当時の僕にとって衝撃的だったと覚えてます。が、このスーファミ、うちに導入されるまでにはけっこう間がありました。と、言うのも勉強時間にこっそりゲームボーイをやってるのが親にバレ、それなりに勉強にうるさい教育方針だったので「学年で三位以内に入らないと買ってあげない。それが嫌なら自腹で買え」という重い制約が課せられていたのです・・・

その後、どう頑張っても三位以内にはなれず、結局我慢できずにお小遣いとお年玉をはたいて自腹で購入したのですが、何故か直後の期末試験で三位にイン。当時は子供心に厳しい条件を課した親と運の悪い自分を恨んだものですが、今考えると自腹といっても自分で稼いだ金では無い訳で、被扶養家族が何をぬかしやがるって感じです。

どうにか手に入ったスーファミと一緒に買ったソフトは「プリンス・オブ・ペルシャ」・・・変な子だったのかねえ。いやいや、これには明確な理由があって、確かその時、兄貴が高校生で、その高校の文化祭に遊びに行った時にパソコン部?の展示ブースにPC版のソフトがあって、主人公の動きのクネクネ感の虜になったという・・・やっぱ変な奴だな。

当時、思い出に残ったソフトは、自分が買ったのはゲームボーイだとSaga2、スーパーマリオランド、悪魔城ドラキュラなど、スーファミだとスーパーマリオワールド、マリオカート、がんばれ五右衛門、聖剣伝説2・3、ゼルダの伝説、真・女神転生くらいか。当時は軟式テニス部と空手道場、あと文化放送のラジオドラマに夢中になっており、そんなにゲームやってる時間がなかった気がします。

友達のうちで遊んでやたら印象に残っているのは、サウンドノベルの元祖「弟切草」かな。あまりの怖さに友達のうちからの帰り道は半べそで自転車こいでました。あ、そういえば続編の「かまいたちの夜」は自分で買ったっけ。あれも面白かったなー。そこから安孫子武丸さんの小説にハマりミステリ趣味へと向かうのだけど、ここでは割愛。それとやっぱり「ストリートファイターII」ことストII。当時はゲームセンターに行けなかった(不良うんうんより、田舎過ぎた)ので、スーファミ版から入ったのでした。当時は、リーチの長さとコマンドの容易さでダルシム使いでした。やがてそれは高校生になってゲーセン狂いする火種になっているのですが、それはまた今度。