2018年8月の振り返り

今年は「平成最後の夏」なんてキャッチフレーズが飛び交ってましたね。そうでなくてもヘンテコな天気が多かったですし、何となく数年経っても記憶に残りそうな夏を過ごされた方が多いのではないでしょうか。僕ですか?僕は全然語りたりねーよ!って感じにいつもより文章多めに振り返りをば。

1.亭号が多過ぎる

亭号が多過ぎる

いやいやいや、どう考えても今月は大阪遠征で1、2フィニッシュでしょう!?と、書いた当人も思ったのですが、何故かこんな事に。じ、地味すぎる。しかも今月最後に書いた記事だし。一体どこが読者の皆様にハマったのか。

地味ついでに補足しますと、「鹿鳴家」はキャナリーの、「寺子屋」は落語寺子屋の生徒として活動する際の亭号。「古久堂」は特に落語教室の活動とは無関係(なので両方で習った持ち根多をかけられる)な活動をする際の亭号。「菊廼家」は東八拳の拳名として。

てな感じに使い分けてますが、ホントの事言いますと、南柏や多摩川のデイケアで御挨拶させていただいた時、まだ「寺子屋」も「古久堂」も名乗っておらず、結局、今は寺子屋で習った根多も「鹿鳴家」のまま普通にかけてます。褒められたものではありませんが、今更、名乗りを変えてデイケアの職員さんや施設利用者さんを無用に混乱させたくないので・・・。

って事で、実は結構いい加減な使い分けです。
良い生徒さんは真似しないよーに。

2.落語鑑賞覚書

落語鑑賞覚書

OSAKAにはええとこが、いっぱいあるんやで~、その1。繁昌亭。
記事では割と思わせぶりな書き方になっておりますが、実は毎年恒例の話だし、翌日から口頭では言いまくってるし、チラシにも載ってますしネタバレを。これから行こうと思ってる方は是非、読み飛ばして下さい(笑)

幽霊が私の前に立ってから言った台詞がすごかった。

幽霊「おい、××(僕の本名)、お前、××(ゆ乃月さんの本名)の友達で、落語やってるんやってなあ」

僕「(驚きと恥ずかしさで)!?・・・はい」

幽霊「その割に、笑い声が小さいんやないか?(会場どっ)」

僕「・・・すみません」

幽霊「これから蒟蒻を首筋につけるから全力で悲鳴を上げなっ。くらえ~!」

僕「(全力で)ぎゃ~~~~~~~!!!!!」

要は、幽霊の正体みたり林家染雀師匠(ゆ乃月さんの落語教室のお師匠さん)で、サプライズを設けてくださったというオチなのですが(とはいえ、チラシに内容が載ってますし、その後も会場を回りながら何箇所か同じような事になってました)。

それにしたってその時は分からなかったし、幽霊とは初対面ですし、あんなに戦慄するとは思わなかったね、うん。多分またリベンジに行きます(笑)

3.高座ログ

高座ログ

OSAKAにはええとこが、いっぱいあるんやで~、その2。伝楽亭。
初めての伝楽亭、すっかり愉しんでしまいました。記事にない話で、実際にマクラに使ったちょっとした小ネタを。伝楽亭の高座の上に額が飾ってありまして、そこには笑門来福(笑う門には福来たる)の文字が昔っぽく右から左に

福来門笑

と、書いてあります。
そこで、

僕「えー、わたくし、ここ(メクリ)と、ここ(額)に名前が書いておりますが」

一瞬、間をおいてから笑って頂きました。分かって頂いてよかったあ~。さ、これを読んだ伝楽亭のお客様は高座を見るたびに、僕の名前を思い出すズェ・・・またお誘いあるかもしれないズェ・・・(気の長い皮算用)

ちなみに、伝楽亭は「デンラクテイ」ではなく「デンガクテイ」と読みます。ここ、テストに出るよっ。

4.圓朝忌

圓朝忌

記事には書かなかった話を二つ。今回、一般のお客様にも膝の悪い方が増えてらっしゃったせいか、一般席には座布団が用意されるようになりました。これでだいぶ法事タイムが楽になりましたよ。もし、正座がつらくて行くのを避けていた方も是非、来年はお越しくださいませ。

と、住職の息子さんですかね、御坊さんに交じって小学生くらいの小僧さんが参加されておりました。勿論、法事タイムの時は真剣ですが、奉納落語では子供っぽくけらけらと笑ってて可愛かったなあ。

5.高座ログ

高座ログ

バイリンガルの会、ずいぶん昔の話に思えます。
その時の話ではないですが、先日、バンビ寄席の席亭をされてた鹿鳴家あいむさんが、今度、日本語の落語教室と掛け持ちをされるそうですよ。そちらでも楽しんで下さるといいなあ。もし、仔鹿寄席に出演いただいたら、恐らく初めての仔鹿・バンビ両方出演という快挙にっ!

貴方の好きな記事はありましたか?来月も宜しくお願い致します。