かっぽれ二日目

(かっぽれ かっぽれ ヨーイトナ ヨイヨイ)
沖の暗いのに 白帆がぇ~あ~ェ見ゆる

踊りが進んだところを歌詞で表現していきます。文字にするとたった1センテンスですが、時間にして前回+10秒ってとこ。でも、全身汗だく。恐らくこれが通常ペース。おそロシア。

稽古二日目にして思うこと

・落語もそうですが、稽古場での稽古で上達するのはごく僅か。上達の大半は日々の自主練が支えている。

・歌詞は絶対覚えた方が良い。と、言うのが、割と多くの部分が歌詞に合わせた所作になってるので、暗唱できるくらい覚えてると反応が早くなるのでテンポが遅れない。

・あと、もう一つ歌詞を覚えた方が良い理由として、別の踊りでも同じ歌詞のところは同じ所作になる事が多い気がする。だんつく=親指を立てる、など。