バーフバリ

新宿ピカデリーの絶叫上映に行ってきました。殆ど予備知識もなく、いきなり絶叫上映で話わかるのかなーという不安もあったのですが、全然楽しめました。寧ろ、これはみんなでワイワイ観る馬鹿映画だ。3時間という長尺なから、ほとんどダレる事なく楽しめました。

で、思ったのは特に、歌舞伎とか時代劇好きにはたまらないんじゃないかな。

・主人公が最強、女子にもモテモテ、8割流し目、いちいち決めポーズがある、いちいち台詞がカッコいい
・悪役が一目で悪役面、やる事なす事ぜんぶ悪い、悪に堕ちざるを得なかったと思わせるような悲しい過去が一切無い、でもどこか愛嬌がある
・敵味方問わず、ほとんどタ◯ムボカンシリーズのビックリドッキリメカレベルの馬鹿ガジェットの数々。

あー!面白かった!という印象以外、何一つ心に残さない(笑)カタルシスの固まりみたいな映画でした。