高座ログ

落語寺子屋発表会

なんだかんだで既にあちこちかけさせて頂いてる「熊の皮」でしたが、いちおう今回が公式の(笑)ネタ下ろしでした。

兎に角、落ち着いて丁寧にって事を繰り返し繰り返し心の中で唱えながらやった甲斐あり、会場全体が爆笑という程ではないですが、狙った通りの箇所で気持ちよく笑って頂けたのでほっとしました。

次のネタ、まだ仮ですが戌年にちなんで犬の噺にしようかと。11月4日開催です。何卒よろしくお願い申し上げます。

「そのほかの出演情報」更新

そのほかの出演情報

お盆に繁昌亭へ遊びに行く話がとんとんとん、と進み、なんと伝楽亭に出演のお誘いまで!

8/15(水)「ワシら伝楽亭好きやねんの会」は17時半開場、18時半開演です!私、この日が初めての伝楽亭なので大変に恐縮ですが、皆さまの熱い(暑い)伝楽亭愛を見届けます!

何卒よろしくお願い申し上げます〜。

2018年6月の振り返り

明日、寺子屋の発表会があります。なので結局、今月は6回高座でした。ひと月の高座数記録更新の代わりに寄席に行けてないから来月は心を入れ替えて・・来月も2回ある・・・。なので、1位~5位全て「高座ログ」で埋まると思ったら、こんな感じになりました。

1.クラス替え

クラス替え

全て「高座ログ」の野望を打ち砕いた (笑) のは、私のクラス替えの話題です。こんなのキャナリーの生徒さん以外にとって、ぶっちゃけどうでも良い話題だと思うのですけどね。それだけ読者層が偏っているって事かなあ。ちなみに明後日の日曜日は新クラスの稽古日(僕にとって)1回目です。ネタ下ろしの翌日に別の噺の初稽古。フフフ・・・(白目)

2.高座ログ

高座ログ

で、高座ログのトップもキャナリーでした。最近、稽古中のネタは言わないようにしてますが、ちょっと漏らしてますね。大ネタとか言っちゃってますが、その割には社会人落語で持ってる方が非常に多い定番の大ネタ(?)だと思います。どうなる事やら。

3.高座ログ

高座ログ

亀鶴さ~ん、厄年のうちに(秋冬くらいで)もう1回やりましょうよ~ ←ストップ!無責任発言!
どっかで書いた気もしますが、ここまでキャラが被っていない5人も珍しいです。
しかも同年代としての親しみもありますし、ほんと、こんなに伸び伸びやったの久しぶりかも。

4.高座ログ

高座ログ

多摩川デイケアに河童さん降臨!の巻でした。
比較的、利用者様、スタッフ様ともに女性が多かったのですが、全員の目がハートになっておりました。
心なしか、おばあちゃま方の表情も若返った感じ。
こういうの本当に女子だよなー。

5.高座ログ

高座ログ

つい最近のやつですね。
人生の大先輩に生意気ですが、柏さん最初に北本来られた頃に比べてはるかに上達されていらっしゃいました。僕も1つ1つの高座をもっと丁寧にやらなきゃ、と自戒。

貴方の好きな記事はありましたか?来月も宜しくお願い致します。

クラス替え

そう言えば書くのを忘れてましたが、今期で金原亭龍馬師匠クラスを卒業し、来期より桂文雀師匠のクラスになります。龍馬師匠からは「家見舞」を教わりました。龍馬師匠、クラスの皆様、短い間でしたが有難うございました。文雀師匠クラスの皆様、出戻り福来をいぢめないでね?(笑)

よく、同じキャナリー生徒さんから「師匠が頻繁に変わって大変だね」と、言われるのですが、同じ噺を違う師匠に教わるのなら兎も角、僕自身はそんなに気にならなくなりました。細かい作法に違いはあれど、「どうやったらお客様に対してこの噺の面白さを伝えられるか」大事な事はそんなに違いはないような気がします。僕は特に、それが下手で通ってるんですし、なんと言っても稽古時間の9割は自主練ですしね。それより移った先で他の生徒さんと仲良くやってけるか、の方が深刻。ま、その深刻さも仔鹿寄席のお陰でだいぶ薄れてますけどねー。出戻りですしおすし。

