落語鑑賞覚書

鈴本演芸場
夜席

あお馬 道灌
志ん松 元犬
翁家社中 太神楽
菊志ん 素人鰻
一朝 牛褒め
小菊 粋曲
藤兵衛 しわい屋
歌奴 匙加減

仲入り

夢葉 奇術
燕路 やかんなめ
ペペ桜井 ギター漫談
菊太楼 井戸の茶碗

(敬称略)

よく「片棒」とか「味噌蔵」とかのマクラとして使われる吝嗇の小噺、フルバージョンだと「しわい屋」というそう。藤兵衛師匠の高座で初めて知りました。そういや、以前、木久扇師匠だったか小朝師匠だったか、親指と人差し指で円を作って彦六師匠の口真似で「おまいさん、これ(お金)だけは離しちゃアいけないよ」ってされてたのを見ましたが元ネタはここから来てるのか~。

歌奴師匠の「匙加減」は鉄板だなあ。笑いも多く完全懲悪で痛快。大岡越前が予算の関係で~ってところが何度観ても笑ってしまう。

菊太楼師匠は「井戸の茶碗」。最初はただ、身分の差に振り回される屑屋の清兵衛さんが、親しくなった事もありだんだん砕けた口調になるのがおかしい。正直者=善人というだけでなく、正直さ故に余計な一言を言ってしまうんだろうなあ(笑)刀→吹き矢→くさり鎌の三連コンボも好き。

あと3日ですので、もう一日くらいはお伺いしようかと。