落語鑑賞覚書

笑福亭鶴光 一門会
於 横浜にぎわい座

茶光 色恋根問
里光 のめる
和光 ぜんざい公社
学光 西行鼓が滝

仲入り

和光・希光 昇進披露口上
希光 看板のピン
鶴光 名医藪井玄意

(敬称略)

見る側の初落語です。

「鶴光でおま」と言えばラジオファンには言わずと知れたオールナイトニッポンですが、残念ながら世代ではなく、かろうじてJCOMのテレビ番組で拝見するばかり。
それが何で一門会に行ってみようと思ったかと言うと、上方の寄席を体感してみたかったってのが大きいです。

で、結論から言うと、こと出囃子については一番、二番、仲入り、追い出しが江戸の型だったのでちと残念。ま、それは繁昌亭に行った時の楽しみにとっておこう。

落語そのものは勿論、面白かったなぁ。特に、去年、新真打になられた和光さんのぜんざい公社は、ほんと、お役所職員がやりがちな台詞や仕草がてんこ盛りで(書類の一つ一つに鉛筆でチェックを入れる過剰な仕草で吹き出してしまった)面白かったです。口上の、落語はしてないけど病的に目立ちたがる演歌歌手のような着物を着た羽光さんが酷くてよろしい(笑)

鶴光師匠はさすが、お客さんからの愛され方が尋常じゃないナァ。

で、今日は事情により梯子なので、終わってから新春どーでショーの打ち上げ?の様子をちょっとだけ薄目で眺めた後、河岸を変えて日暮里へ。


歌奴定例会
於 日暮里サニーホール

歌つを 子褒め
歌奴 五貫裁き

仲入り

歌奴 寝床

(敬称略)

サニーホールにお伺いするのは初めて。コンサートサロン、の名前の通り凄く聴き心地の良い会場でした。

歌つをさんは、歌奴師匠のお弟子さん。はきはきして明るくて、やっぱり歌奴師匠の口調をちゃんと受け継いでてホッコリしました。

五貫裁きは歌奴師匠の得意ネタですので何度か拝見したのですが、疲弊する徳力屋が完全に主導権を失う瞬間の、ホントに軽い調子で「ほら言った」が何度お聴きしても最高です。

寝床は、そういえば結構長い間、どなたのも聴いてなかったなあ。重蔵のある意味、自己犠牲を越えてむしろ英雄的(笑)なまでに昇華してしまった覚悟が堪らないです。

終わった後、打ち上げに混ぜていただきました。歌つをさんも同席したのですが、もーワチャワチャした気の遣い方が、前座さんっぽくて微笑ましいなぁ。