高座ログ

北本デイケアに出演させていただきました。
ここは通常、3人なのですが、今日は柏さんと2人きり。お互い少し長めの噺を、という事で私の方は発表会でやったばかりの「家見舞」。今回はノーカット版で25分くらいかけて演らせていただきました。ほどほどに笑いがあったのは嬉しかったですが、流石に足が痺れました…。この噺、数秒間台詞無しのパントマイム的なシーンがあって、やっててとても楽しいです。

これで今月は5席目。ラストは6/30の寺子屋発表会です。何卒よろしくお願い申し上げます。

かっぽれ

進んでないので歌詞は省略。

ここ数ヶ月、同じご指摘をいただいてる箇所がどうしても直せず、流石にちょっと泣きそうなくらい落ち込む。

でも、教わってる僕が先に諦めちゃ駄目だね。今、ダメダメなその箇所を、寧ろどの生徒さんよりもちゃんとした形になるぐらいの気持ちで粘り強く、丁寧に頑張ろう。

高座ログ

キャナリー発表会
於 お江戸両国亭

発表会では「家見舞」をさせていただきました。正直言うと、稽古してる間は全然手応えと言うか自信が持てず、まだ自分には早かったか、と後悔しながら上がったのですが、思った以上にちゃんとウケていただき一安心。やっぱこういう噺は、やってる本人が考える以上に、演者の未熟さを助ける力があるんだなぁ。

また、今回は多くのお客様にお越しいただいただけでなく、沢山の差し入れを頂きました。本当にありがとうございます!

次のネタも決めました。3年ぶりに、ちょっと大きなネタにチャレンジします。

高座ログ

足立区内の、とある支援団体からの依頼で落語をやってきました。

私の演目は「熊の皮」。開口一番だったせいか、マクラがとっ散らかり大反省。でも、本編はようやく無我夢中でなくなり、言い間違いに対して冷静に対処出来た。やれやれ。

笑って貰ったのは、とても有難かったのですが、仕事休んで落語やるのは思った以上に自分も周りも負担が大きい事を知る。なので、やっぱ平日に落語するのは定年後の楽しみにしよう。

バーフバリ

新宿ピカデリーの絶叫上映に行ってきました。殆ど予備知識もなく、いきなり絶叫上映で話わかるのかなーという不安もあったのですが、全然楽しめました。寧ろ、これはみんなでワイワイ観る馬鹿映画だ。3時間という長尺なから、ほとんどダレる事なく楽しめました。

で、思ったのは特に、歌舞伎とか時代劇好きにはたまらないんじゃないかな。

・主人公が最強、女子にもモテモテ、8割流し目、いちいち決めポーズがある、いちいち台詞がカッコいい
・悪役が一目で悪役面、やる事なす事ぜんぶ悪い、悪に堕ちざるを得なかったと思わせるような悲しい過去が一切無い、でもどこか愛嬌がある
・敵味方問わず、ほとんどタ◯ムボカンシリーズのビックリドッキリメカレベルの馬鹿ガジェットの数々。

あー!面白かった!という印象以外、何一つ心に残さない(笑)カタルシスの固まりみたいな映画でした。

高座ログ

多摩川デイケア

福姫 子ほめ
福来 熊の皮
小鉄 ちりとてちん
河童 孝行糖

福姫さん、グッと聞き取りやすい高座になったなあ。小鉄さんの仕草や皮肉屋のキャラも素敵だし、河童さんは、駄目元でお願いした甲斐あって、圧巻の高座でございました。

福来は「熊の皮」ほんとは30日の発表会がネタおろしなのですが(ネタ見せと言う意味で)、雰囲気から作り変えるために試行錯誤。もっと落ち着きたい。