2017年11月の振り返り

早いもので明日から2017年最後の1ヶ月になりました。なんだかちょっとピリピリしている話題・ニュースが増えてる気がしますなあ。考えてみると去年の年末は「おでんツンツン!」とかが話題になって実に牧歌的だったなあ(笑)
何があろうと寄席だけはなくなってほしくないですね、なんて考えながら11月の振り返りをば。

1.【告知】第七回仔鹿寄席

イエーイっ!ぶっちぎりの1位です。みんな愛してるっ!
まさか3年目に突入するとは思ってもいなかったです。この経歴はデレキショに書けるよ!転職の予定はないけれども。
これも日頃から応援してくださるお客様や、奮闘して下さる出演者の方々の力、ポンコツ席亭に対する叱咤激励あっての事だと本当に思います。
来年2月3日、何卒宜しくお願い致します。

2.幇間芸教室

こちらも反響が大きかったですねえ。第2回目の稽古日は決まってはおりませんが・・・一日坊主にならないように頑張ります(笑)
たぶん、この道筋も僕の人生に活きる、そんな風に思ってます。

3.「そのほかの出演情報」更新

4.高座ログ

第3位、第4位とまとめて、千駄木寄席に初出演の巻!ですね。
狸賽、やっぱ難しいわ。でもこういう噺をリラックスして演れる社会人落語家になりたいだわさ。
未熟者ではございますが、また機会がございましたら、何卒宜しくお願い致します。

5.落語鑑賞覚書

新宿末廣亭は昔の寄席の雰囲気があって良いですね。
勿論、今回ではないですが、寄席文字を習い始めたころに、末廣亭の内側の壁に飾ってある額の写真が欲しくて
堂々とスマホを構えた途端にスタッフの方に怒られたのは良い思い出です・・・って馬鹿だ俺。
普段は落語聴く時にスマホの電源を切らないやつは許せないと言ってると思えない間抜けぶりですなあ。

貴方の好きな記事はありましたか?12月もよろしくお願い申し上げます。

落語鑑賞覚書

第二回 東京デブサミット

池袋演芸場 夜席

駒六 無精床
一琴 初天神
歌武蔵 犬の目
米平 胴斬り

仲入り

志ん陽 猫と金魚
一蔵 紙入れ
きく麿 お餅
デブ大喜利

(敬称略)

行ってまいりました!
第一回は終わってから知ると言う哀しい展開でしたが、リベンジを果たしましたよ!

まず、この笑える看板!これを見るだけでも来た甲斐がありましたよ〜!

体重60kgと自己申告した駒六さんの開口一番は無精床。面白い!けど…申し訳ないが今日の寄席ではアウェー気味(笑)

一琴師匠は初天神。めちゃめちゃ早口の子供がかわいい。飴をねだる時に、声はおとっつぁんに向けつつ、視線は飴屋さんから一切離さない子供に、「こっち向いて喋れよ!」というツッコミが最高です。

歌武蔵師匠はクリクリポコンこと犬の目。マクラはやっぱり日馬富士関連の騒動についてたっぷりと。ほんとこの人、毒舌キャラだ(笑)

ゲスト、上方からいらした米平師匠は胴斬り。こちらでは?首提灯のマクラで定番の小噺扱いですが、上方ではちゃんと一席になるのですね。長くやってる分、あたま山と同じビジュアル的に気になり過ぎるシュールさ。なのにさらっと、すげぇ。

志ん陽師匠は猫と金魚。こちらはつい最近もお聞きしましたが、2度目にして、成る程、原作のチグハグさも活かしつつ、さらに、お客様にとって会話が不自然になり過ぎないこの展開は凄い事にようやく気付きました。

一蔵さんは紙入れ。最若手なせいかやたらと気合いが入っており、この会の為に3kg増やしたそう。それは気合いの入れ方として違うんじゃないかと言う人がいたら、私が正面から受けて立つ。

