羊の木

出来たばかりのTOHOシネマズ上野に行って見たかったのと、シン・ゴジラで印象の強いあの女史が観たくて。

舞台はとある港町。そこでは、過疎対策の為、仮釈放中の6人の受刑者を受け入れる。ところが、その受刑者は全員が殺人犯で…と言うストーリー。

不思議な魅力のある映画です。映画を終わらせる為の悪役は一応は存在するけど、この映画の主題、と言うより魅力は善と悪、一般市民と受刑者で分けられるものでもない、人間だれしもが抱きがちな、それこそ羊のような弱さなんだと思う。でも、それが分かるのは終盤近くで、それまでは終始、不穏な空気でいっぱい(笑)何も事件は起こってないのにね。ただ、だからこそ観てるこちら側も、自身の弱さを突きつけられるのだろうな。

だから、劇中でクリーニング屋のお姉さんが言ってた「おかしいよね、あんたは良い事しかしてないのに、みんながあんたを怖がってる」って台詞がとても刺さりました。

勿論、件の女史も素敵でしたが、優香が凄い。あんなにエロエロで怪演してるのに、エンドロールに出るまで全く優香だと気づかなかった。