ローグワン

そろそろエピソード8が公開されるにあたってブルーレイ借りてしまいました。まあ、台風で引きこもるには、ちょうどいい感じのテンションの映画でしたよん。

初代、エピソード4がかの黒澤明監督「隠し砦の三悪人」をモチーフにしたってのは有名なエピソードですが、こちらは、強いて言えば「七人の侍」と言ったら褒めすぎですかね。でも、名もなき独立愚連隊が圧倒的に不利な戦いに身を投じ、一人、また一人と倒れながら目的を果たすってのはやっぱり共通のカタルシスを感じてしまうのですよ!

にしても、最後のダースベイダーのチート感、敵にした時の絶望感ったらねぇな。