きく麿師匠、お餅、と言う新作。二人のおばあちゃんと、殆ど同じテンションの会話の繰り返しなのに、聴いてるお客様がどんどん盛り上がっていく、不思議な噺でした。おばあちゃんにありがちなモニョモニョした口の動かし方も、よく観察してらっしゃるなあ(笑)

大喜利の前にパシャリと集合写真。僕のスマホは電源オンにしてから写真を撮るのに時間かかるので、キメの時には間に合いませんでした…。たはー。大喜利は米平師匠ときく麿師匠の一騎打ち。拍手の量で米平師匠でした。

また行きたいなあ。てか、仲間集めてアマチュアでもデブサミットやりたいなあ…でも言わせてくれ、若手の社会人落語家で明らかにデブってそんなにいない気がします…むしろ重鎮が(危機管理委員会による検閲)

裏サイト

エロスを想像した人、残念でした(笑)

たまたま面白いサイトを見つけたので転載します。といっても、ドメインを見ると何てことはない鈴本演芸場HPなのですが、このページには現在はどこからも入れないようです。

恐らく先代か先々代の鈴本席亭が書いた覚書(の転記)で私もまだ全部は読んでないですが、けっこう込み入った事まで書いてあります。だからオープンにするには差しさわりがあったのかな・・・

ここから直接リンクはさすがに問題がありそうなのでタイトルとコピペ用のURLを列記しておきます。
ちなみに、記述にウソがあってもアタシャ知らんよ(笑)一人でこっそり愉しんで下さいな。

火消しが木戸御免で因縁を
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki1.html

隣の畳屋とケンカし移転
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki2.html

大入りになると休んだ圓朝
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki3.html

落語界中興の祖、すててこの圓遊
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki4.html

落語演芸会社七年間で解散
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki5.html

柳橋を会長に芸術協会誕生
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki6.html

非常に気前がよかった伯山
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki7.html

講釈師見て来たようなウソ
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki8.html

高座を抜いてバクチに熱中
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki9.html

ビラに文句つけた高峰筑風
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki10.html

高座の布団に徳利を置いて
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki11.html

芸も人も立派三代目小さん
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki12.html

紙くず屋から五十銭の祝儀
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki13.html

高座数と木戸銭の今むかし
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki14.html

芸はうまいが客が呼べない
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki15.html

書生に大人気、娘義太夫綾之助
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki16.html

風変りなノセモノいろいろ
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki17.html

はっとせ踊り上京の舞台裏
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki18.html

ビヤホールに転業も考える
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki19.html

大道芸人上がりの江戸家猫八
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki20.html

客席で光らすダイヤの指輪
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki21.html

お稲荷さんをマネジャーに
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki22.html

芸人とお客が昔はなごやか
http://www.rakugo.or.jp/oboegaki23.html

高座ログ

今年の正月に決まった南柏デイケアでの落語会も4回目。お客様も施設職員の方もずいぶんと馴染んで下さいまして、有難い限り。私は開口一番、酉の市のマクラから「ざるや」を演らせていただきました。

ダブルヘッダーで千駄木寄席に。初めての出演でしたが、アットホームで素敵な雰囲気の会ですね。お客様の中につい2日前に顔合わせしたばかりの小柊さんを見かけて嬉しくもビックリ。世間は狭い。こちらではヒザで、家電量販店のマクラから「狸賽」をやらせていただきました。

幇間芸教室

桜川米七師匠の幇間芸教室へ、見学に伺って参りました。米七師匠は、落語ではお馴染みながら現在は絶滅危惧職であります本物の幇間、太鼓持ちさんをされております。

さて、幇間芸教室と書きましたが、皆さまはどんな事を想像しますでしょうか。お座敷遊びのやり方?いえいえ、ヨイショの極意?いえいえ、実は、踊りの稽古なのです。ババーン!

