2017年12月の振り返り

さて、今日で仕事納め。大晦日まではもう少しありますが、バタバタしてブログを付けてる余裕がないかもしれませんので、ここで2017年最後の振り返りです。

1.クラス替え

この記事が1位の理由は、僕の注目度の高さというよりクラス替えそのものの注目度の高さですね。
まだキャナリーのホームページ上では公開になってませんので詳しい記述は避けますが、1月からの稽古は場所が変わり、時間帯が変わり、土曜日クラスについては一週前倒しと一気にリニューアル。
不安も期待もありますが、「人間到る処青山あり」の言葉の通り、人生楽しもうと思えばどこだって楽しめるもんです。
これからも宜しくお願い致します。

2.明後日の発表会

直前の告知でしたが、多くの人に読んでいただきました。
行きたかったけど間に合わなかった、なんて事が発生してしまうのは会にお誘いした私達にとっても悲しいので一助になっていただけたのなら嬉しいです。

3.出囃子について・蛇足の蛇足

これは本文でも書きましたが、あくまで中尾さんの文字通り血の滲む鍛錬があって出来る事ですので僕はそれに調子よく乗っかっているだけです、ほんと。
キャナリーはそれだけでも恵まれた環境なんですから、テンパって上がるのは勿体ないですぜ。

4.初日だからネ

5.かっぽれ二日目

当たり前といえば、当たり前の事ですが、寄席文字教室も幇間芸教室も本名で活動してます。
落語だけやってた時は(師匠も福来と呼んで下さる事もあり)気にならなかったのですが、事情を知らない本物の芸人さんおよび旦那衆の前で殊更に素人芸人ぶる輩(自分含めてね)の何と恥ずかしい事か!
社会人落語のノリは内輪だけに通じるものだと意識して、外ではいっそう大人しくするもんだナァと、しみじみ思った年の瀬でございます。

貴方の好きな記事はありましたか?来年も宜しくお願い致します。