歌舞伎観劇備忘

十二月大歌舞伎 第2部
於 歌舞伎座

らくだ
倭仮名在原系図 蘭平物狂

人生3度目の歌舞伎観劇でした。
1度目と2度目は、落語教室の先輩にエスコートしてもらったのですが、今回は一人で。慣れて来たらエスコート出来るようになれればいいなあ。

「らくだ」は落語でお馴染みの演目ですね。主演の紙屑屋久六は市川中車、ドラマや映画では香川照之さんです。実はこの二人が同一人物なのをつい先日まで知りませんでした…ってくらいの歌舞伎音痴なので、大目に見てね。初代 桂文枝の口述が元になってるだけあって、全編上方言葉でしたが、まあ、らくだという噺自体、もともとは上方落語なので違和感はなし。噺の筋はほぼ落語のまま(今回、音声ガイドしなかったのですが、さすがに内容は分かりました)ですが、やっぱり死体のかんかんのう踊りはビジュアル的にパンチある。らくだの死体は人形ではなく役者(片岡亀蔵)さんがされてるのですが、本当に死体に見え、そして死体として不自然でない範囲で踊らされ…最後に…ここは言えない(笑)とにかく、素晴らしかったです。

続いては蘭平物狂。元は在原系図という浄瑠璃の一部なのだそうですが、その辺りの下調べをしなかったので、前半はちょっと退屈でした。ただ、その分、後半、蘭平の怒涛の大立ち回りが凄い凄い凄い凄い…凄い!刀、棒は勿論、梯子を使うは屋根に登るは三次元に飛び交う剣戟。か、かっけぇ…!そのカタルシスたるや、僕はぶっちゃけ今回、「らくだ」目当てに来たのですが、普通の歌舞伎ファンは間違いなくこっちだな(笑)と思いました。