いや、ババーン!って書いた本人も、今日伺うまでは全く知りませんでした…そういう下調べなく飛び込む馬鹿野郎なのです…。とは言え「ここは何を教えてくださるところなんですか?」とは流石の馬鹿野郎でも聞きませんでしたが。

で、どんな踊りかと言いますと、「かっぽれ」「奴さん」「深川」「茄子とかぼちゃ」等々、寄席、特に浅草演芸ホールで毎夏開催される住吉踊りでお馴染みのもの。ただ、師匠曰く、住吉踊りは集団で踊るのが前提なのに対し、幇間さんの踊りは一人で踊るのに特化されてるそう。ですので、基本、稽古もマンツーマンなのです。豪華!

でまあ、すんなり入会したかと言いますと、基本は毎週火曜日の昼なのです…。サラリーマンには無理ぽ(´・ω・`)じゃあ諦めたかと言うと、今後、生徒の希望があれば夜か土日にも開くかも知れない、と仰ってましたので、それまでは月に1回くらいのペースで通わせていただきながら検討させていただく事になりました。

芸人さんの世界がまた一つ。今は、手が伸ばせるうちに届くところまで伸ばしてみたいと思います。

高座ログ

かえで 無精床
福来 からぬけ
たらこ 長短

僕と入れ違いに落語寺子屋を卒業された、かえでさんの紹介で出演させていただきました。

場所は天下の遊び場、吉原のど真ん中にある女性が自立支援する為の施設で、外観からして建物が非常に古く時代がついており、施設内に入ってから明烏の若旦那よろしく、まさかここは、まさかここは…とモヤモヤしながら職員の方にお聞きすると、やっぱり昔、連れ込み宿(上方だと盆屋、今で言うラブホテル)として使われてた建物をほぼそのまま再利用されてるそうです。文化遺産!

なので、会の後にあちこち見学させてもらったのですが、

竹で出来た飾り窓とか
お客さん同士が鉢合わせないよう工夫された二つの階段とか
個室の絶妙な広さとか

そこで行われたであろう男女のアレコレを容易く想像させる程に非常に生々しく、実に艶っぽい結構な会場でございました。

共演者の方々は勿論、私もお客さんにも笑っていただき一安心。自分で言うのも何ですが、からぬけには何度も助けられるナァ。

落語鑑賞覚書

一之輔たっぷり
鈴本演芸場

きいち 熊の皮
一刀 庭蟹
一之輔 にらみ返し
小満ん あちたりこちたり

仲入り

一之輔 柳田格之進

(敬称略)

プロアマ問わず色んな落語会で(聞き手として)縦横無尽に活躍されております某Fさんからお誘いいただきまして、後援会主催の一之輔独演会に行って参りました。心から感謝の気持ちと北海道物産展で買った海産物を持って開演時間ギリギリに会場イン。

すげえ面白かったんですが、まあまあ、真っ当な感想はツイッターでも読んでください。僕が言いたいのはですよ、

ドンドンパフパフ〜!第一回「番頭さんとおきぬちゃんは結婚しちゃっていいの?ダメなの?大討論〜」
万屋の主人を思って、あらぬ方向に突っ走り、格之進の娘おきぬちゃんをウッカリ吉原に沈めちゃったドジっ子忠臣☆番頭さん、最後には格之進に許して貰ってそれは美談だけど、疑いが晴れた時には既に結構な時間が経っちゃって、もしかして吉原で大変な事になってない?おきぬちゃん問題の解決策として、今迄聞いた中で二つのパターンがありました。

