2018年2月の振り返り

何となく春めいては来ましたね。
花粉症のせいか、少し時期遅れの風邪なのか、クシャミをする人もちらほら。
例え仕事に支障をきたしても、土日には体調を崩したくないナァと思いつつ今月の振り返りば。

1.「そのほかの出演情報」更新

2.「そのほかの出演情報」更新

出演情報は当ブログの人気コンテンツですが、次回以降はこの振り返りに入れるのはやめようかと思います。書きたい事は本編で書いておりますし、出演者変更や日程変更等々を含めた、要は業務連絡ですので。

と、そんな思えたのは、昔に比べてそこそこ出演させていただいているのか。以前は出演依頼をいただく度に地球の隅々まで宣伝したいくらいに舞い上がってた気がします。いや勿論、今も地球を半周するくらいには舞い上がりますが・・・。

3.狐・鉄砲・庄屋

どんなジャンルでも、その道の達人の動きは目を見張るものがありますね。
米七師匠のところでお会いした睦会会長こと菊廼家和樂さんは、東八拳の他にも、獅子舞など祭囃子に精通されているそうで、浅草芸能の世界もよ~くご存知です。もう少し、20年くらい前のもっと頭の反応速度もよければバンバン吸収する記憶力がある頃にお会いしていれば、と思うと悔やんでなりませんが、それでも色々と勉強させていただきたいと思います。

4.江戸前の男

寄席に行ってると、つくづく昔の事を学ぶのは難しいと感じます。まだ柳朝師匠は本が残っているから知る事が出来ますが、今と違ってブログやSNSの無い時代の芸人さんは、こういう本もなく、ましてや映像や音源もなく、例えば番組表の名前と、あとは古参の落語ファンの記憶くらいにしか残らない。
勿論、そういう風にあっさりとした潔さも魅力かもしれませんが・・・
やっぱり難しい。

5.ネタ選び

上記で馬鹿が偉そうにご高説ぶっておりますが、それでもアマチュアなんだから好きなもん、やりゃいいじゃねえか。これも正しいのです。どんな選び方も間違ってはいないです。
でも、持ったが病、好きな噺こそ、お客様にも魅力が伝わるようにしたいなぁ。
なんつって蹴っ飛ばされたばかりですけどね・・・
また、アプローチを変えてみます。過ちは繰り返さず、でも前進あるのみ。

貴方の好きな記事はありましたか?来月もふぁ、ふぁ、へーーーぶしっっ!宜しくお願い致します。