ロースコアボーイ(小学生編)

いま、テレビで「ハイスコアガール」というアニメが放映されています。80年代から90年代にかけてのゲーム業界、特にゲームセンター(ゲーセン)を中心にした、戦いありラブコメありの青春譚なのですが、ちょうど年代が重なる事もあり、見事にどハマりしてます。でまあ、毎回毎回「あぁ…」とか「おぉ…」とかノスタルジックに溜息をついているのもいい加減しんどくなり、このブログを借りて私の個人的なゲーム体験を何回かに分けて書き連ねてみたいと思います。てのもさー、最近、寄席にもいけてないから書く事ないしさー。ただし、当時から今まで一貫してゲームは下手です。また、ハイスコアガールとちがって女子要素ゼロです。おまけに、大半は自分語りなので僕以外はつまらないと思います。その際は、ブラウザをそっと閉じてくださいませませ。

さて、

自分にとっての最初期のコンピュータゲーム体験は葛飾区立石に住んでいた保育園の頃か、もしくは小学校に入りたての頃に買ってもらった「ゲームウォッチ」だったと思います。白黒の液晶で、いまの携帯ゲームより小型でしたが、一種類のゲームしか入ってないものでした。スペースコブラと、あとタイトルは忘れましたが、車を避けながら道路を横断するゲームだったと思います。僕は何処にでも持ち歩いてたので、既にゲーム好きの片鱗が見えますね。

小学校低学年、東京から茨城に引っ越してくるあたりに初代ファミリーコンピュータ、ファミコンが登場しました。最初に買って貰ったソフトは多分、スーパーマリオブラザースだったと思います。周りと比べてそんなに遅くなかったと思うので、当時の親も奮発したのだろうなあ。多くのご家庭と同じように「ゲームは一日一時間!」って高橋名人ルールだったのですが、明日我慢するから今日二時間やっていい?と交渉する嫌な子供でした。

思い出に残ってるソフトは、持ってたのはクルクルランド、スターソルジャー、ドラクエ2、ポートピア連続殺人事件、グーニーズ、女神転生2など、友達のうちでやったのはワギャンランド、ボンバーマン、桃鉄など。人気がありすぎてカツアゲが横行したドラクエ3は残念ながら買って貰えず、友達の後ろで見てるだけでした。でも、パーティの一人に僕の本名(4文字平仮名表記なので「ようへえ」)をつけて貰って、それだけでも楽しかった気がします。「たいすけ」君、ありがとう😊