百円の恋

いやね、観よう観ようとは思ってはいたんですが、なーんか気持ちが落ち込みそうな予感がして避けてたんですよね。で、最近、同じ監督の別の映画「嘘八百」を観たら、まあ、この人ならそんなに暗くはならないかな、と思って。

公開当時、和製ミリオンダラーベイビーと呼ばれてたのは成る程確かに、舞台設定も雰囲気も共通点が多い。でも、ラストは個人的にはこっちの方が遥かに好きかな。にしても、安藤サクラさん、すげえな。役者ってのはそこまでするのか…かなわんなあ。