高座ログ

6/17 落語寺子屋発表会

於 谷中区民館

寺子屋福来「しの字嫌い」

6/18 キャナリー落語発表会

於 お江戸両国亭

鹿鳴家福来「猫と金魚」

二日間連続根多下ろしでした。どちらも導入部で空気がリセットされたのが一番の課題。マクラで温めた熱を、どうやって冷まさずに本編に繋げるかの大切さを知る。マクラはマクラ、本編は本編で一生懸命考えていたつもりでしたが、そこには全く着目してなかったから、目から鱗でした。まてよ?よく言えば「空気がリセットされた」事に気づくくらいには、日頃から空気が読めない僕も、周りが見えるようになったのか。

逆に一番の収穫は、二つの根多を並行して稽古する事が(出来はともあれ)自分に可能だったと言う事。稽古が倍でも、さほど、他の趣味や生活や仕事の時間を侵食された気にはならなかった(ここが大事!)のにびっくり。

最後に、どちらの会も沢山のお客様にお越し頂きました。中には、両日いらした方もおられまして、とても愉しい二日間を過ごさせて頂きました。この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。