パルプ・フィクション

最近は全然映画観てないぞ!って事で、久しぶりにツタヤで借りたのはクエンティン・タランティーノの名作、パルプ・フィクション。

物凄いファンが多いのが分かる。変則的な時系列、本編と関係ないマニアックな無駄話、キビキビしたガンファイト…今も沢山の作品に影響を与え続けてる。黒髪おかっぱユマ・サーマンも凶悪的にかわいいし、ジョン・トラボルタのダンスもイカしてる。

あと、あんなに楽しい拷問シーンは他にはないね。覆面男、あいつ何しに出てきたんだ!?(笑)

終始ニヤニヤしてました。