1.実は格之進、失踪からすぐ出世して、おきぬちゃんは吉原で酷い目に合う前に身請けしており、別の人と結婚する

2.許してもらった後に身請けして、ショックでふさぎ込んだおきぬちゃんを番頭が必死に看病して、なんだかんだで結婚する

これ、難しい選択だよな。まあ、普通の価値観なら自分をそんな酷い目に合わせた相手と結婚するとかあり得ないので1.なんだろう。その方が番頭さんが悪党として振り切れるし、僕もその方がスッキリすると思ってた。でも、結局、おきぬちゃんは酷い目にあってませんでした展開だと、肝心の格之進の堪忍が鈍る気がする。いや、実害がなかったなら後は面子の問題じゃね?(勿論、武士にとって面子は生死に関わるので、軽い問題ではない、とは言え、たぶん、この噺って「さすが武士!俺たち町人が我慢できないこんな理不尽な事をぐっと耐えてのける、そこに痺れる!憧れるゥ!」がテーマなので、耐えられそうな実害だと弱いのだ)とか、おきぬちゃん無事なの先に教えない格之進って意地悪くね?とか、番頭さんがそんなに悪党ならとっくに降格あるいはクビじゃね?とか、それはそれでノイズが入るのです。だからどっちが良いという問題ではなく、きっと演者や聞き手の価値観だったり、その時代の価値観だったりで印象が変わっていくのだろうなあ、と思いました。

まあ、どっちにしたっておきぬちゃんにとっちゃ迷惑な噺だとは思うんだけどさ。

勿論、一之輔師匠の格之進は、どっちを選んだかは言いませんが、そんなイデオロギーとは関係なく、それはもう素晴らしかったと書いて締めます。

落語鑑賞覚書

新宿末廣亭 昼席

市坊 垂乳根
扇 歯ンデレラ
丸山おさむ 声帯模写
やまと 狸札
玉の輔 紙入れ
ダーク広和 奇術
志ん陽 猫と金魚
正雀 松山鏡
ホームラン 漫才
歌武蔵 支度部屋外伝
志ん橋 出来心
楽一 紙切り
馬風 漫談

仲入り

襲名披露口上
吉窓、馬風、橘之助、歌司、金馬

吉窓 山号寺号
歌司 漫談
金馬 四人癖
橘之助 浮世節

(敬称略)

今日は色んなところで落語会があったのですが、やっぱり、ね。色物さんがトリの寄席なんて、今後、自分の生涯でそう何度も見れないと思い新宿末廣亭へ。最初は一階に8割くらいの入りでしたが、最終的には二階までぎっしりでした。

扇さんの「歯ンデレラ」は、タイトルは頻繁に目にしてましたが、ちゃんと聴くのは初めて。丸山おさむさん、結構、風刺全開で如何にも寄席芸人って感じで素敵。志ん陽師匠の「猫と金魚」は甚五楼師匠のに近い形だったなあ。歌武蔵師匠、実は生で高座を見るのは初めて。結構、乱暴な物言いが角界の雰囲気。志ん橋師匠大好きです。楽一さん、随分落ち着いたなあ。金馬師匠の「四人癖」、自分が覚えるときにお手本にさせていただいたので何度も動画は拝見したのですが、もしかして生は初かも?

二代 立花家橘之助師匠、初代が亡くなって80年以上経ち、協会の中にも直接会った人は一人もいない状況での襲名だそうです。「浮世節」は、当時の俗曲、端唄小唄新内浄瑠璃等々の良いとこ取りした音曲で、初代橘之助師匠が発案者であり家元なのです。その中から、舞台にもなった代表曲「たぬき」を披露してくださったのですが、むむう、確かに派手だし、初代の三味線技術の天才ぶりが伺えるのですが、流石にお客さんも初めての「浮世節」に、どう乗っていいか戸惑っている様子でした。初代の継承者としての路線でお客さんに浸透させるのか、これまでの小円歌師匠路線も取り入れるのか、現代の要素を取り込んだ新しい「二代流浮世節」を作り出すのか、今後の展開がとても興味深いと思います。なんて偉そうな俺。昨日今日寄席に通い出した癖しやがって何をぬかしてやがる蹴っ飛ばすぞキャイン。

もちろん、御祝儀代わりに扇子と手ぬぐいを購入。だいぶ増えて来たなあ…。