高座ログ

大変楽しくやらせていただきました。

とりあえず、発表会の課題であったマクラの熱を本編に繋げる、ってところは少し解消できたと思います。本編は…実は、発表会を終わったのであちこち変えて挑んでみたのですが、変えたところが、だだスベりし、急遽、軌道修正して発表会版に切り替えて事なきを得ました。でも、やってる最中に頭の中で噺を組み立て直すのは、刺激的で楽しかったです。とはいえ、変更版は別の機会にまた挑みたい。

終わったら活ハウスにて打ち上げ。そこで活ハウス打ち上げ恒例の余芸大会に。これが皆様、やっぱり色々ネタを仕込んでまして、非常に大盛り上がりしたところ、で、家主の活砲偽さんと、なんと久々に風林火山さんが登場。最近、特に超多忙な風林火山パイセンの久しぶりの創作小噺に、笑って、ちょっと涙ぐんで。

新しい出会いもありました。吾妻亭バカボンさん、頭下位亭虎奴さん、吾妻亭たこ松さん。

バカボンさん、実は中身はキャナリー英語落語教室の鹿鳴家なっつさん…なので、正確にはお久しぶりです!でした(笑)まだ人前で2回目とは思えないくらい、華やかな南京玉すだれでしたよ。いいなあ、こんど仔鹿寄席にも出ていただきたいなあ。虎奴さんは、お名前は方々で伺っていたのですが、時事を絡めた毒っ気たっぷりのマクラも含め、実に丁寧な落語でお客さんを常に惹きつけておられました。普段はシャイで気の良い兄さん。何と無く似たような空気をお互いに感じてました(笑)たこ松さんは応援にいらしてくださいましたが、打ち上げで学生時代に、いろんな大事な物事を一切放棄して落語に没入する、まるで失”落”園のような物語が見事でした。今度は高座を拝見したいです。

最後に、李桜さん含め「縁の会」の皆様や職員の皆様、そして、札止めにしていただきました大勢のお客様に厚く御礼を申し上げて、今日の高座ログを締めたいと思います。ありがとうございした!

写真は李桜さんが沢山送ってくださいました。何から何までありがとうございました。