高座ログ

於 八丁堀の敬老館

亀鶴 天保水滸伝より「平手の駆け付け」
福来 「家見舞」〜「熊の皮」

亀鶴さんにお誘いいただき、八丁堀にて二人会…と書くとドキドキしますね。キャリアが雲泥の差なので…でも、亀・鶴・福・来、って如何にもおめでたい字面よのう…でした。通常は一時間枠を三十分ずつ一席ずつ、と言う番組構成なのだそうですが、僕は長尺のネタを殆ど持たないので無理言って短いネタ二つを連続、という形でやらせていただきました。ワガママ放題な後輩ですみません…。

終演後、楽屋に向かう途中でお客様が「面白かった」とおっしゃって下さって舞い上がる。言われ慣れてないもんなあ。楽しい時間をありがとうございました😊