落語鑑賞覚書

浅草演芸ホール
夜席

(途中入場)

天どん 子どもの作文
藤兵衛 時そば
ホームラン 漫才
龍玉 たらちね
圓丈 金さん銀さん
アサダ二世 奇術
馬石 笠碁

(敬称略)

久しぶりの寄席。
秋らしい時雨のせいか、お客さんは普段より少なめ。

幾人か感想をばー。

藤兵衛師匠は「時そば」。寄席でこの噺を聴くと、もう今年も終わりが見えて来た感じ。凄くベーシックな型をきっちりされていると、つい見惚れますね。そろそろ僕もさらっておこう。

圓丈師匠は「金さん銀さん」。銀さんが亡くなったのが2001年ですから、もう16年か…。でも、直ぐにお二人の口調を思い出しました。圓丈師匠がかけている間は、きっと誰しもの中に生きているのでしょう。いいなあ。

アサダ二世。今日は押してるのに雑談ばかりしてるので、とうとうやらない日に立ち会うのか!?と、思ったけど、マジックされました。ちぇ…ってのも可笑しいね。

馬石師匠は、今日の天気にぴったりな「笠碁」。待ったを入れたいけど言えない旦那が、無言で目で訴えかけるのが堪らなく面白かったです。そういや、授乳してるお嫁さんに「おっぱいが大きいからって威張ってるんだ」と、いびるような拗ねるような発言、偶に聴くけどオリジナルは何方なのかなあ。

寄席を出たら雨が止んでた。もう秋も半ばですね。