なんか妖怪?

ここ数年、自分の中で妖怪ブームが続いており、今日は大田美術館で開催されている「月岡芳年 妖怪百物語」展に行ってまいりました。月岡芳年は、江戸末期から明治にかけて活躍した浮世絵師。武者絵、無惨絵が特に有名なのですが、同時にたくさんの幽霊・妖怪絵を残されており、それが一堂に会すっていうんだから、こりゃ行かねばなるまいて。

妖怪と落語は相性が良いらしく、直接的なものとしては「牡丹灯籠」「応挙の幽霊」「化け物使い」「ろくろっ首」「お菊の皿」「のっぺらぼう」などがありますが、例えば「狸鯉」「狸札」「狸賽」に出てくる、人語を理解し、姿を変えられる狸だって、当然あれは現実の狸ではなく、「狸の妖怪」の伝承がモチーフ。「初音の鼓」は、所謂「狐憑き」のパロディ。「安兵衛狐」は異種婚姻譚ともとれます。しかも幽霊との結婚も描いてますから、いかに妖怪が日常に溶け込んでいるか分かりますね。

閑話休題。で、月岡芳年展ですが、よかった〜。特に最盛期から晩年にかけての、絵の緻密さ構成力デッサン力、色遣いから紙にまで拘った印刷技術、とても素晴らしかったです。特に立体感がやばい。闇の中の鬼、水底の蛇など、何か一枚通した向こう側を描くことで絵の世界を広げているのだろうと思いました。

落語鑑賞覚書

黒門亭 土曜一部

ぐんま グレコ奮闘記
美るく 金魚の芸者
志ん橋 天災
文雀 虎の子
三朝 船徳

(敬称略)

開口一番のぐんまさん、前座さんにしては珍しく新作落語でした。クライマックスの、師匠譲りの座布団芸は圧巻。前座さんですので狙って見るのは難しいかもしれませんが、落語とプロレスを愛する人には一見の価値ありです。

美るくさんは「あの(座布団芸)の後、何をやれば良いのやら」と苦笑しながら、夏らしく涼しげで色っぽい噺を。女性がされてるからか、芸者になった金魚の仕草や言葉遣いの魅力が凄く伝わりました。

志ん橋師匠は、何故かわたしは寄席より圧倒的に黒門亭で見る機会が多いです。むしろ志ん橋師匠出るから黒門亭に行こう!って思うくらいに好き。凄く渋い方ですが、べらぼうにキュートなんですよね。ワイワイ沸かせてました。

文雀師匠は、ずいぶん暫く正面から高座を拝見してなかったので(キャナリーの発表会だと、だいたい最後の幕係なので袖で見てました)、なんとなく感動。今回もちょっと珍しい噺をさらりと演られてました。

三朝師匠の船徳は、船宿の女将さんが妙に色っぽかったのが印象的。なんとなく廓の女将さん的な色気でしたが、船宿の二階は昔は休憩所だったそうだから、非公式にそういう事もあったのかなあ、と思ったり。勿論、本編もきっちりと笑わせていただきました。