落語鑑賞覚書

ザ・菊之丞
於 ムーブ町屋ホール

はまぐり 豆屋
菊之丞 素人鰻

仲入り

兼好 湯屋番
菊之丞 花見の仇討

(敬称略)

キャナリーの稽古のあと、の打ち上げのあと、ほろ酔い状態で群馬さんのされてる菊之丞師匠の独演会に遊びに行ってきました。夜はあいにくの雨だったのですが、お客様も沢山入ってましたねー。

ゲストは最近、とても気になる兼好師匠。生で拝見するのは初めてなのですが、兼好師匠の描く登場人物は、とても明るく楽観的、ともすればそれが行き過ぎて、自分の都合の良い感じにどんどん妄想が暴走するので、見てて心地よいです。

トリは菊之丞師匠の「花見の仇討ち」。花見の噺はいくつかありますが、今年はこの噺に縁があるようです。浪人と巡礼兄弟の斬り合いながらの相談がバカバカしくて本当に楽しい。

写真は、会場でもらった菊之丞師匠の浅草演芸ホール主任のご案内。たぶん寄席文字の紅樂師匠のお仕事だなあ。すごく可愛らしくて素敵だと感じつつ、「一朝」の字の配置のバランスにむむむ、勉強になるなあと思ったり。