セーネンガッピッ!

昔の噺家さんについて調べるとき、誰と誰が同年代で、誰が誰より年下で、なんて事がさっぱり分からなくなって混乱する事があるので、何となく興味の範囲で、生年月日順に並べてみました。

ホントは、入門順とか考えると単純に芸歴=年齢順ではないんでしょうけど、そこまで拘りだすと僕の少ない脳細胞が死ぬので、だいたいの感じで・・・参考までに、教科書的なものを混ぜてみましたが、これも実際は、生年月日と照らし合わせても、当人は生まれたてなのであまり関係ないのですが・・・
時代の雰囲気!フ・ン・イ・キ!

すべて敬称略です。

1887年4月24日 柳好(3代目・野ざらし)
1890年6月5日 志ん生(5代目)
1890年12月12日 銀太郎(新宿末廣亭席亭)
1892年9月7日 文治(9代目・留さん)
1892年11月3日 文楽(8代目)

—日清戦争 開戦—

1894年10月25日 金馬(3代目・居酒屋)

—日清戦争 終戦—

1895年5月16日 彦六
1898年6月12日 今輔(5代目・お婆さん)

—三遊亭圓朝 死去—

1900年9月3日 圓生(6代目)
1902年3月28日 三木助(3代目・芝浜)

—日露戦争 開戦—
—日露戦争 終戦—
—これより大正—

1915年1月2日 小さん(5代目・人間国宝)

—いまから100年前—

1920年10月18日 柳昇(5代目・我が国では・・・)

—関東大震災—

1924年1月14日 文治(10代目)

—日本初のラジオ放送—

1925年4月6日 米丸(4代目・最年長)
1925年11月6日 米朝(3代目・人間国宝)

—これより昭和—

1928年4月29日 圓菊(2代目)
1929年1月10日 圓歌(3代目)
1929年3月19日 金馬(4代目)
1931年3月23日 川柳

—満州事変—

1932年12月29日 圓楽(5代目・笑点司会)
1934年4月3日 圓蔵(8代目・ヨイショ)
1936年1月2日 談志(5代目)

—二・二六事件—

1936年8月14日 歌丸
1938年3月10日 志ん朝(3代目)
1939年12月17日 小三治(10代目・人間国宝)

—太平洋戦争 開戦—

1944年12月10日 圓丈

—太平洋戦争 終戦—

1977年9月27日 福来

混ぜるな混ぜるな(笑)
あ、もうすぐ誕生日です。40です。進捗は芳しくなく、まだ予定は空いております・・・。やだな、とはいえ、最早こっちから誘いづらいんだよな、重くて。ま、この40年の無為に過ごした無様な成果よ。

仮に今週来週で死んだら、いちおう三十代だから「夭折」とか言われるのかな、言われてみたいねえ。
でもなー、それは「天才」が死ぬから「夭折」なんだよな。凡人以下の僕なら単なる「早死に」、下手したら「無駄死に」「犬死に」「憤死」「悶死」「ひでぶあべ死」くらいのもんよ。
せめて社会人落語家として一回くらい「化け」てから、死んで幽霊になって「化け」ないと江戸っ子が立たねえんだよネ。

ッてことは俺ァ長生きか?アカデミック風な出だしにしては締まらねえ結論だ。ヤダネェ…。