談志楽屋噺

50歳になった談志師匠が、これまでに出会った寄席芸人さん達を纏めた、交友録、のような、武勇伝、のような。ひっでー話が満載で楽しかったです。

著者(談志師匠)自身が認めているように、頭の中に思い浮かんだ出来事をそのまま文章に書き写したような、まさに「全編が余談」で出来たような変わった読み物なんですが、その割に抵抗がないと思ったら、ブログの文体に非常に近いんですよね。

それにしても、昔の芸人さんは、少しのキッカケであっさり身をもち崩すし、大体はもち崩したらあっさり死ぬ。それは馬鹿だとも取れるが、だからこそか、本当に儚い。